RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Glen Scott「Soulrider」
glenscott-soulrcov.jpg

UK出身のシンガーソングライターGlen Scottの通算二作目となる『Soulrider』を御紹介。元来僕は英国R&Bなんか聴かなかった主義なんですが、もう最近ではR&Bもワールドワイドになっていて、僕も英国産のR&Bもすんなり受け入れられる様になっています(成長)。ですからUK産R&Bにはあまりにウトイ僕は、このGlen Scottは全く知らなかったです。ただこのジャケットがあまりにソウルフルでカッコ良いので目を引き、するりと購入しました。
それではここで気になる内容を御紹介しましょう……まず最初に述べておくべきが、全曲の作詞作曲をGlen Scottが手掛けており、そのうえGlen Scottがピアノにベースにドラムにギターにアナログ・シンセにパーカッションにと、殆ど全ての楽器演奏をこなしているのだから驚きの才能です。まずはビュインビュインと振動する電子音に硬質なドラムパターンがなんとも軽快ファンキーな「Do Something」から僕はヤラレました(一撃)。“何かしろ♪行動を起こすんだ♪”というシンプルで力強いメッセージも最高に熱いし、晴れ渡った空の下を風いっぱい受けながら走るような爽快感もたまらない一曲。最後の方では軽くトークボックス使って揺れながら、次の曲の「Lucky Day」に流れ込む辺りの雰囲気も巧い。リロリロリロと上下する音の連なりに、リラックスしたGlen Scott(とBack VocalのAlani)の歌声が素敵なさらさらなソウル曲。D'AngeloやMaxwell辺りにも通じるネオソウルな佇まいがなんとも心地良く素敵な「I Want It」、ゆったりまったりと溶けるベッドソングでGlen Scottの物憂げでファルセット混じりの歌声が気持ち良過ぎる一曲(最高)。冒頭からスクラッチが炸裂するアナログHip Hopな「See U Again」、遊び心に溢れたトラック上で、時にファンキーで時にキュートなGlen Scottの歌声が最高に熱い。鳥のさえずりにレイドバックしたトラックがなんとも渋くオシャレな「Sundazeblew」も、あのオルガンっぽい温もりある鍵盤音にGlen Scottのドロッとした泥臭い歌声がバッチリお似合いで、これこそD'Angeloに通じる趣ではないかと。カラリと乾いたギター弦の音にI-DeanなるMCのラップが絡む70年代賛歌「70's Child」、短い詞の中でその真っ黒なソウル感覚を最大限発揮したJazzyな「Intuition」、南国のどこか街中の道端で太鼓叩きながら歌っているような軽くRaggaeチックな「Simple Man」と、どれもGlen Scottの才能を感じるナイスな楽曲。Sealが歌いそうなどこまでもドラマチックで哀愁が滲む、暗雲立ち込める都会の一室の男を描いた「Burning Incense」なんかは半端なくカッコイイ(痺)。生バンド演奏の感覚でユラユラと幻想世界に惹き込まれるトロ~リ中毒曲「Rizla」も、不思議な一曲で素直に面白い。インスト曲「Soulrider」では結構な時間を挟んで、ギター爪弾くブルージーで光り輝くソウルフルなシークレット曲「Wastin Time」が収録されています。

侮るなかれ、これはかなり素敵な一枚に仕上がっていて驚き。ネオソウルが好きな方なら、聴いていて絶対に聴き惚れるであろう極上ネオソウルフルな一枚となっています(ネオソウルの定義はイマイチまだ分かりませんが)。UK産のR&Bもなかなか良いですね、食わず嫌いは良くないというのはよく言ったものですね(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment