RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Maxwell「BLACKsummers'night」
maxwell-bsummer.jpg

極上のソウル音楽、ネオソウル(またはNew Classic Soul)を牽引したシンガーの一人Maxwellの通算四作目となる『BLACKsummers'night』を御紹介。まず感謝の意を述べたいと思います、お帰りなさいMaxwell。傑作である前作『Now』からおよそ8年ぶりとなる新作を聴けるなんて、本当に嬉しくて久々に発売当日にタワレコに駆け込みましたよ(待望)。僕はMaxwellがとりわけ大好きです、それは皆様も同様のようでBillboard Top 200でも見事、堂々の第一位を獲得している事からも容易に想像できます(流石)。このジャケットも渋いじゃありませんか(絶賛)、僕はアフロヘアよりも坊主に近い今のMaxwellの方がカッコイイと思います。
それでは恐れ多いですが内容に簡単に触れたいと思います……まず本作では制作を全曲においてHod DavidとMusze(これはMaxwellが製作時に使う変名)が担当、ですのでいつものごとく一貫したソウルフルな世界を堪能できるわけです。まずはキラキラと輝く音使いに溜息にも近いMaxwellの細いファルセットが絡む「Bad Habits」で幕開け、しっとりと官能的なトラックに時に優しく時に激しく絡むMaxwellの魂揺さぶる歌声が身体中に痺れ渡ります(失神寸前)。「Cold」ではホーンにベース音にとJazzっぽい要素をまるっと持ち込んだアダルトな色気とカッコ良さが漂う一曲、“君はどうしてそんなに冷たくなれるんだい♪”と歌う男心に物凄く共感してしまう僕(笑)、この曲はとにかくトラックがもう真っ黒くてJazzとSoulとBluesが見事に融合したMaxwell節。愛する女性を、愛するがゆえに手離して自由にしてあげる失恋曲「Pretty Wings」はもう儚くて繊細で美しくて溜息が出るばかり、ガラスと軽く叩くような音に生音演奏ばっちりの温もりあるメロディ、Maxwellのファルセット気味の繰り返すフックがまたなんとも切なくも自由に羽ばたく様子を描けていて、そこにまた胸がジーンとなって(涙)。得のこの曲の最後の終わり方が綺麗、まるでひとつの映画を観終わったかのような幕切れが素晴らしい。ちょっぴりダークで硬質なドラムパターンが響くタイトな「Help Somebody」も他とは違った趣で素敵、70年代のブラックムービーを彷彿とさせるようなドラマチックでシリアスで派手な音使いがたまらない(興奮)。“誰か世界を止めてくれ♪”と真っ直ぐに懇願する「Stop The World」、どこかカントリー調なトラックも味わい深いしMaxwellの時にしゃがれた歌声にすごくマッチしていて、胸を洗ってくれます。本作で僕がいま最も気に入っているのが「Love You」、希望に満ち溢れた輝きを放ちながら駆け抜ける疾走感溢れるビート、ピアノ鍵盤を奏でるメロディにホーンにMaxwellの熱くも熱のこもった歌声、どれをとっても聴いていて胸の内が熱く沸き立つ一曲(最高)。ピアノの旋律にストリングスが絡み、人生の重みさえも感じるグルーヴが胸に沁み込んでくる「Fistful Of Tears」も、力強くも優しくて壮大な一曲。途中ではいるエレキギターの音色に思わず涙が滲む、とにかく前向きに勇敢に苦境に立ち向かう二人の愛の姿を描いた一曲に感動。アコースティックギターの音色に一瞬で胸が切なく詰まる想いがする「Playing Possum」、ほぼアコギのみのシンプルなトラックなだけにMaxwellの訴え話しかける様な歌声が深々と、優しく触れるように響く素敵なスローバラードになっています(惚)。詞の内容も素晴らしくて、自分の元を去った恋人に“もしこのくだらない死んだふりをやめてくれたら、もし君が目を覚ましてくれたら♪”と哀願する男の様が見事に映像として想像できて、物思いに耽ってしまいます(刹那)。最後を締め括るのは演奏のみのトラック「Pheoenix Rise」、これがまたほどよい具合に生音バンドなドラムビートグルーヴに、エレクトロな流線形の音が交錯する華やかさ際立つ一曲で、これにMaxwellの艶っぽいファルセットが絡んで駆け抜けたらさぞかし最高で爽快だったろうなぁと、楽曲のみにとどめるにはあまりに惜しいです(残念)。どの曲もとにかく生音演奏にこだわったソウルフルで温もりの滲んだトラックばかりで、Maxwellの官能的で紳士なファルセットがいつまでも胸中に気持ち良く響き続ける、これぞソウルな一枚でもうたまりません(昇天)。

素晴らしいどころではありません(鳥肌)、芸術作品の域に達しています(賞賛)。これだけ深みのあるほろ苦い歌声とソウルを持った男は、Maxwell以外にはいないでしょう(断言)。本作『BLACKsummers'night』はMaxwell作品の中でも一番ビターな甘さが光った(いや輝いた)一枚ではないでしょうか、ちなみに本作は『blackSUMMERS’night』と『lacksummers’NIGHT』からの三部作の第一部に当たるのだそう(期待)。全9曲(うち1曲はインスト)となるとちょっと少ないかなと感じますが、内容がかなり濃厚なだけに充分に満足できる一枚で御座います。絶対に購入しておかないと不味い一枚、本年度の話題盤となることは間違いないでしょう(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment