RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Babyface「For The Cool In You」
babyface-fciycov.jpg

曲を書いても良し、歌っても良しのシンガーソングライターBabyfaceの通算四作目となる『For The Cool In You』を御紹介。世間様ではBabyfaceというとちょっと軟弱なイメージがあるような気がするのですが(個人的見解)、僕はBabyfaceのソフトな歌声は結構好きなんですよね。分かり易い程のバラードも単純な僕には本当に耳触りが良くて、絶対にしんみり聴いてしまいます。
それでは本作の内容を簡単に御紹介……当然ですがBabyfaceが全曲の製作を担当していますので、それはもうBabyface節が炸裂の一枚となっております。まずはホーンの鳴りにちょっぴり跳ねたキーボードが軽やかな表題曲「For The Cool In You」ではDaryl Simonsも製作に関与、最近では聴かない90年代なグルーヴが懐かしいです。何回も重ねて繰り返すフックが清涼で気持ちの良い「Lady, Lady」、L.A. ReidにDaryl Simmonsが製作に関与した「Rock Bottom」は低く鳴るビートが効いたHip Hop風味のR&Bでこれも懐かしい感触、同じくL.A. ReidにDaryl Simmonsが製作に関与した「Saturday」も軽く跳ねるビートに時折裏返るBabyfaceの歌声が心地良くて夜の風を浴びたくなる、浮気を疑われる男の心情を歌った悲しく沈んだ曲がしっとり泣いている「Illutions」、Babyfaceが歌声でビートを取るちょっぴりアッパーなL.A. ReidとDaryl Simmons関与の「I'll Always Love You」、ここら辺は良い意味で90年代R&Bを思い出すちょっぴりアップなナンバーで聴いていて懐かしい気持ちになります。そしてBabyfaceの真骨頂はやはりスローバラード、ここからはそんなバラード群を御紹介。“もう君には嘘をついたりしないよ♪”と歌う「Never Keeping Secrets」からしてもう素晴らしい(鳥肌)、BabyfaceがBoyz II Menなんかに提供しそうなメロディで、優しいメロディからフックでのあの感情が昂ぶる歌声&メロディが素敵過ぎます。Babyfaceってずっと優しく柔らかく歌い上げる印象があるかもしれませんが、時々と声を荒げて張り上げて叫ぶように歌声を出す時があって、これがもうたまらなく胸を打たれるんです。世間の壁に破れた恋を歌う「And Our Feelings」、爪弾くアコースティックギターの音色に寂しさが募る失恋曲「When Can I See You」、レディの扱い方を熟知しているBabyfaceならではの紳士曲「A Bit Old-Fashioned」なんかも綺麗でロマンチックでかなり素敵(惚)、“君は限りなく美しい♪”の歌い出しで始まる純粋な女性賛歌「You Are So Beautiful」なんかはそのままBoyz II Menにアカペラで歌って欲しい、最後を飾る「Well Alright」は恋に落ちる瞬間を歌ったハピネスなメロディに心が躍る一曲でキュート。

良い意味でBabyfaceらしさが滲んでいて素敵な一枚、ちょっとくさいかなと思われるような台詞も、このメロディとこの声で言われたら溶けちゃいますよね(惚)。こういう事をさらりと言える気障な男になってみたいものです(笑)、彼女とのデート中に流れていたら最適なのがBabyfaceの曲、ちょっとアッパー気味なのも多いですが、その時は「Never Keeping Secrets」を繰り返しかけておけばまず間違いないですよね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment