RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mario Winans「Hurt No More」
mariowinans-hnmcov.jpg

Sean "P.Diddy" Combsの有能な右腕であるMario Winansのデビューアルバム『Hurt No More』を御紹介。もう皆様御存知、Mario "Yellow Man" Winansの名で多くの楽曲を提供している、有能なソングライターで御座います(一流)。という事で裏方な印象の強いMario Winansですが結構客演もこなしていて、それもそのはず、彼はあの有名なゴスペル一家であるWinans Familyの血を受け継いでいるんですから(納得)。僕も個人的に彼の創る楽曲は好きなので、この一枚もかなり期待していました。
それでは気になる内容はどうなっているのでしょうか……まず最初に断っておきますが、全曲をMario "Yellow Man" Winansが製作しております(当然)。まずはオーケストラっぽい壮大な音楽から幕を開ける「Never Really Was」、幾重にもなったMario Winansの歌声でより魅力的に輝いている一曲。そして本作からの先行シングルで大ヒットしたのが、あのEnya「Story Of Boadicea」をベッタリと下敷きにした、これぞBad Boy流儀な「I Don't Wanna Know」。原曲の持つ妖しくも美しいメロディの響き(というよりEnyaの歌声)をそのまま活かし、そこにMario Winansの優しくも脆い歌声がそっと絡む美曲、総帥P.Diddyもラップで援護射撃しています。DeBarge「Love Me In A Special Way」をサンプリングしたほんのり微糖なスロー「You Knew」(ソングライトにJack Knightが参加)は、レーベルメイトで112所属のSlimが客演参加。Mario WinansもSlimも優しくシルキーな歌声しているから相性は抜群、ゆったりと滑らかなトラックも繊細で美しくて、この歌い手にはピッタリの一曲です(溺愛)。「How I Made It」ではBad Boy一押しのMCのLoonが援護射撃、The Commodores「Celebrate」を下敷きにした渋い鋭さがあるトラックに、Loonのあのフィルターボケたラップがたまらなくカッコ良くて痺れます(最高)。爪弾くアコギの旋律にすぐと胸が詰まる想いのする美曲「3 Days Ago」はしんみり、フックでの爽快で甘酸っぱいメロディ展開に僕は特に一撃必殺でヤラれます(悩殺)。雲ひとつない空をふと見上げるような感覚を覚える哀愁漂う一曲で、それでいて微かな希望も感じて前に進みたくなる大好きな一曲(賞賛)。ボワンボワンなリズムにクラップ音を散りばめた現行R&Bなトラックと、Mario Winansの時折聴かせるファルセットにドキッとしてしまう「What's Wrong With Me」(ソングライトにJack Night)もクールでカッコイイ。ピアノ鍵盤の音にちょっぴりシンセ音を降りまぶした「Can't Judge Me」も、キラキラと仄かに輝きながらもアコギの弦音で曇った感触を混ぜ合わせた「Disbelief」も、Mario Winansならではのまろやかで円熟味のあるスウィートな歌声が響く、大人の色香たっぷりの曲のオンパレード。そんな中で異色なのが唯一のアッパー「Pretty Girl Bullsh*t」、客演にFoxy Brownを招きビョンビョン跳ねるHip Hopビートの上をガンガン突き進みます、Mario WinansよりやはりFoxy Brownの存在感が半端じゃないです(笑)。中東っぽい笛音にユラユラと絡む「This Is The Thanks I Get」では、Bad Boy所属のBlack Robが参加。くぐもったメロディにドカドカとキックの効いたトラックがHip Hop向きの「I Got You Babe」、乾いたギター弦の音色が小気味よく鳴ってなんだか涼しい気分になるクールな「So Fine」、ちょっぴりトークボックスを使ったドロッとスペーシーなダーク曲「Should've Known」、悲しみに満ち溢れたメロディにMario Winansの歌声も泣いているドラマチックな失意のバラード「Turn Around」と、そのどれもがMario Winans節の効いたメロディアスな楽曲ばかりです(聴惚)。

僕はこのアルバム好きで何度も聴いています、Mario Winansのあまり張らないまったり甘い歌声が結構好きです。Mario Winansの作る楽曲が好きな方は勿論要チェックですし、男性で甘く高い歌声が好きな方にも是非聴いて頂きたい、粒揃いな曲がぎっしり詰まった一枚となっています(秀逸)。裏方仕事も勿論良いですけれど、これからは表舞台でもシンガーとして活躍して頂きたいです(熱望)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment