RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Speech「Peechy」
speech-peechy.jpg

Arrested Developmentのリーダー(?)Speechの通算五作目となる『Peechy』を御紹介。Arrested Developmentのアルバムは一枚しか持っていないんですが、それでも僕は覚えています、Hip Hopに興味を持ち始めた頃に、地元のCD屋の試聴機で聴いたArrested Developmentの一枚をカッコイイと感じた事を。それからSpeechには目をつけていて、本作もしれっと購入していた一枚で御座います。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まず最初に述べておきたいのは、Speechの曲はどれもが耳馴染みが良くて、それでいてメッセージ性に富んでいて、すごく愛しやすいHip Hopを体現していると思います(可愛)。ギャングスタなHip Hopが主流の現代ではかなり希少な存在かと思いますが、それでもとてもHip Hopしているのが素敵。ちなみに全曲をSpeechが製作、当然ではありますが念のために書いておきます。まずは完璧にHip HopなノリでTalib Kweliっぽい「Move」、これは危険なゲットーから脱出しようとラップするSpeech、ぶっといビートがゴツゴツしていてカッコイイ。これまたダークめのビートにスクラッチが絡んだりエレキギターが絡むHip Hopしてる「Dang Diggy Dang」、途中の“だんでぃぎだんでぃだんでぃだんでぃぎ♪”を一緒に口ずさむ事必至。キュルキュル鳴るスクラッチに、べったりとしたメロウな曲調が優しくドリーミーな「Can't Peep This」、Speechのリラックスした流すようなラップがまた心地良い。爽やかな風が吹き抜ける南国風味な「Sorry」はその疾走感も素晴らしい、Funktelligenceより参加した女性シンガーMelloの深みとコクのある歌声がなんともゴスペルチックな響きで素敵なスパイスになってます。「All Good Things」ではNichaなる女性シンガーが参加、どことなくEarth, Wind & Fireを彷彿とさせるトラックと、最後に登場するNichaの凛とした涼しげな歌声が綺麗で素敵。Speechの亡き兄に捧げたゴスペル×ブルース調の「Gone Away」は切ない、フックでのSpeechのソウルフルで熱い歌声がとても魅力的でとても上手。再びMelloに加えJaxとIX Livesが参加したドロっとしたビートが泥臭くも不思議な魅力を放つ「Blue And Yellow」は、やはりMelloの歌声でかなり質が高くなっています。Speech流のHip Hopの真骨頂ともいえる単純に音を楽しめば良い「Have Fun」、ベンベンと低く鳴るベース弦に常夏を思わせる柔らかなギターメロディが爽快で陽気で、それでいてきちんと王道Hip Hopしている辺りがとっても器用で素敵。またまたMelloのソウルフルでファンキーな歌声が渋くてカッコイイ「Satisfied」、どことなくWyclef Jeanっぽいトラックも御愛嬌。「Nothing Wrong With This」はもう完全にSpeechが気持ち良さそうに歌ってしまっている(そしてとても上手い)歌モノ曲、爽快で清涼なメロディに乗せて“夜が更ける前にもっと君の事を知りたいんだ♪”と歌う人類愛を歌ったピースフルな一曲に思わず笑顔。この曲の続編ともいえる「Love」も、音数少ないオルガンチックな温かいピアノ旋律の曲に、Speechが吐息にも似た甘~い歌声で“そしていつまでも恋をしていたい♪”と歌うラヴソング(惚)。EsheとRasa Donを客演に招いた「Super Beetle」も、爪弾くギターに疾走感溢れるSpeechの歌うようなラップが気持ち良い青空の似合う一曲。国内盤にはこれらに加えて、フォーキーな「It's A Challenge For Me」とSpeechの演説が後ろで聴こえる「Brought To You Buy...(Music And Life)」の二曲を収録。

うん、ものすごく聴き易くてキャッチーでノリ易い一枚で、Hip Hop初心者でも安心して楽しめる一枚で御座います。最近のBlack Eyed Peasが好きな方々ならすんなり聴ける一枚だと思います、Speechはラップも出来るし歌もなかなか上手くて、そういう意味でかなりwill.i.amとも似ていると思います、いや全然違うんですがね。この夏のドライブBGMを探している方には打ってつけ、これは良いですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment