RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tina Novak「Been Around The World」
tina-batw.jpg

敏腕ProducerであるKevin "She'kspere" Briggsが設立したレーベル、Spere Recordsからの第一弾シンガーであるTina Novakのデビューアルバム『Been Around The World』を御紹介。最近は全く見かけなくなったKevin "She'kspere" Briggsが全面バックアップしている事から考えても、かなり期待できるTina Novak、僕個人としては綺麗な容姿とムッチムチなバディもナイスな魅力ですぐに虜になりました(下心)。
それでは肝心の内容について触れますと……ちょっぴり南国風味でフォーキーなトラックがクールでセクシーな「Been Around The World」はDwight "Skrapp" ReynoldsとKevin "She'kspere" Briggsの共同制作、Tina Novakの落ち着きのある艶やかな歌声が素敵な爽快曲。Kevin "She'kspere" Briggs製作の「Shoulda Coulda Woulda」は、叩くピアノ鍵盤の音にパパパパパパとシンセがこだまするなんともShe'kspereらしい失恋曲。客演にMisery IllなるMCが参加、とにかくシンプルな連鎖がなんとなく癖になる彼らしい一曲。Willie "Will" Briggs, Jr.なる人物(She'kspereの親族?)が製作のドコドコとビートが鳴り響くアッパーダンス曲「Uh Oh」は、途中で挟まる“ぶんぶん♪”と“おっおー♪”が物凄い耳に残る一曲で、Tina Novakの程よくクールな歌声が映える一曲。題名からしてもうヤバイ「Summertime」はこの夏にピッタリのレイドバックしたナイスミッドでグッド、She'kspere製作としてはかなり珍しいスムーズなグルーヴ感がたまらなく心地良い真夏の夜風曲。Dwight "Skrapp" Raynolds製作の「Magic」は、爪弾くギターに哀愁を感じるフォーキーな吐息の様に切ないラヴソング。「Salacious」はPatrick "Dev" Briggs(やはりShe'kspereの親族?)が製作を担当、ピカピカ光りながら上下に移動するシンセサイザーにTina Novakのクールな歌声がエッヂ鋭く絡むアッパー。別れた男性をいまだに忘れられないと切なく歌う、美しくも儚く優しいバラード「Still」はShe'kspere製作という事で驚き。She'kspereといったらビヨンビヨンと跳ねる電子曲のイメージ強いけれど、ここでは思い出に囚われる悲しい女性の気持ちを見事に表現したウィスパーで繊細なメロディを準備(最高)。木琴みたいな音にピュルルル鳴る電子音が病み付きの「Not With Me」、製作はPatrick "Dev" Briggsが担当。Willie "Will" Briggs, Jr.製作の「That's What I'm Talkin' About」はこれまたベタンベタンと電子音が貼りついては弾かれる、なんともShe'kspereっぽい一曲。Dwight "Skrapp" Raynolds製作の「Can't Get Enough」は希望に満ち溢れた煌めくメロディに、昔ながらのソウル曲の様なノリが気持ち良くて大好き(惚)。Back Vocalを務めるChristopher Aaron Smithなる男性シンガーが良い仕事していて、清涼で綺麗なハモりを聴かせてくれます。She'kspere製作の「Change」ではMisery IllとButtaphlyが参加、これがJadakissなんかが援護射撃してたら面白かったであろうHip Hop風味の一曲でして。「Let's Go」はKevin "She'kspere" BriggsとWillie Briggsが共同制作した一曲で、これがどこか懐かしいオールド回帰なソウルメロディにThe Neptunesっぽい電子音の絡め方が絶妙に巧い一曲で好き。フックでは前述のChristopher Aaron Smithは歌声を貸していて、それがまたこの曲の爽快で綺麗なところをグッと惹き出しています(痺)。最後には「Been Around The World(Remix)」を収録、原曲よりクールさと妖しさが増していてTina Novakにはお似合いで良し。

Kevin "She'kspere" Briggs全盛期を楽しめる一枚で、彼が一時代を築いていた事を思い出します(懐)。She'kspereの元恋人で黄金の右腕だった、元XscapeのKandiがソングライトで関与していないのが、ちょっと物足らない気もしますが、Tina Novakが綺麗で豊満な胸で歌声も落ち着いたクール系で、かなり聴き易い一枚になっていますよ(容姿は関係ないんですが)。どこかで見つけたら、購入しても損はしないと思いますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment