RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jadakiss「Kiss Of Death」
jkodc.jpg


“ひゃっはーーッ”の奇声で御馴染みのJadakiss通算二作目『Kiss Of Death』を御紹介。The Loxのフロントマンとして活躍し、ソロでも様々なアーティストの客演をこなしているなかなか名人なMCの一人。地元New Yorkでは根強い人気を誇っており、僕もJadakissのあの独特な声に魅了されている人間の一人であります(告白)。
それでは曲目をさらりと触っていきますと……まずは例の御馴染みの奇声で元気よく幕を開ける「What You So Mad At」はBlack Key製作曲、ハンドクラップを配した聴きやすくも疾走感のあるトラック。続く「Shine」では西よりSnoop DoggとDJ Quickが客演参加、Jelly Roll製作の程よくレイドバックしたウェッサイなトラックに絡むSnoop Doggがやはり神憑りな存在感で圧倒されます。Ruff Ryders所属のNeo.comなる人物が製作を担当した「Bring You Down」、隙間を活かしたトラックも良いしJadakissの歌フックも微笑ましい(笑)。Scott Storchがお得意の緊迫感溢れるシリアストラックを提供した「Time's Up」ではNate Doggが歌声貸与、彼の下手ウマな歌声が恐ろしく素敵なアクセントになっていてグッドです。Mobb Deepの片割れHavocが製作を担当したヒット曲「Why」はGong Courtsy「Mandrake」をサンプリング、HavocらしからぬキラキラなトラックにAnthony Hamiltonの温もりある歌声が絡む秀逸曲。しかしながら詩の内容はJadakissならではのシリアスさで、彼の実力も証明した代表曲とも言えるのではないでしょうか。再びScott Storchが製作を担当した「U Make Me Wanna」では歌姫Mariah Careyが参加、彼女特有の囁くような妖艶ヴォイスでその魅力を30点は上乗せされている一曲、この頃のScott Storchは冴えていたよなぁ(回想)。「Hot Sauce To Go」はThe Neptunesが製作を担当、加えてPharrellが歌フックを担当。The Neptunesらしいクールなパーカッシヴに吐息をアクセントにした一曲、これはもうPharrellのあの細いファルセット無くしては完成されないトラックで御座います、一発で僕の耳を鷲掴みします(笑)。「Real Hip Hop」はRuff Rhydersの頭脳であるSwizz Beatzが製作を担当、援護射撃にJadakiss率いるD-BlockよりSheekが参加。同じくD-BlockよりStyles Pが参加したロキッシュな一曲「Shoot Outs」、二人の息の合った掛け合いが楽しめます。「Still Feel Me」はMobb Deep作品でも御馴染みのAlchemistが製作を担当、キラキラぽわわんなこの雰囲気は彼の技術師ぶりが伺えます。Baby GrandがCreative Source「I'd Find You Anywhere」を下敷きに製作した「By Your Side」、こういうメロウ系もキッチリと処理できていて僕は大好き。「Gettin' It In」はKanye Westが製作&ゲスト参加、早回し使いではないながらもきちんとKanye West風味なトラックで素敵です。「Welcome To D-Block」はタイトル通りD-Block全員が参加していまして、制作をEminemが担当、ゲスト参加もしています。この銃声響く冷たいシリアスダークなEminemトラックがJadakissに完全融合で驚く程の攻撃力を発揮しています。「Kiss Of Death」はRed Spydaが製作を担当、最後を締め括る歌モノ「I'm Going Back」はBlack Keyが製作を担当、サンプリングにAtlantic Starr「Secret Lovers」を使用しています。

うん、標準以上の出来で満足、Jadakissはやはり好きです。欲を言えばもう少しサンプリングを多用したトラックを沢山してくれても良かったし、Swizz Beatz製作曲があと二曲ほどあれば大満足だったかもしれません。これからも沢山の客演であちこちでJadakissの、あの奇声を聴き続けたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment