RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Marques Houston「Naked」
naked-merques.jpg

セクシー路線が売りのマッチョシンガー、Marques Houstonの通算二作目となる『Naked』を御紹介。僕はMarques Houstonも好きなシンガーの一人、やはり歌って踊れるシンガーが好みの様です。そしてMarques Houston(以降はMHと省略)は普通に歌もかなり上手い、甘い歌からアッパーな歌まで軽く乗りこなしてみせますからね(最高)。この憂いを帯びたシックなジャケットからして自信たっぷりで素敵、ボーイズグループIMxから大人の男性への見事な脱却を明確にした一枚でもあります。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずはThe Wispers「Living Together In Sin」を差プリングしたナイスな早回し系のソウルフル曲「All Because Of You」で軽やかに幕開け、製作はMHやB2KやOmarion作品では御馴染みのTha Corna Boysが担当、客演参加のYoung Romeのラップもなかなか渋くてナイスな援護射撃で御座います。続くトロ~リと甘~く艶っぽい「Sex Wit You」はThe Underdogs製作(ソングライトにはAntonio Dixon)という事で間違いない仕上がり(名人)、ゆったりと流れる流麗なトラックは美しくも煌びやかで、MHの程よく高く飲み込む様な歌声が昇天モノの心地良さでグッド。「Mirriage」はRufas BlaqとArk Angelが共同で製作を担当、爪弾く乾いたギターに絡むキラキラした音と、MHの多重加工されたフックがソフトクールで聴いててウットリしてしまいます。「12 O'Clock」ではもはや盟友ともいえるJoe Buddenが援護射撃に回っています(最強)、Cory BoldとMHとChris Stokesが製作した赤ん坊の泣き声が絡むドカドカなトラックに、Joe Buddenの特徴のあるラップが火を吹くナイスなアッパー。そして本作の最重要曲が素っ裸のMHのPVも話題(?)となった「Naked」、製作はThe Underdogsが担当。こもって響き渡るような繊細で官能的な美曲に、MHの吐息混じりの細いファルセットが首筋やら背筋を撫でて、思わず溜息が漏れるセクシー過ぎる一曲(悩殺)。恋人とのベッドタイムに流れたらそれこそ愛が深まりそうなネットリ濡れる一曲、男の僕でも溶けて無くなりそうです。Lamont LassiterとMHが共同制作の「Do You Mind」も線の細いトラックにポヨン音が響いて弾けるドリーミーな一曲。Rufas BlaqとArk Angel製作の「Cheat」もスーッと広がる清涼なトラックに、どこかMichael JacksonっぽいMJの歌唱スタイルが完璧にキマっている一曲で僕は好き。「I Wasn't Ready」は再びTha Corna Boysが製作を担当したパーカッションと哀愁の漂うソウルフルなトラックがHip Hop風味な一曲、ここではRufas Blaqがなかなか渋~いラップを披露しています。華やかな電子音に電子加工されたボイスが合いの手になっている「Something Else」は完全にThe Neptunesを意識した一曲、ですが製作はChris "RawDog" DensonとMHとChris Stokesが製作。口音も織り交ぜた軽快で癖のあるハイセンスなシンセトラックは最高の出来で、MHの突き抜ける様な光線ファルセットもMichael Jacksonばりにキマッてて(絶対に意識している)、僕の中ではかなりお気に入りの一曲。Cory BoldとMHが共同制作の「I Like It」はScott Storch顔負けのドコドコ鳴らす秘境民族トラック、RaRaとDameなる二人の呪文みたいなスパイスフックもかなり効いています。最後を締め括る「Everything」はTiger Da Beat Bangaなる人物が製作、MHの聴かせるフックがなんとも切なくエモーショナルで温もりを感じるナイスミッドになっています(惚)。

う~ん極上の一枚に仕上がっています、R&B好きにはかなりお薦め、特に女の子は好きな事請け合いですね(鉄板)。捨て曲は一切無しですし、アッパー:スローの割合が2:8って感じで、それがまた絶妙で素晴らしい、どちらかというとMarques Houstonは官能的なスローがお似合いだと思いますし。恋人とまったり過ごす時間に聴けば、ムードも高まってきっと素敵な時間を過ごせる一枚。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment