RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fabolous「Loso's Way」
fabolous-losos-way-cover.jpg

スマートで鼻にかかった甘いラップがカッコイイN.Y.を背負う若き二枚目MC、Fabolousの通算五作目となる『Loso's Way』を御紹介。N.Y.出身のMCが基本的に好きな僕はFabolousもお気に入りのMCの一人、特にFabolousはR&B寄りのMCなので好きなんです(好物)。そんなFabolousが順調にリリースを重ねているのが嬉しい、Def Jamに加入してからも好調ですし、本作も期待していました。
それでは内容を御紹介致しますと……まずはStreetrunner製作の「The Way(Intro)」で厳かに幕開け、Fabolousにも貫禄が出てきましたよねぇ。The Runners製作の「My Time」からして話題の新進気鋭シンガーJeremihを起用、Jeremihのクリスタルな歌声が凛と響くシンセ軸の曲で、Fabolousの踏み鳴らす様なフロウが力強い、意外と荒く突っ込むパワフルな一曲。DJ Khalil製作でKobe客演の「Imma Do It」は、甲高くキリキリと鳴る電子音が耳につくし、Kobeなる男性シンガーのちょっぴりRaggae寄りの歌唱法フックもなかなか味わいのある一曲。「Feel Like I'm Back」はJ.U.S.T.I.C.E. League製作、J.U.S.T.I.C.E. Leagueにしてはソウル趣味を抜いた案外普通な電子曲でちょっと物足らないかなぁ(辛口)。Ryan Leslieが製作したドカドカビートが電子鍵盤音(とゲーム効果音っぽい電子音)に絡みつくヒンヤリとクールポップな「Everything, Everyday, Everywhere」は才女Keri Hilsonが参加、ちょっと上ずった高音メロディのフロウをかますFabolousに、Keri Hilsonの相変わらずな美人声がクールに艶やかに絡むR&B寄りのシンセ鋭い一曲。C. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nash製作でThe-Dreamが客演した「Throw It In The Bag」、空間感じる電子ピアノ音にトタンを叩いた様な脆いビート、The-Dreamのドリーミーな歌声が絡んだ完全The-Dream仕様の一曲。しっかしThe-DreamとFabolousの相性は抜群で、ちょっぴり隙間のある電子曲は、程よく甘くて可愛いクッキーみたいなトラックで、そこに絡む力の抜けた(リラックスした)FabolousとヘナヘナヴォイスのThe-Dreamが心地良く響きます。Jermaine DupriとSami Wilfが共同制作の「Money Goes, Money Stay(When The Money Goes Remix)」ではHip Hop界の大統領Jay-Zが参加、煌びやかで流れる様に疾走するメロディアスなトラックに、Jay-Zのフックが絶妙に効いた(Jay-Zのこのフックが、最近ではない一昔前のフロウスタイルな気がして、そこが逆に懐かしく新鮮でした)夜会系の一曲。Rico Law製作の派手なマーチングバンド曲「Salute」ではLil Wayneが参加、ホーン鳴り響くどっしりなトラックがまずなかなかの威力で面白いし、Lil Wayneのチロチロ舌出す爬虫類ラップがやはり色濃く中毒起こすナイス客演ぶり(圧巻)。リロリロリロと電子音が浸食しながら広がるデジタル曲「There He Go」は、The Blackout Movement製作でPaul CainとRed Cafe、Freck Billonaireがマイクを回す硬派な一曲。再びRyan Leslieが製作した「The Fabolous Life」ではRan Leslie自身が客演で参加、ピアノ旋律に徐々にブイブイ鳴るシンセ音が絡むちょっぴりシリアスな一曲で、Ryan Leslieの優しく繊細な歌声がオシャレな一曲。Jermaine DupriとNo I.D.が共同制作した「Makin Love」ではBrandy「Brokenhearted」をサンプリング、客演にNe-Yoが甘酸っぱい歌声を披露。ここではNe-Yoの多重録音でのエコーがかった歌声に加え、低く構えて唸る“おおーおおー♪”も飛び出したりと少し歌唱法がいつもと違う気も。それに反してFabolousが従来通りの甘く囁くような鼻声ラップを奏でていて、これが最近は聴いていないスタイルだったから凄く嬉しい、このスタイルが僕は好き。Jermaine DupriとLRocが共同製作の「Last Time」はTrey Songzが客演参加、ポワンとほんのり夢見心地な煌めきスローにFabolousの鼻にかかったスウィーティーキラーなラップと、Trey Songzの柔らかくセクシーな歌声が鼓膜を撫でる、これまたファッショナブルで美しいオシャレ曲で素敵(惚)。Sid Vが製作したHarold Melvin & The Blue Notes「You Know How To Make Me Feel」をサンプリングした「Pachanga」、これも流麗で甘美なちょっぴりJazzyなソウル曲で、Fabolousの甘くスムーズなラップを思う存分堪能できるミッドな一曲。The Alchemistが製作(Just BlazeがScratchで参加)した「Lullaby」は低く重く響く“らーらーらー♪らーらららー♪”がズシンと脳内に余韻を残す中毒曲で、やはり一癖あるトラックメイクはThe Alchemistならでは。「Stay」はSyience製作でMarsha Ambrosiusが客演参加、フィリーっぽい土臭さも感じる生音っぽいグルーヴに、Fabolousの落ち着いて語るラップとMarsha Ambrousiusの温もりのある歌声が曲全体を包み込む一曲。最後を飾る「I Miss My Love」はSean CとLVが共同で製作を担当したドラマチックな一曲で、どこか荘厳で神秘的な歌声にシリアスなトラックが絡む、Fabolousのラップを聴かせる為の一曲。

Fabolousの得意分野であるメロディアス系のトラックで固められた、紳士Fabolousによるレディキラーな一枚となっています。そういう意味ではある意味想像通りな出来映えでもあり、斬新さはそこに無かったかなぁとも感じます(辛口)。ここまでメロウ&スロウで固めるのなら、あえて完璧にソウルフルな渋めのトラックで攻めても面白かったかもしれません、こういう電子的なメロウをFabolousはもう今までずっと成功させてきている訳ですし。現在の流行を惜しみなく取り入れたR&B寄りなHip Hop曲ばかりで、恋人同士の夜のドライブにはきっと持って来いの一枚(素敵)。Billboard Top 200でも堂々のNo.1獲得(Fabolous初)も頷ける、R&B好きにも聴いて欲しい一枚です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment