RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monifah「Moods...Moments」
monifah-moodsmoments.jpg

かく言う僕もよくは知らないMonifahのデビューアルバム『Moods...Moments』を御紹介。何も知らないのに何故購入に至ったかと言いますと、まず僕は黒人シンガーなら大抵興味を持ちます(Raggae以外であれば)。しかもこのアルバム、裏面見るとExective ProducerとしてあのHeavy Dの名前がクレジットされているではありませんか、それはすぐに購入しますよねぇ(単純)。
それでは気になる内容を御紹介致しましょう……まずはそのHeavy Dが製作を担当した「You」で渋くソウルフルに幕開け、サンプリングにはBiz Markie「Make The Music With You Mouth Biz」を使用。これがもう完璧に真っ黒なドロっとしたHip Hopビートで、そこに絡むMonfahのコクのある落ち着いた歌声がねっとりと絡む一曲で、かなりアダルトでカッコイイです(惚)。続く「It's Alright」もHeavy Dが製作を担当、ここでは爪弾くギターに爽やかなメロディと透き通る様なMonifahの歌声がさらさらと流れる美曲を提供、流石にHeavy Dはツボを押さえていますよね(感心)。Heavy D製作(Co製作にKip Collins)の「You Don't Have To Love Me」は吐息混じりのMonifahの歌声に綺麗なトラックが心地良い一曲、この懐かしくもセンチメンタルな曲調が安心して溺れる事ができる一曲。「Nobody's Body」はHeavy Dと、Trackmastersの片割れであるPoke(ここではJean-Claude "Poke" Oliverと表記)が共同で製作を担当。Hip Hop Soulな仕上がり、どことなくRaggaeな空気も感じる一曲。これまたHip Hop Soulなドロリとしたトラックが黒くてギラギラとソウルフルな「Don't Waste My Time」、製作はHeavy DとまたまたTrackmastersの片割れでTone(ここではRed Hot Lover Toneと表記)が共同で製作、Johnnie "Guiter" Watson「Superman Lover」を下敷きにしたトラックは、Monifahの艶やかな色っぽい歌声がしっとりと撫でてくる大人の色香漂う一曲でグッド。情感たっぷりのしっとりと濡れたメロディながらも、どこかヒンヤリとクールな感触を覚えるスペーシーな一曲。最初のホーンの鳴りとポワワンな電子音の鳴りで一気に夢うつつとなる「Lay With You」はHeavy D製作(Co製作をWilliam "Spaceman"Petterson)。囁くようなMonfahの擦れた歌声がスーッと広がってゆく感じがたまらなく心地良くて、所々青臭い歌声を聴かせるMonifahもまた可愛くて素敵です。「I Miss You(Come Back Home)」はHeavy D製作(Co製作をKid Collins)、ラップにMcGruffとHeavy Dが参加した完璧Hip Hop曲で、ぶっといドカドカビートにMonifahの凛とした歌声が涼しげでカッコイイ一曲。「All I Want」はAlfred AntonineとAndre Evansが共同で製作、これもまたデジタルボイスがちょっこと入るダークなビートが少し重たく(またそれが良い)乗っかる渋い一曲。「You've Got My Heart」はVincent "V.H." HerbertとRheji Burrellが共同で製作を担当、爽快で光の降り注ぐ昇天曲を提供していてとにかく聴いていて気持ちが良い(最高)。「Everything You Do」はTrackmastersのPokeが単独で製作を担当、ここではIsaac Hayes「Someone Who Will Take The Place Of You」を下敷きにしたちょっぴりダークなビートがいかにもらしい。「Jesus Is Love」はHeavy D製作(Co製作をDave CintronとBill Esses)の、Lionel Richieが所属していたCommodoresの同名曲のカバー。少年合唱団を客演に招いたなんとも美しく清らかで神々しい一曲で、もう聴いているだけでキラキラと心が輝き洗われる一曲で、Monifahの気持ち良さそうな伸びやかな歌声も素敵です。最後に収録されている「I Miss Yoy(Come Back Home) Remix」ではN.Y.出身のベテランMCのAZが客演で参加、Heavy D製作(ソングライトではFaith Evansが関与)のこのRemixではWar「Slippin' Into Darkness」を下敷きに使用、殺伐としたトラックに絡むAZのラップが燻し銀でカッコイイ。

そんなに知らずに購入したので、結構満足しました。Heavy Dがその手腕を存分に揮っていてそれが吉と出ていました、こういう空気感はHip Hop畑にいるHeavy Dでないと出せなかったと思います。あと若かりし頃のTrackmastersの二人も頑張っているのも聴き所、どこかしらで見つけたら購入してみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment