RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monica「All Eyez On Me」
monica-allcov.jpg

90年代にデビューし今なお活躍している女性シンガーMonicaの通算作目となる『All Eyez On Me』を御紹介。Monicaはの艶やかで深みのある正統派な美しい歌声を持つ容姿端麗シンガー、僕も大好きなシンガーの一人で御座います(惚)。本作は(理由は忘れたけれど)米国では結局発売されず、ここ日本では無事にリリースされたという一作。ジャケットに写るMonicaはちょっと綺麗さが完璧に出ていない気がしますが(中のアートワークに写るMonicaの方が断然綺麗)、やはりMonica作品だから絶対に購入しなければなりません、日本人で良かった(幸運)。
それでは内容について触れておきますと……まず断っておきますが、海外ではリリースされなかったみたいですが、かなりのハイクオリティで御座います。まず幕開けを飾る「I'm Back」はBryan-Michael Cox製作(Ad製作でJermaine Dupriが参加)、ここではNotorious B.I.G.が「Hypnotize」で使ったのと同ネタのHerb Alpert「Ryse」を使用。あの渋く底辺で響くベース音に絡む、Monicaのなんとも麗しい歌声が最高の化学反応を起こしています。続く「All Eyez On Me」はもう始まりからして興奮モノ、あのMichael Jacksonの名曲「P.Y.T.」の軽やかでカラフルなビートを使ったトラック、製作はRodney "Darkchild" Jerkinsが担当。Monicaも詞の中で“Pretty Young Thang♪”なんて言ってるし、MJの原曲の魅力をそのまま見事に活かした颯爽清涼チューンで本当に素晴らしい、MJ好きなら乗らずにはいられない一曲。「U Should Known」はJermaine Dupri製作(Co製作をBryan-Michael Cox)を担当、爪弾くギター弦の音で寂しく物思いに耽る切ない一曲、詞の内容は刑務所にいる恋人を待つ女性を歌ったもの。再びJermaine Dupri×Bryan-Michael Coxが製作の「Too Hood」はJermaine Dupriがヘナヘナの鼻声ラップで客演参加、R.Kellyがやりそうなちょっぴり異国情緒のあるメロディにドカドカとビートが鳴るHip Hop曲。Soulshock & KarlinのSoulpowerタッグが製作の「I Wrote This Song」は、フックでのMonicaの透明感のある綺麗な歌声がとても魅力的な切ない一曲。「U Deserve」はMonicaといえばのDallas Austinが製作を担当(懐)、ここでは2Pac「Hail Mary」を下敷きにちょっぴりダークな鐘の音の鳴るビートを提供。「Breaks My Heart」は再びSoulshock & Karlinが製作を担当、ピアノ伴奏が美しい神々しく繊細なゴスペルライクな一曲で、これぞSoulshock & Karlin曲だと納得の出来栄えで嬉しい。本当に心が洗われる様な純潔の美曲で、“あなたの彼女でいられて感謝しているの♪”と優しくも感情たっぷりに歌い上げるMonicaの深みのある歌声に癒されます(幸福)。「Ain't Gonna Cry No More」は再びRodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当、次は彼らしいちょっぴり尖ったシンセがカッコ良いクールな一曲に仕上がっています。「If U Were The Girl」はJermaine Dupriが製作(Co製作をBryan-Michael Cox)、これはもう完全にThe Neptunes流儀の単調に上がり下がりする電子音を連続させてわざとスカスカにしたビート曲で、この頃のトレンドがThe Neptunesだったのだなと感じる一曲。「What Hurts The Most」はまたまたSoulshock & Karlin製作のアコースティックギターがあまりに切なく胸を締めつける一曲で、“別れた恋人に久しぶりに逢ったら、彼には恋人が出来ていて、今になって私はあなたが恋しくてたまらない♪”みたいな歌の内容ももう苦しいくらいに胸を打つ悲しい一曲(涙)。このアコースティックな寂しくも美しいメロディに絡まるMonicaの切なく儚い歌声、もう涙が止まらない事必至の美曲で御座います(涙溺)。「Searchin'」はBryan-Michael Coxが単独で製作を担当、これもMonicaの美しい歌声を存分に堪能できる心の琴線に触れて触れて撫で回す美曲。ここまでが本編の楽曲で、あとはボーナストラック扱いとして二曲が収録されていまして。まずはHip HopなスクラッチビートにガツガツとMonicaの歌声が跳ねてぶつかるタイトな一曲。そして最後を飾るのはソングライトをDiane Warrenが、製作をDavid Fosterが担当したしっとり悲曲「What My Heart Says」を収録。この組み合わせで作られた楽曲がボーナス曲とは、なんとも贅沢で御座います。

素晴らしい一枚でもうお腹一杯(御馳走様)、これが米国でリリースされなかったとはなんとも本ッ当に勿体無いです(可哀想)。Michael Jacksonが亡くなった今だからというのもあって、やはり「All Eyez On Me」は聴いてて純粋に楽しんでしまいますね(愛情)。あとは本作で素晴らしい仕事していたのはSoulshock & Karlinの二人、彼らの鉄腕ぶりを痛感した本作となりました。とにかくMonicaは歌が巧い、それだけで絶対に聴いておかないと損する一枚です(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment