RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Young Gunz「Brothers From Another」
younggunz-bfacovs.jpg


Roc-A-Fella唯一のデュオであるYoung Gunzの通算二作目『Brothers From Another』の御紹介。Young ChrisとNeefによるデュオで、気付けばFreewayよりも2ndを出してきたんで驚きでした。しかし当時のRoc-A-FellaにはM.O.P.っていう最凶のデュオがいたんだから、そっちを先にアルバム作らせた方が良かったんではないでしょうか(不思議)。
そんな感じでそこまで期待はしてなかった事が覗える本作(笑)……まずはそのあまりにシンプルな音構成がYoung Gunzらしい「The Knock Is There」で幕開け、製作は彼らには絶対のChad "Wes" Hamiltonが担当。彼らの作品はこのChad Hamiltonが大半を手掛けているので、彼がこけると同時にYoung Gunzがこけるといってもけして過言ではないでしょう。というプレッシャーをかけつつもChad Hamiltonの創る音は好きです、良い仕事していますんで。「Set It Off」はあのSwizz Beatz製作曲、てな訳で冒頭からSwizz Beatzのあの合いの手で始まります。がしかしトラック自体はシンセを駆使したエレクトロバンギンではなく、ハンドクラップとホイッスルをあしらったのみのシンプルな(地味な)仕上がりでちょっと物足らないかな。「Don't Keep Me Waiting(Come Back Soon)」は再びChad Hamilton製作曲、ちょっと懐かしい感じのR&B調トラックもキラキラしていて素敵ながら、ゲストにあの112が歌声を添えているのがまたグッド、どうしてもSlimの声が強く聴こえますが。西な香りのするポワワンなシンセ使いの「Tonight」、ゲストにDaz Dillingerが参加しているので納得。「Don't Stop(YG Party)」もChad Hamilton製作曲、これもまたYoung Gunzらしい落ち着かないカンカントラックで盛り上がるには最適かなと。「Same Sh** Different Day」はBangladeshなる人物が製作を担当、このトラックがなんとも歪んだ音でダークに彩られていて面白い、Jay-Zなんかがこのトラックでラップしたら凄い強烈なんじゃないかなぁ(希望)。「Grown Man Pt.2」は本作の要注目曲、あのKanye Westが製作を担当し、ゲストにはそのKanye WestとJohn Legendが参加しているんです(豪華)。Lamont Dozier「Tear Down The Walls」をサンプリングした流麗で煌びやかなトラックにYoung GunzよりKanye Westのラップがガチッと嵌る(当然)、John Legendの歌フックも気持ち良過ぎるぐらいに乗ってる。「Beef」は再びSwizz Beatzが製作を担当、タイトル通りにシリアスなトラックで深々と鳴るピアノフレーズも印象的、途中で挟まるSwizz Beatz掛け声とファルセット歌声もイイ感じ。「It's The Life」「The Way It Goes」は共にChad Hamilton製作であのPooda Brownがゲスト参加、後者はCon Funk Shun「Love's Train」をサンプリングしたキュートなトラックでかなり僕の壺で御座います。懐かしさ香るキラキラ系のBoola製作曲「What We Gotta Do」も素敵だし、最後にMemphis Bleekを味方に疾走するChad Hamilton製作曲「We Still Here」もなかなかです。

う~ん、まぁ水準の出来栄え、インパクトは無かったですよねぇ(残念)。Chad Hamiltonの腕は確かだと思うけど、もっと多くのプロデューサーに曲を提供してもらっても面白かったかも。前作はデビューだったし多くのゲストが援護射撃していてもっと強力だった、今回はちょっと物足らない印象が残ったかなぁと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment