RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

RL「RL:.ements」
rl-rlements.jpg

実力派ボーカルグループNextに所属していたRLのソロデビューアルバム『RL:.ements』を御紹介。Next良いんですよねぇ、今でも時々聴くんですけどかなり良い曲ばかりで、また復活してくれないかなと切望している次第です。RLはそんなNextから刺客なんですから、それはもうかなりの強者であるに決まっています、作品のクオリティの高さも自ずと高い事が伝わってきます。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずは鴎の鳴き声と波や風の音で一気に感情を揺さぶられる「Elements」、製作はWalter "Little Walt" Millsap IIIが担当。RLの渋い声が曲の終盤では、もう今にも泣き出しそうでそれだけで聴いてて切なくなります(涙)。「Got Me A Model」はJermaine Dupri製作(Co製作をBryan-Michael Cox)で、Erick Sermonが客演で参加、Erick Sermonが製作せずにラップだけというのも意外だけど、きちんと味が出ていて(いつも思うけどRedmanと声がちょっと似ている)良いです。ギター弦の音とそのメロディが少しスパイシーなトラックも素晴らしいし、セクシーな歌声を貸すLaTocha Scottも素晴らしいです。「Whatcha Wanna Do」はWalter "Little Walt" Millsap III製作、跳ねながらも流麗なメロディと“しぇいき♪しぇいき♪”のフックが耳に残る一曲。「Ghetto」はHip Hop畑では御馴染みのRick Rockが製作を担当、客演にはShaheed "The Poster Boy"なる人物が参加。ハンドクラップに宇宙船みたいな電子音とキーボード鍵盤を叩く音がぶっ飛んでいる一曲で、これでBusta Rhymesが援護射撃なら最強でした。ピアノの旋律に爪弾くアコースティックギターの音色がなんとも可憐で美しい「Good Man」はThe Underdogs製作、聴いているうちに心が洗われて綺麗に透き通るあまりに美しい美曲で、RLの幾重にも重ねられたボーカルが気持ち良過ぎて溜息が漏れるばかり(最高)。「I'll Give You Anything」はTim & Bobが製作を担当、ぽわわんとした音色にこれまた溶ける様なRLの甘い歌声がスーッと伸びる甘美曲にジ~ンと来ます(溜息)。「Tempted/Temtation Island」はWalter "Little Walt" Millsap III製作、「Tempted」はRLの震えるファルセットが深々と体中を響き渡る静寂バラードで、そのまま流れ込む「Temtation Island」も哀愁たっぷりで胸に響きます。爪弾くギター弦の音とRLの語りでもう切なくなる「K.N.O.W.」もWalter "Little Walt" Millsap III製作、RLの深く渋みのある歌声にただただ聴き惚れるばかりの美曲。「Damn!」はSoulshock & Karlinのコンビが製作を担当、ギター弦の音を使いながらもここでは2ステップ調のアッパーチューンで、こういう疾走系でもRLは上手く対処出来ています(当然)。「Luv Led Me 2 U」はTim & Bobが製作、RLの透明感のあるファルセットを重ねた優しいフックにとにかく癒される美曲です。Walter "Little Walt" Millsap III製作の「As Long As U Know」はピアノ伴奏のみのトラックにRLの情熱的で熱い歌声がほとばしるバラードで、これもソウルフルで感情に満ち溢れたある意味男っぽさを感じる一曲で、RLの歌唱力の程を魅せつけた一曲。エレキギターの音で始まる青空系の爽快曲「What I'm Lookin' 4」は、なんとあのChucky Tompsonが製作を担当。最後を締め括る「Do U Wanna Roll」はBattlecat製作でSnoop DoggとLil' Kimが客演参加、トークボックス使いとちょっととぼけたフワフワトラックがなんとも西海岸のノリ、Snoop DoggとLil' Kimという有りそうで無い組み合わせも面白いです。最後にはWalter "Little Walt" Millsap III製作のピアノ伴奏曲「Thank You」が隠しトラックとして収録、語り混じりの一曲でナイスです。

RLが歌上手いので安心して聴けます、最多を手掛けたWalter "Little Walt" Millsap IIIがきちんと良い仕事しているので、アルバムもきちんと芯が通っていてしっかりしています。とにかく美曲でのRLの歌声は格別良いので、そういう美曲を得意とするProducer陣を多めに配置したのが吉と出ています。Next関連作品と合わせて、こちらのRL作品もお薦めで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment