RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

Joe「Signature」
Joe-Signature.jpg

曲も書けて甘い歌声で聴き手をゆったりと酔わせるベテランシンガー、Joeの通算八作目となる『Signature』を御紹介。いやはやJoeの奏でる甘く美しい歌声とバラードは、いつ聴いても胸を熱く溶けさせてくれますねぇ(惚)。このシックなジャケットもかなり格好良くて渋いですねぇ、貫禄が滲み出ていますよ。ここ最近はまたコンスタントに作品を提供してくれていて、嬉しい限りです(安心)。
それでは気になる内容を御紹介しますと……まず本作を紹介する時点で最も重要な事、それは全11曲をすべてJoe Thomasが書き下ろしている事(拍手)。これはJoeファンにはたまらないプレゼント、これはもう完璧に良い作品に仕上がっている筈です(豪語)。まずもう幕開けからしてJoeの幾重にも重ねられた吐息ファルセットで色づく「Magic」でトロットロに溶けます(骨抜)、恋人との情事をマジックと呼んじゃう辺りが物凄い自信、背筋をスーとなぞる様な歌声が官能的で素晴らしい。ちょっぴりプイーンと捩れたシンセサイザーがこだまするThe-Dreamっぽいドリーミー曲「Sex Girl」も痺れるぐらい直球、夢世界へ誘う電子音とボコボコ鳴るビート、フックでの“せっくすがぁーる♪せっくすがぁーる♪”の連呼がThe-Dream流ながらも、Joeの甘美な歌声で完璧に自分のモノにしています(玄人)。昔ながらの情緒を感じるソウルフル曲「Very Special Friend」は盟友Josha Paul ThompsonがCo製作を担当。清らかで透明感のある綺麗なメロディに乗せて、Joeの紳士的な歌声が“エッチな友達が欲しいのさ♪”とさらりと歌ってしまっている辺りが凄い(笑)、こんなエロい曲も女性が聴いたら喜ぶんでしょうね(稀)。女友達に関係を迫る「Friends Don't Let Friends」もJosha Paul ThompsonがCo製作、これまた多重録音されたJoeの歌声が凛として美しくて、しっとりと滑らかにスルスルと欲望の底に堕ちていってしまう媚薬曲。別れた彼女が他の男と一緒に過ごす様を想像して“最悪の脚本だよ♪”と切なく歌い上げる、後悔ばかりの未練たっぷり失恋曲「Worst Case Scenario」も、Joeのしなやかで潤いたっぷりの甘美な歌声にかかると爽やかに聴こえるから不思議です。“君の恋人になりたい♪”と切々と情熱的に歌い上げる「Wanna Be Your Lover」も、どこか懐かしいソウルフルな一曲で、まるでレコードをかけているかの様な温もりと輝きに包まれるソウルマナーをきっちり踏襲したJoeらしい一曲。「Miss My Baby」では“まいまいままままい♪”を繰り返す事でアダルトでシリアスなグルーヴを生み出していて、これは甘さの中にほろ苦さも混じった一曲でグッド。「Come Get To This」はMarvin Gayeの名曲をカバー、ここではMarvin Gaye顔負けの優しくも熱っぽいソウル声を惜しげもなく披露しています(器用)。爪弾くギターに心寂しくなる「Metaphor」は、愛する女性に自分がどれだけ愛しているかをきちんと伝え切れない不器用な男の心情を歌った切なくも真摯な一曲で、表現下手な日本男性の気持ちを代弁したかの様な一曲(共感)。どれだけ想っても100%はなかなか伝わらないもので、だからこそずっと努力が必要だったりするんでしょうねぇ。優しくも王道な曲展開に安心して耳を傾けられる「Love's Greatest Episode」、Co製作でJosha Paul Thompsonがここでも参加。最後を締め括る「Sensitive Lover」はどこかステッパーズ的なノリと輝きが身体中にキラキラと駆け巡るシャンパン曲、大好きな女性とこんな曲を聴きながら笑いながら踊って酔ったらとつい妄想してしまう、素敵過ぎる一曲です(惚)。これらに加えて国内盤にはアコースティックギター一本で聴かせるUnplugged的な「All That I Am」「No One Else Comes Close」の二曲を収録、これも絶対に聴き逃せないボーナストラックとなっています。あとは本作のExecutive Producerを務めるKedar Massenburgが一押しの女性シンガーLylitが歌う「Change」も収録、これから要チェックになるかもしれません。

とにかくJoeの持ち味が存分に惹き出された甘~く濃厚な一枚となっております、これはJoeファンには嬉しい限りではないでしょうか。恋人とのベッドタイムには持って来い!な、甘美で官能的で濃厚なラヴバラードの連続に、ひたすらウットリと溺れてしまう事間違いなしです。
スポンサーサイト



まさか2000年代の「Soul/R&B」を紹介する機会が来ようとは...♪

Comments

Leave a Comment