RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Romeo Must Die」
romeo-moviecov.jpg

Jet LiとAaliyahが主演を務めたアクション映画『Romeo Must Die』のサントラ盤『Romeo Must Die』を御紹介。僕はどうもJet Liにそんな魅力を感じてないので、この映画は観たけれどかなりうろ覚えで、印象には残っていません(辛口)。この映画を観た理由も綺麗な歌姫Aaliyahが出演していたからで、殆ど彼女を観ていた感じです。
そんなAaliyahの楽曲も収録されているという事で購入した本作……まずはそのAaliyahのヒット曲「Try Again」で幕開け、製作は御存知Timbalandが担当。Timbaland得意の口音を無尽に繋げたダークで耳にこびり付くビートがかなり病みつき。そこにAaliyahの透き通るように可憐で美しい歌声が鮮やかに融合する感じがたまらなく魅力的、Aaliyahの歌声はその顔立ちに似てとても端麗で凛々しいから好き。続く「Come Back In One Piece」ではAaliyahとDMXが共演、製作はLittle RobとIrv Gottiが共同で製作(ソングライトにはSean GarrettとStatic Majorが関与)。ぐにゃぐにゃした電子ビートはちょっと砕けた感じですが、そこにDMXの咆哮ラップが噛み付き回すので迫力は抜群、Aaliyahのスーッと伸びる鮮やかな歌声がそこに涼しさを絡ませてて良い。「Rose In A Concrete World(J Dub Remix)」はJoe曲のRemix、製作はつまりJ Dubです。Joeの紳士的で優美な歌声にちょっぴり暗黒チックなトラックを配した一曲。「Rollin' Raw」はBGが参戦、製作は勿論Mannie Freshが担当。顔があんなに厳つい割にヘロヘロっぽいフロウをかますBG、Lil WayneといいBirdmanといい皆スタイルが少し似ています。僕個人としてはかなりお気に入りなのがTimbaland & Magooが登場する「We At Again」、製作は勿論Timbalandで御座います(ソングライトにはSean GarrettとStatic Major)。ビートを小刻みに奮い立たせながら行進する、どこか泥臭さも感じる打楽器トラックは流石はTimbaland趣味、TimbalandのTwistaばりの早口ラップもカッコイイし、Magooのあの相変わらずの鼻声粘着質なラップも耳にこびり付きます。「Are You Feelin' Me?」は再びAaliyahの楽曲で、製作はTimbalandが担当。人の声で“んーんーんーんー♪”と喉を鳴らして取るリズムがやはり中毒性高くて(途中で入るTimbalandの口音もかなり中毒性高し)、感情を水のように薄めたようなAaliyahの無機質な歌声がこういう奇天烈トラックにはバッチリ合うんです(似合)。「Perfect Man」はDestiny's Childで既出曲、製作はRaptureとEric Seatsが共同で製作、これもどこかヒンヤリと冷たい浮遊感抜群の一曲で、Destiny's Childのハーモニーも堪能できる一曲。「Simply Irresistible」はTimbalandお抱えのシンガーだったGinuwineが登場、Timbaland製作(Co製作をBryan Kidd)のどこかネジを外したオーケストラの様な不思議なトラックで、Ginuwineの高音ボイスが響きます。「I Don't Wanna」はまたAaliyahで、製作はDonnie Scantz(Jazze Phaも関与)が担当。爪弾くギター旋律に、Aaliyahの吐息交じりの優しく指先で触れるような歌声がなんともゾクゾクと感じる官能的な美曲。「Somebody Gonna Die Tonight」はDave BingなるMCとLil' Moが共演、Lil' Moの青臭い歌声が聴けるのがお薦め。「Woozy」はSmoke E. DiggleraとDigital Black、それから先日亡くなったStatic Majorの三人で構成されるPlayaが登場、プイ~~ンと鳴る電子音に彼らの多重コーラスが濃厚に響く麻薬曲。元BlackstreetのDave Holisterが骨太な声で渋く響かせる電子曲「Pump The Brakes」はRaptureとEric Seatsが共同制作、こういう電子曲もDave Holisterが歌うと重量感があってどっしりしています。「This Is A Test」は美女Chante Mooreが登場、RaptureとEric Seats製作のベース弦弾くトラックがベヨンベヨンと波打つトラックに、Chante Mooreの色香漂うボーカルが揺れるナイスな一曲になっています。

様々な楽曲が集結というよりは、結構似たり寄ったりな楽曲が多いのでそこは途中でちょっと飽きるかもです(辛口)。でも普通にゲスト陣は豪華ですし、なによりもAaliyahの歌声が聴けるんですから、聴いてけして損はありませんよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment