RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

3LW「A Girl Can Mack」
3lw-agcmcov.jpg

Naturi Naughton、Adrienne Bailon、Kiely Williamsの三人から構成される3LWの通算二作目となる『A Girl Can Mack』を御紹介。とは言いましてもいざこざがあって本作を機にNaturi Naughtonは脱退、つまりこの作品が3LWオリジナルメンバーでの最後なんですよ(悲)。ちなみに3LWというのは、“3 Little Women”の略なのだそうです。
それでは気になる内容の方なんですが……そういった脱退劇の前に製作されたというのもあって内容に不安があったんですが、これがかなり気合の入った内容なんで安心してください。まずはあのMario "Yellow Man" WinansとSean "P.Diddy" Combsが共同で製作したセクシーな歌声に一撃悩殺される「I Do(Wanna Get Close To You)」で幕開け、これがジャキジャキと尖ったビートが相変わらずカッコイイBad Boyサウンドで大満足、そのうえLoonが登場してまろやかで余裕たっぷりなラップが冴えていて素晴らしい。続く「Neva Get Enuf」はAnthony PresidentとBrainaz Dimiloが共同で製作、客演にあの爬虫類声のLil Wayneが参加した豪華曲。キラキラ煌めきながらもスムージーでとろけそうなメロディが甘くてオシャレな夜会系のトラックが素敵(惚)、ここで聴くLil Wayneのラップも今ほどヘロヘロでなくて良い具合に甘口でスマートで実力を感じます(この頃ぐらいのヘロヘロ具合が丁度良いかも)。Full Fource製作の爪弾くギターをデジタライズしたガッチガチの電子曲がタイトでカッコイイ「I Need That(I Want That)」は、Lil' Kimを客演に迎える事でより強力で迫力のある仕上がりになっています、完全にLil' Kimが3LWの三人を喰っています(最強)。「Ain't No Maybe」はLil Steve製作のぽわわんスロー、ゆったりまったりの曲で吐息にも近い三人の歌声に胸がキュンとなります。Steve Estiverne製作の上下するビートに思わず頭が動くゲットー恋物語「Ghetto Love & Heartbreak」、Smash CentralとTravon Potts製作(ソングライティングにMontell Jordan)でどこかゴスペルライクな官能的な美曲「Good Good Girl」はとにかく綺麗で悩ましい(溜息)。John "Jayd" Daniels製作のシンセ光線が交錯して眩しい近未来ダンス曲「Put Em Up」では、Naughty By NatureのTreachがラップで援護射撃。「This Goes Out」はRob Fusari製作の一曲、Rockテイストな音使いとアジアンなメロディ、途中で挟まる口音なんかが癖になるエロっちい「Leave Wit You(I Think I Wanna)」はBeau Dozier製作。同じくBeau Dozier製作とは思えないほど綺麗で繊細なメロディがなんとも深みのある四角関係を歌った「Crazy」、爪弾くギターに時計の針音みたいなチクタク音が聴こえるJon-John Robinson製作の愛の難しさを歌う美曲「Funny」、同じくJon-John Robinson製作でギターの旋律が寂しげでとても切ない気分になる失恋曲「One More Time」と、どれもが3LWのハーモニーの活きたナイスな楽曲ばかりで御座います。あと残るは国内盤のみのボーナス曲、ToneとLGが共同製作の昔ながらのフィーリングでヘイホーする「Be Like That」、Beau DozierとJason Edmondsが共同制作の溜めの効いたフックにどろどろと恋に堕ちてゆく感触を覚える「More Than Friends」、あの88 Keysが製作(ViolinはMiri Ben Ari)の独特のファンク&グルーヴがTLCっぽさを感じる「High Fashion」と、どれもナイスな楽曲ばかり。

いやはや驚きました、かなり秀逸な一枚で満腹で御座います(拍手)。まずは援護射撃を撃ったMCがどなたも僕の好きな方ばかりで、それだけでもう高得点でした(単純)。3LW三人の歌声もすごく綺麗にまとまっていて、それでいて個性的で、この三人が離れ離れになったのは誠に残念です(涙)。とにかくカッコイイ一枚ですのでお薦め、ルックスも良いし本当に惜しい逸材です(太鼓判)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment