RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Method Man & Redman「Blackout! 2」
methred-bo2.jpg

Hip Hop界きっての仲良し鉄人タッグ、Method Man & Redmanの通算二作目となる『Blackout! 2』を御紹介。Method ManもRedmanもメッチャ格好良いので、僕的には(というかHip Hop愛好家なら)絶対に好きな名人MCに挙げる事と思います。この二人は本当に相性が抜群で、勿論単体での活動も好きだし応援していますが、このMethod Man×Redmanという最強タッグに惚れ惚れしてしまいますね(感無量)。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずはAllah Mathematics製作でPhyllis Hyman「Magic Mona」をサンプリングした「BO2(Intro)」で渋~く幕開け、Method Manのダークでしゃがれた黒煙声と、Redmanの火花散らす火薬声の化学反応がもう半端じゃなくカッコイイ(痺)。Mobb DeepのHavocが製作したドロドロした漆黒地下系ビートが重たく響く「I'm Dope Ni**a」でも、Redman×Method Manの語るようなゆっくりフロウが闇を切り裂く渋過ぎるトラック。あの鉄人Pete Rockが製作した「A-Yo」は、再びPhyllis Hyman「Magic Mona」をサンプリングしたビタースウィートなメロウ曲。ゆったりとメロディアスな早回し系のソウルフルトラックも文句無しに素晴らしいし、それにユル~く踊りながら乗っかるRedmanとMethod Manがまたワルな紳士って感じで聴いててこっちまで揺れてしまう(快感)、客演参加の男性シンガーSaukratesの間の抜けた南国風の歌フックも良い感じ。旧友であり盟友であるErick Sermonが製作した「Dangerous Mcees」は、ビヨンビヨンと鳴る電子音に硬質ビートと高速スクラッチが斬り込む硬派一徹の彼ららしい一曲。こういうタイトでハードコアなトラックが、武骨でタフなMethod Man×Redmanには相応しい(惚)。Swiff D製作の「Errbody Scream」ではこれまた盟友であるKeith Murrayが援護射撃で参加、ドカドカ派手に鳴らしながらシンセサイザーがクールに連呼し、途中でいきなりスローダウンさせる中毒転調なんかももう病み付き、Keith Murrayも相変わらずの元気良さで相性抜群で御座います(合致)。これまた彼らには馴染みの深いRockwilder(久々)が製作を担当した鋼鉄アッパー「Hey Zulu」がたまらない格好良さ(惚)、シンプルに鳴るドドドドなビートからしてアイデア勝ち、Method Man×Redmanの煙×火薬ラップを存分に爆発させています。そのうえずっと後ろで聴こえる“へいずーるー♪”の掛け声と、Poo Bearのちょっぴりオートチューン入った歌フックもナイスで御座います。Nasty Kutt製作の「City Lights」ではUGK「One Day」を下敷きにして、そのうえBun B御本人が登場する巧みさ。ここではRedmanもちょっぴりボコーダー使ったりしていてそれも面白いし、フックではずっとPimp Cの声が聴こえるのでもうUGK客演みたいな感じ。「Father's Day」はTy Fyffe製作でJoe Simmon「Walking Down Lonely Street」をサンプリング、怪しくも気だるい路地裏ビートで二人の燻ぶるラップが光る一曲。The Blue Notesの音源より「Here I Am」を拝借したJazzyメロウな「Mrs. International」は元DITCのBuckwildが製作を担当、都会の夜系の煌びやかでしなやかなトラックは素敵過ぎるソウルフルさだし、それにスムーズに紳士的に抑えめでラップする御両人(客演にErcik Sermonも参加)がもう痺れる程にカッコ良過ぎる(失神寸前)。ピコピコデジタルな跳ねるクレイジービートが面白い「How Bout Dat」はVinny Idol製作、援護射撃にReady RocとStreetlifeがマイクを回す男臭い一曲でグッド。DJ Scratch製作の「Dis Iz 4 All My Smokers」はNancy Wilson「Ain't No Sunshine」をサンプリング、これもまぁ真っ黒ソウルを輝かせた煙たい一曲。硬質で荒っぽくタフなビートで激突する「Four Minutes To Lock Down」は面子がもうヤバイ(汗)、Method Man×Redmanに加えてRaekwonとGhostface Killahが参戦、しかも製作はサンプリング技の達人(で僕のお気に入り)のB!nkが担当なんです(興奮)。Blooklyn Bridge「Echo Park」使いのホーン散らすトラックも疾走感抜群でテンション上がるし、MC交替の際に入る宇宙声もナイスなスパイスで好き。「Neva Herd Dis B 4」はErick Sermon製作、チープすれすれな電子鍵盤使いが絶妙なトリップ感を生み出していてなかなかカッコイイっす。King David製作で男性シンガーPoo Bearが客演参加した「I Know Sumptn」がまた最高に熱い、切り裂く様につんざめくエッヂの効いた電子音が交錯し、そこにMethod Man×Redmanの硬派で荒っぽいフロウが構わず衝突する様が痛快すぎるシンセ曲。オートチューン加工されたPoo Bearの歌声もクールで、この曲には絶対に必要不可欠なエッセンスとなっています。最後を締め括る「A Lil' Bit」はRockwilderとChris N Teebが共同制作、サイレン音が始終鳴り続ける喧騒トラックの上で御両人は大暴れ、そこに挟まるMelanie Rutherfordなり女性シンガーのミステリアスな歌声が良い塩梅にクールダウンさせていてグッドです。

ヤバイ(汗)、これはもう彼らにしか演出できない空気感、Hip Hop黄金時代のあの頃を鮮やかに思い出させてくれます(感涙)。最近のHip Hopでは絶対に聴けないサウンドと味わえない感触、あの頃と同じ様な製作陣で固めてくれているので、殊更とヴィンテージ感を生み出す事に成功しています(絶賛)。Method Manの黒煙と、Redmanの火薬で、味わい深く燻製された渋過ぎる一枚、これがドープって意味なんでしょうね(痛感)。今年の重要な一枚である事は絶対、聴かなければ損しますよ(警告)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment