RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

B2K「Pandemonium!」
b2k-pande.jpg

Omarion、Lil Fizz、Raz B、J-Boogの四人で構成されるB2Kの通算二作目となる『Pandemonium!』を御紹介。最近遂に解散してしまいましたねぇ(涙)、まぁあれだけOmarionがメインで動いていて、他のメンバーからしたら面白くなかったかもしれませんね(Raz Bの問題行動が解散の原因と言われています)。可愛いボーイズグループから大人の男性へと成長を遂げて放った本作、歌って踊れるシンガー好き(そのうえボーイズグループ好き)の僕にとっては、最高に熱い一枚で御座います。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しましょう……まずは本作からの先行シングルで特大ヒットとなった「Bump, Bump, Bump」で幕開け、製作を担当したのはなんとあのR.Kelyなんだから驚き。なんともR.Kellyらしい爪弾くギター弦を前面に押し出したスパイシークールなトラックに、Omarionのちょっぴり擦れたほろ苦い歌声がすんなり絡むのがカッコイイ。フックでの“ばんぷばんぷばんぷ♪”も思わず一緒に口ずさんでしまいますし、援護射撃で登場するP.Diddyも良い味出しています。続いてもR.Kellyが製作を担当したピーヒャラ音がアジアンな味わいの「Girlfriend」、完璧にR.Kelly風味でOmarionの歌い方もかなりR.Kelly寄りで御座います。Troy Taylorが製作を担当した「You Can Get It」は、爪弾くギターに始終鳴り続けるポカポカ打楽器音、それから余裕たっぷりに歌い上げるB2Kの歌声がクール。本作でも僕がお気に入りなのがAdonis制作(ソングライトはJohnta Austin)の流麗なキラキラスウィート曲「One Kiss」、Omarionの甘~い歌声と四人のとろける様なハーモニーがとっても綺麗で、聴いているだけでドキドキしてしまうラヴソング(惚)。またまたR.Kellyが爪弾くギターでスパイシーに仕上げたバウンスチューン「Bump That」は、早口で跳ねながら駆け抜けるフックとLil Fizzの鼻にかかったラップが耳に残るアッパー。そんなR.Kellyがやっと甘くて色っぽいスロー曲を提供した「What A Girl Wants」は流石に切ない、Omarionの歌声もすごく艶っぽく溶けそうな熱い歌声でガッチリと合っています。TrixsterとWirlie "Wyl-e" Morrisが共同制作のキラキラと静かにまどろむ「Sleepin'」も、Lil Steve製作のドカドカ鳴るビートに浮遊感あるシンセが絡む「Would You Be Here」も大人の色香が漂っていて素敵ですね。本作でもう一曲僕がお気に入りなのがLaney製作の「Everything」、ファルセット駆使してふわふわと舞うフックがドリーミーで心地良いし、最初の“E-V-E-R-Y-T-H-I-N-G♪”ですぐに耳に残った一曲で大好き。B2Kの事務所の先輩であるIMxのRomeoと女性シンガーJheneを招いた「Tease」は、Trixster製作のダンスチューン。ここからはPlatinum Status(Marpues Houstonも所属するProduceチーム)が続けて製作を担当しており、「Back It Up」「Where Did We Go Wrong」「I Beat You To It(Turn The Party Out)」と、どれもダンス魂を存分に発揮できるであろう、なかなか良い仕事しています。特に僕が好きなのは「Pretty Young Thing」、あのドッカドカなビートとOmarionのクールな歌声がたまりません。しかしPlatinum Statusはそんなアッパーばかりでなく「The Other Guy」みたいなアーバンスローもきちんと提供していまして、この曲もOmarionの声質に合ったスウィートな仕上がり。再びTroy Taylorが製作を担当した真っ直ぐと美しくて爽やかな「Why I Love You」は、聴いているうちに気持ちが晴れやかになる青空系と一曲でグッド。

どの曲もなかなかの秀逸曲で、ダンス好きならきっと楽しめる一枚で御座います。僕なんかはOmarionの歌声がかなり好きなので、B2Kはいつも楽しんで聴けています。でも僕はやはり彼らの歌うアッパーよりも、切なくて甘いスローの方が好きなので、お薦めはやはり「One Kiss」とか「Everything」とかになっちゃいます。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment