RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DJ Clue「The Professional Pt. 3」
djclue-p3covs.jpg


Roc-A-Fella所属のDJ Clueのアルバム『The Professional Pt.3』を御紹介。僕個人としてはDJ Clueの掛け声“でぃーじぇいくるぅ~♪でざぁとすとぉ~む♪”があまり好きでなく、彼のこの掛け声が入ると結構テンションが落ちるんです(笑)。なんか曲の邪魔している気がするんですよね、Just BlazeやらSwizz BeatzやらJermaine Dupriも同じ様にやっているんですが、そう感じないんですけどねぇ(不思議)。でもこのアルバムは例に漏れず豪華なアーティストが参加しているんで、それにつられて購入しちゃいました(現金)。
それでは気になる内容をなんとな~くふわっと……まずはNasによるわずか二分弱の「War」で幕開け、ほんのちょっとなんでかなり残念ですが格好良さは抜群(一流)。「Clear Da Scene」はDoughboyzなる人物が製作を担当した完全サウスなドロッとした音、参加もLil WayneにRick RossにRansom(濃)。Rick Rossの野太いラップも好きですが、やはりLil Wayneの粘着質なあの奇抜ラップに軍配が上がるかなぁ~(僅差)。Developなる人物が製作を担当した「F*ck Off」はJuelz SantanaにYoung Jeezyとこれまた人気者同士の共演、Millie Jackson「A Child Of God(It's Hard To Believe)」を早回ししたトラックは完全にDipset流儀でJuelz Santana仕様、がしかしYoung Jeezyも負けてない。てかこの共演曲はめちゃカッコイイ、本作で最も好きな一曲かもしれない。「Gold」はやっとこさDJ Clueによる製作曲、ゲストはMobb Deepの二人。せっかくMobb DeepならHavoc製作でもよかったのではとも思うんですが、DJ Clueの作ったトラックもMobb Deepに合わせてあって良い感じ。「I Really Wanna Know You」もDJ Clueによる製作曲、ここではJagged EdgeとFabolousが共演。The Honeydrippers「Impeach The President」をサンプリングした流麗で滑らかなシルキートラックも素晴らしいですし、Jagged Edgeの完璧ハーモニーも美しい、そして歌モノにはピタっとはまるFabolousを援護射撃に迎えているんで間違い無しの仕上がり(絶賛)。「A Week Ago, Part I」はMario WinansとThe Gameというかなり異色な組み合わせ(驚)、製作はDJ Clueが担当。Mario Winansの歌声も僕は大好き、また早くソロを出さないのだろうか(待望)。「Like This」はレーベルメイトであるKanye Westが製作を担当、Kanye Westと再びFabolousが共演しています。こういうオルガン生音トラックってのはKanye Westでないときっと創れない音、Fabolousもなかなか嵌ってるけれど、やっぱKanye Westの方がこのトラックは心得ている(当然)。「Almost F*cked」はJames Brown「It Takes Two」を下敷きにしたダンサブルな一曲、製作はLT Hutton、ゲストはSnoop Doggで御座います。この曲は面白いだけれどSnoop Dogg向きではない気が……Wyclef Jeanとかかな(笑)。「Grill & Woman」は胸焼け起こしそうなスクリュー物、Mike JonesにPaul WallにBun Bなんだから当然か、たま~に聴く分には良いんですけどね(笑)。「Liberty Bell」はRoc-A-Fellaを代表するBeanie SigelとFreeway、それに若手二枚目のCassidyが参加、制作はDJ Clueが担当。CassidyとFreewayってBeefしてませんでしたっけ(Youtubeで実際にバトルがアップされてた)、もう終焉したのかな。僕は個人的にはFreewayのラップが大好きです、このトラックもRoc-A-Fellaぽくて好きです。「Da Boss」ではFabolousが三度目の登場、そういえばFabolousはDesert Stormの一員でしたね(忘)。Sha Tek製作のKing Floyd「Please Don't Leave Me」をサンプリングした緊迫感漂うストリートの土臭さ香るトラックがなんともカッコ良く、Fabolousのあの鼻にかかったラップもバシーーーッとキマってます(二枚目)。「The Animal」はDJ Clueの製作曲、ゲストは根強い人気を誇る実力派MCのStyles Pが参加。これはもうトラックが地味で純粋にStyles Pのラップを楽しめる一曲、トラック自体もどこかRuff Rydersっぽい作りかも。「Middle Finger U」も引き続きDJ Clueによる製作曲、ゲストはN.Y.を本拠地に活躍するDiplomatsよりCam'ronとJuelz Santanaが参加。今で言えばこれにJim Jonesなんかも参加してたら最強なのかな、このトラックは不穏さ漂うもDipsetっぽくはないかなぁと、しかも軸がCam'ron過ぎてちょっと物足らないかな、Juelz Santana好きには。そんな物足りなさを一気に吹き飛ばすのが、M.O.P.が暴れ回ってくれる「Giantz Of NYC」。HeatmakerzがMillie Jackson「Go Out And Get Some」をサンプリングして作り上げたガチガチなネタ曲が嵌ってる、M.O.P.がRoc-A-Fellaを脱退したのは本当に残念、Jay-Zがきちんとしたバックアップをすれば途轍もなく強力な一枚が出来上がってたろうに(悔)。「You Don't Really Wanna」はBaby PaulがBilly Paul「Brown Baby」をサンプリング、ゲストにFat JoeとRemy Maというかつての同士が集結。「Ugly(Thug It Out)」は“ひゃっはー♪”で御馴染みのJadakissが登場、Swizz Beatz製作でSwizz Beatz自身もフックで参加しています。このタッグはRuff Ryders繋がりでもう旧知の仲だから相性抜群、Swizz Beatz御得意の煽り声をバックに入れながらもそこまでアッパーでなく、ここはJadakissに合わせた地味めな仕上がりになっています。「Week Ago, Part 2」は続編でまたまたThe GameとMario Winansが共演、しかしここではThe Gameが先行(主軸)となっております。最後はクレジットが無くて誰の手製なのか分からない「Uptown」、ゲストはConsequenceで御座います。トラック自体も凝っていてかなり面白いし、Consequenceのラップもカッコ良くてかなりお気に入り、なのに彼のあのアルバムは未だに購入できていません(矛盾)。

DJ Clue云々ではなく多彩なゲストで楽しむ事が出来る一枚、爆発的な一曲ってのはないかもしれないけれど、僕個人としてはJuelz SantanaとYoung Jeezy共演の「F*cK Off」が一番のお気に入りかなぁ(薦)。イマイチDJ Clueがどういう位置づけの人物なのか分かりませんが(笑)、Roc-A-Fella軍団の重要人物ではあるでしょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment