RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

3rd Storee「Get With Me」
3rd-getwm.jpg

Def Soulが送り出した五人組ボーカルグループ3rd Storeeのデビューアルバム『Get With Me』を御紹介。Gavin Rhone、J'son Thomas、Barry "Jay-R" Reed、Dante "D-Smoove" Clark、Kevontay Jacksonの五人で構成されておりまして、四人組が結構多いから五人は珍しい方かも。彼らの事は良く知りませんが、まぁDef Soul発信だから絶対に間違いないと思い、購入しました(決撃)。
それでは内容はどうだったかと言いますと……これがすこぶる快作で嬉しい限り、かなり豪華な一枚になっています。まずは幕開けを飾る「Get With Me」は、Rodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当。いかにもRodney Jerkinsらしバキバキビョンビョンと電子音が跳ねて弾けるバウンシーな一曲で、彼らの洗練されたボーカルワークも思う存分堪能できる爽快アッパーとなっています。「Clap Your Hands」は同じくDef Soulの先輩であるDru HillのNokioが製作を担当、Timbalandっぽいダークなシンセサイザーの流れに細かい鍵盤音がアクセントに鳴る鋭い一曲で、これも彼らが歌って踊れるグループならばかなり熱い一曲。「Now I Can Breathe」はPaul "PDA" AllenとJ.Mossから成るPAJAMが製作を担当、ヴァイオリンっぽい弦の響きにプカプカと感じるビート、繊細に色っぽく重ねられた3rd Storeeのハーモニーがたまらなく美しい一曲。再びNokioが製作を担当したエレキギターがつんざめくロキッシュな「Superstar」もカッコイイ、R&Bではないけれどこういうざらついた感触のトラックもハーモニーで聴かせると味わい深い。ドラマチックで悲しいメロディに胸を強く打たれてしまう「I'm Sorry」はPAJAM製作の王道バラード、寂しく鳴り響くピアノ旋律に3rd Storeeの切なく咽び泣きそうな高音ハーモニーが胸を貫く、涙を浮かべずには聴けない美曲にしんみり(感動)。口音を駆使したビートにビヨンビヨンなシンセがぶつかって突き進む「All Aboard」はAnthony PresidentとBrainzが製作を担当、これは完璧にShe'kspere風味のジャキジャキ曲で御座います。引き続きAnthony PresidentとBrainzが製作した「Type Of Mood」は、底辺で同じ音階をなぞって鳴る電子音にちょっぴりトロピカルなメロディ、ちょっぴりBone Thugs-N-Harmonyっぽい早口歌唱が面白い中毒曲。爪弾くスパイシーなギター弦に鋭くハジけた電子音が突き刺さる「What Would It Be Like」はThe Underdogsが製作を担当、The Underdogsの書く美曲が好きだけど、こういう切れ味抜群のアップも巧いから凄い。Ivan Prince製作のしっとりと聴かせる純白バラード「You Don't Want Me To」は思わず胸がキュンと鳴る高音ハーモニーも素晴らしい純潔な美曲、彼らがBoyz II Menばりのアカペラ実力を持っている事が分かります(圧巻)。そんな3rd Storeeのハーモニーが初っ端から爆発する聴いているだけで惚れ惚れしてしまうアカペラ曲「Don't Lose Hope」も素晴らしい(拍手)、PAJAMの作ったメロディも素敵だし3rd Storeeのファンの真の魅力が伝わります。ポワワンと響き渡る静かなドリーミー曲に、しっとり色っぽく滑らかな彼らの歌声がなぞる「How Can This Be」もPAJAM製作、R.Kellyマナーなこのねっとりスローもなんかセクシーで素敵ですねぇ(吐息)。最後を飾るのは新たにJoe Buddenをfeat.したRemixみたいな新装「Get With Me」、Joe Buddenのあの太くも歯切れのいい曇ったラップがナイスな飛び道具になっている一曲で、Joe Budden好きの僕としても嬉しい組み合わせ。

ハッキリ言って想像以上の仕上がりで嬉しい驚き、製作陣もとても豪華だし、なにより3rd Storeeの実力は折り紙つきで御座います(賞賛)。112やJagged Edgeなどの諸先輩方にも引けを取らない素晴らしいコーラスワークで、アップもスローもそつなくこなしてくれていますよ。これは本当に素敵な一枚、ボーカルグループ好きなら聴いて損無しの一枚で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment