RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Electrik Red「How To Be A Lady : Volume 1」
electrik-red-how-to-be-a-lady.jpg

Binkie、Sarah、Naomi、Lesleyから構成される女性グループ、Electrik Redのデビューアルバム『How To Be A Lady : Volume 1』を御紹介。彼女達はあのThe-Dream主宰のレーベルRadio Killaから誕生したグループという事で、業界が要注目の期待の新人グループで御座います。R&B界としても最近は女性グループ少ないので貴重な存在となり得ます、全員がなかなかの容姿を持っていますしね(大事)。
それでは気になる内容を御紹介しますと……まず大きく書くべきは製作陣についてで、ここは予想通り全曲をTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartの鉄腕タッグが製作しております、この気合の入れ様が凄いですね。まずはThe-Dreamらしい途中でひっくり返る裏声が印象的な「Muah」、ここではキスする時の“んん~あぁ♪”をリフレインさせるというかなり面白い着想に完敗(笑)、これが女性四人でとなると威力増大で結構ツボに嵌りました。ゆったりと上品なメロディ運びにブァァ~と電子音が飛ぶ「So Good」(Sean K.も製作に参加)、ここでもThe-Dreamらしい“そぉぐ~~ぅっ♪そぉぐ~~ぅっ♪”のリフレインが優しく脳内に響き渡るドリーミーな一曲。べコンボコンとしたビートに乗っかってどろ~りと底に堕ちてゆく「Devotion」、吐息混じりのセクシーな歌声が優しく肌を指でなぞるトロトロ曲。ピュイーンと鳴るシンセ音に民族打楽器っぽいボコボコビートが心にすんなり響いてくる不思議な感覚の「Bed Rest」も彼らでないと出せない電子味で凄く良い、途中からどんどん前に出てくるハンドクラップ音も聴き手の感覚を確実に麻痺させてゆく恍惚ドラッグ曲。Electrik Redの歌声を思いきりデジタル加工して遊んだ疾走感抜群のスピード曲「Friend Lover」は製作がL.O.S. Da MystroとThe-Dreamによる共同制作、最近流行りのRemixみたいな流麗クラブエレクトロなんですが、あのぺコンポコンな金属っぽい打楽器音がL.O.S. Mystroらしい仕上がりでグッド。これもまた民族っぽいドカドカビートを背景に妖しく舞う「P Is For Power」もぶっ飛んでます、でもこういうトラックはやはりTimbalandの方が一枚上手かなという気がしました(本家)。底辺を這うようなグドグドなビートに歪んだ電子音が並行走行する「W.F.Y.」、タイトルは“We Fuck You"の略で聴き手を舐めたようなトラックが毒々しくてクールな味わい。「9 To 5」は再びL.O.S. Da MystroとThe-Dreamによる共同制作、これもやはりフワフワと浮かぶような電子ピアノの旋律に、夢の中で遠くから響いて聴こえてくるようなElectrik Redの歌声が心地良いスロー曲。「On Point」はどこかThe Neptunesっぽい電子遊び曲で、そこにThe-Dream直伝のリフレイン歌唱が加わるのでまた違った中毒性が生まれている、平坦なメロディ運びに頭がおかしくなりそうなドラッグ曲。ドロドロなダークビートが完全にサウスマナーな「Drink In My Cup」は、Young Jeezyなんかが援護射撃してたら最強であったろう一曲(惜)。洞窟の中にいるようなエコー感がなんとも悩ましさを増幅させている「Go Shawty」、エレクトロ爆発させながらもどこか泥臭いブルースの匂いがするなんとも面白い「Kill Bill」と、どれもがTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartらしい眩暈を起こしながら夢に彷徨うエレクトロ趣味を思う存分と満喫できる楽曲ばかりとなっています(賛辞)。最後にはあのLil Wayneを援護射撃に迎えた別バージョンの「So Good(Remix)」を収録、トラック自体は全く弄っていないんですが、やはりWeezyがあのヘロへロ声で舐め回すだけでより濃く中毒性の高いドリーミー曲となっています(昇華)。

The-Dream節が好きな方はかなり楽しめる一枚になっています、ただ全曲がTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewart製作なので、僕みたくほどほどに好きなんて方はちょっと途中でダレるかもしれません(笑)。こういうメロディ作りも嫌いではないのですが、やはり王道曲も欲しくなるのが本音、これで一曲だけでも外部のProducer(エレクトロ主義でないProducer)が提供していたら印象違っていたかも。聴いて損はありません、現代のR&Bを楽しみたい方は是非どうぞ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment