RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

M.Pokora「MP3」
mpokara-mp3.jpg

フランスのR&Bグループ、Linkupに所属していたM.Pokaraのソロ通算三作目となる(US進出としてはデビューアルバムとなる)『MP3』を御紹介。ハッキリ言いまして(というより当然)僕はLinkupなんていうグループは知りません、ですからM.Pokaraも全く知りませんでした(無知)。ただR&B好きなら皆様もう御存知かと思いますが、M.Pokaraのソロアルバムにはかなり凄い製作陣が揃い踏みしているんです。
それではそんな内容を簡単に御紹介します……まずは幕開けを飾る「Dangerous」、この曲はあの変態ビートの奇才Timbalandが製作(Co製作をHannon Lane)を担当しています。ダークなエレクトロ流線形トラックに、怪しく響くM.Pokoraの歌声がガッチリとフィット、凄く上手いという訳ではないですがエアリー(空気系)な歌声でこういう電子曲には無機質で合ってます。この曲ではTimbalandとその実弟Sebastianが客演参加、これもかなり良いスパイスになっています。続いてもTimbaland製作(Co製作をHannon Lane)の「Catch Me If You Can」、いかにもTimbalandらしいドカドカと打楽器っぽい電子ビートで聴き手を揺らして踊らすバウンス抜群の一曲。M.Poakaraの涼しげな歌声で繰り返す“ななななぁーな♪なななーな♪”フックも耳に残る一曲、レディキラーな一面を押し出した“俺を捕まえられるものなら、捕まえてみな♪”と歌う詞もなかなか素敵。「Don't Give My Love Away」はRyan Leslieが製作&客演を担当したカラフル電子音とクールなビートが絡まる静寂寄りのエレクトロ曲。カラフルながらも派手ではないこのヒンヤリした感触のトラックが、M.Pokaraの抑揚少なめの歌声にマッチしています。素敵なラヴソング「No Me Without U」は、またまたTimbaland製作(Co製作をHannon Lane)。ここでは歪んでいながらもどことなくドリーミーで煌めいた電子音を散りばめたポップなトラックを提供していて、これがTimbalandっぽいけどぽくなくてグッド(一聴するとRyan Leslieっぽい)。「Treason」はJ.R. Rotemが製作を担当、この曲もエレクトロが閃いて駆け抜けるエッヂの効いたダンストラックで、フックでのM.Pokaraのファルセットが脳内を痛快に突き抜けます。Interludeっぽい1分ちょっとの「Internationalude」はRachid MirとChristian Dessartによる共同制作、これがTimbalandを凌ぐぐらいにゴッチャゴチャ感が面白くいトラックで高品質。M.Pokaraの囁く様な歌声が優しくセクシーな「Tokyo Girl」は再びRyan Leslie製作曲、何故に東京ガールなのかはよく分かりませんが(笑)、トラックは脳の深層部分に響くような不可思議ビートで病みつきになりそうです(中毒)。「They Talk Sh#t About Me」はPete "Boxta" Martin製作曲、ピコポコ鳴る音に色っぽく揺らめくM.Pokaraの歌声と、キュートな歌声のVerseなる女性シンガーの絡みがセクシー。Koreなる人物が製作と客演をこなした「I Loved You」も、ピアノ鍵盤を静かに散りばめた繊細で儚い薄氷曲で、その脆さみたいなものがとても美しい。“荷物もまとめて出て行ってくれないか♪”と歌い捨てる失恋曲で、M.Pokaraの弱々しく切ない歌声も相俟って、これはかなり僕の好みの一曲。口音をあしらった「Through The Eyes」は再びPete "Boxta" Martin製作、これも一聴するとTimbalandっぽい作りで驚き。ビョンビョンとシンコペイトする電子音が耳にこびり付く「Climax」はRachid MirとChristian Dessartによる共同制作で、これも聴いていて脳内をゆっくり侵食していく麻酔曲。「Why Do You Cry?」はJim Beanzが製作を担当、この曲もどこかアラビアンテイストながらもブィーーーと電子音が振動するトラックで、M.Pokaraの歌声にしっくり来ます。最後を締め括る「Like A Criminal」はTimbalandがまたしても登場(Co製作はやはりHannon Lane)、ちょっぴりRockテイストも取り入れた四つ打ちビートが底辺を這う中毒曲。なお国内盤にはこれらに加えて、「Forbidden Drive」と、「I Loved You」のFrench Ver.となる「Quitte Me Jouer」、「Through The Eyes」のFrench Ver.となる「Sur Ma Route」の三曲がボーナストラックとして収録されています。

その経緯とサウンドプロダクションからして、“フランスのJustin Timberlake”と呼ばれるのもなんとなく頷けますね(特に「I Loved You」なんかはその音&詞&世界観からしても、Justin Timberlakeの「Cry Me A River」を思い出させた)。ただJustin Timberlake程の繊細さや神経質さ、滑らかさや女々しさ(笑)が無くて、まだまだJustin Timberlakeには敵わないかなといったところ(辛口)。でもM.Pokara『MP3』は想像以上に素晴らしかったです、なにより嬉しかったのはUS出身のTimbaland、Ryan Leslie、J.R. Rotemなんかに全く負けない、US以外のProducerに素晴らしい仕事っぷり(天晴)。こういう曲を聴くとまた、US以外のR&Bも聴こうかなぁと思えるので、素直に嬉しいです(しかし日本産R&Bは聴きませんが)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment