RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

TLC「Ooooooohhh...On The TLC Tip」
ooooooohhhon-the-tlc-tip.jpg

90年代を代表するR&Bガールズグループ、TLCの記念すべきデビューアルバム『「Ooooooohhh...On The TLC Tip』を御紹介。T-Boz、Chilli、Left Eyeの三人で構成されたTLCは唯一無二の奇抜さとキャラクターで活躍しましたねぇ、流石にTLCを超えるガールズグループは現れていませんよねぇ(人気・セールスで言えばDestiny's Childが肩を並べたけれど、ここまで奇抜ではなかった)。そんな彼女達が華々しく登場し、一躍人気者となった本作で御座います。
それでは内容を御紹介したいと思います……まずはTLCの代表曲でもあるヒット曲「Ain't 2 Proud 2 Beg」で幕開け、製作はDallas AustinでサンプリングにJames Brown「Escapism」やKool & The Gang「Jungle Boogie」を使用。T-Bozの低音揺さぶるクールでマッドな歌声にChilliの綺麗で静かな歌声が最高にキュートでホットだし、ファンク全開のチューンに転調して現れ早口で斬り込むLeft Eyeのラップも痺れるぐらいにカッコイイ。L.A. ReidとBabyfaceのLaFaceタッグで製作された「Shock Dat Monkey」もT-Bozの低音ボイスでまずやられる、分かり易くてキャッチーなフックも口ずさみやすくてどこか可愛い、でもきちんと洗練されたメロディラインも挟む辺りが、流石はLaFaceだと感服します。Dallas Austin製作の「Hot 2 Da Back」は僕も大好きな一曲でLeft Eyeのラップが無邪気に暴れるファンクチューン、これもフックでの可愛くも清涼な歌声が素敵で、スクラッチしながらのごちゃ混ぜ感たっぷりなトラックが最高にホット(失神寸前)。「Das Da Way We Like 'Em」は驚き、Hip Hop界の大御所Marley Marlが製作を担当しています。チキチキと小さく鳴らしながら、途中でゴスペルチックに転調するトラックは、Hip HopとSoulを良い塩梅に混ぜたTLCには打ってつけの一曲で最高。やはりLeft Eyeのラップが最高に嵌ってて滑るように走ってる、カッコイイの一言に尽きます。「What About Your Friends」はDallas Austin製作のひんやりクールなちょっぴりダークチューン、こういうトラックとなるT-Bozの歌声が活きてきて素晴らしい化学反応を起こします。噂話にウンザリと歌う「His Story」もDallas Austinが製作を担当、どことなくNJS調な気もするトラックを滑走するTLCの面々がクールで地に足着いている感じのする大人な一曲。「Bad Ny Myself」はJermaine Dupriが製作を担当したHip Hop色の濃いドカドカチューン、テンポも速く騒々しい感じが小悪魔な印象のTLCにはマッチしていて、聴いているだけで踊り出したくなる軽快ファンクチューン。T-BozとChilliの歌声に素直に聴き惚れてしまう「Somethin' You Wanna Know」は、Daryl SimmonsとKayoが共同で製作を担当。静かで落ち着いた曲調でいてどこかシリアスな印象を覚えるトラックが、少女らしからぬアダルトな雰囲気を醸し出している艶っぽい一曲。一転して可愛くポップなメロディの「Baby-Baby-Baby」は、L.A. ReidとBabyface、Daryl Simmonsによる共同制作。この曲もT-BozとChilliの深みのあるハーモニーに気持ちよく身を委ねられる真っ直ぐなラヴソングで、聴いているだけで優しく素敵な気持ちになれる一曲(純粋)。再びMarley Marlが製作を担当したのが「This Is How It Should Be Done」はLeft Eyeの小気味良く切れ味のいいラップをメインにした、Left Eyeの小悪魔な愛くるしさも爆発したキュートなHip Hopチューン。最後を飾るのは「Depend On Myself」でDallas Austinが製作したファンキーチューン、様々な要素を飲み込んでパーティーアップした疾走曲で、派手でハチャメチャなイメージ(良い意味で悪ガキ)のTLCにはピッタリのエンディングで御座います。

今こうやって聴き返しても斬新で遊び心に溢れたキュートファンキーな一枚で、TLCって物凄い可愛く魅力的なグループだったんだなぁと改めて実感しました(感動)。それぐらいこの一枚はHip HopとR&Bが見事に融合しているし(それがTLCの魅力だった)、それだけ当時のDallas Austinは脂が乗っていたんだなぁと痛感しました。あとこの頃が一番Left Eyeの魅せ場が多い気もします、とにかく90年代R&Bを語る上では外せない名盤で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment