RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Truth Hurts「Ready Now」
truth-ready.jpg

知る人ぞ知る実力派シンガーTruth Hurtsの通算二作目『Ready Now』を御紹介。前作『Truthfully Speaking』はあのDr.Dre率いるAftermath Entertainmentからリリースされ、続く本作はなんとあのRaphael Saadiq率いるPookie Entertainmentからのリリース、この経歴から見てもどれだけの実力を持っているかが分かります。前作のジャケットはちょっと頂けなかったけれど、本作のジャケットは綺麗で素敵です。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずは僕の大好きなProducer(でありシンガー)のRaphael Saadiqが製作(Co製作をKelvin Wooten)を担当した「Knock Knock」で幕開け、アコースティックギターの旋律にドカドカと鳴るビートが、どろっとした感触でTruth Hurtsの深みのある歌声を魅力的に響かせている一曲。こういう近代的ながらもどこか泥臭くもディープなソウル曲を作れるのはRaphael Saadiqならではの醍醐味、途中で挟まる弦楽器音の旋律も素敵です。続く「Ready Now」はKelvin Wooten製作(Co製作をRaphael Saadiq)で、アンドロイド声がちょっと響きそこに振動する電子音がビーンと響くクールなコスモチック曲。この曲はそういう電子音のヒンヤリ感だけでなく、そこにピアノ旋律なんかも乗せていてそれが美しい、Truth Hurtsの歌声も煌びやかで美しく清廉としていて素晴らしい(惚)。Alonzo Jackson製作(Co製作をJoseph Herns)の「Ride」は、インドっぽい音楽に低く鳴る象の足音みたいなホーンが絶妙に効いたHip Hop趣向の一曲で面白い。「Love U Better」は西海岸の大御所Battlecatが製作を担当、ゆったりとまどろむ艶やかなトラックに、次第に気持ちが酔い沈んでゆく不思議な魅力が漂う色香曲で美しい(溜息)。この曲はとにかく吐息混じりの美しさで、Truth Hurtsの綺麗に揺らめく歌声がなんとも幻想的。再びAlonzo Jackson製作の「Catch 22」は、昔ながらのソウルマナーを踏襲した深みと渋みのあるスロー曲で燻し銀、Truth Hurtsの溜めの効いた歌声が深々と心に沁みる良い曲。Alonzo Jacksonは続く「Phone Sex」も製作、ここでもアラビアンテイスト満開のユラユラ曲を提供していて、これは完璧にTimbalandが好んで作りそうな一曲。「Whatchu Sayin'」は僕個人としてはかなり注目の一曲、あのLoonを客演に招いた一曲で、製作はBrian "B Dub" Wilsonが担当。これも完璧にインド民謡のような舞踊トラックで二番煎じみたいな気もするんですが、そこはLoonのあのまったりとして撫でるようなラップがガツガツと攻めていて凄く格好良くなっています(絶妙)。「Lifetime」は再びRaphael Saadiqが製作を担当、指スナップに流麗で穏やかな温もり感じるメロディはやはりSaadiq節、Truth Hurtsの歌声も優美で気持ち良さそうですごく爽やかなんです(心地良)。極上のソウル曲にとにかく気持ち良くなります、晴れた日の朝に流れる雲を見ながら聴きたい一曲(この曲ではRaphael Saadiqの歌声もかなり聴けて、そこも嬉しい魅力のひとつ)。「Can't Be Mad」はAlonzo Jackson製作、幾重に重ねられたTruth Hurtsの歌声がとても綺麗で耳に残る一曲。最後を飾る「U」は再びBrian "B Dub" Wilsonが製作を担当、7分にも及ぶこの曲はとにかくエモーショナルで煌びやかで心地が良い、Truth Hurtsの愛情に満ち溢れた慈しみ深い歌声がすごく綺麗で、聴いていてとにかく心が躍るし磨かれてゆく気持ちがします(溺愛)。

とにかく素晴らしい一枚です、皆様には絶対に聴いて頂きたい一枚で御座います(激薦)。Raphael Saadiqが関与しただけあって、懐かしい感触もありながら煌びやかで流麗なメロディが温かい、極上のソウルアルバムに仕上がっています(素敵)。途中のアジアンテイスト曲の流れはちょっと多過ぎる気もしますが、それもTruth Hurtsの魅力ではあると思いますし、兎に角良~い一枚に仕上がっていますよ(太鼓判)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment