RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Bad Boys II The Soundtrack」
Cover_BadBoys2cov.jpg

Martin LawrenceとWill Smithが主演の大人気映画の続編『Bad Boys II』、そのサントラ盤となる『Bad Boys II The Soundtrack』を御紹介。この俳優二人は(特にWill Smith)大好きなので、『Bad Boys』も『Bad Boys II』もDVDで僕は所持しています(激薦)。その映画のサントラ盤である本作、これがもう涎がダラダラ止まらない超豪華必須盤となっていまして。
持っている方多数でしょうが、それではその内容を御紹介しましょうね……まずは曲ではないんだけれども絶対に聴くべきの「Intro」、Martin LawrenceとWill Smithお約束の歌で、二人の息の合った掛け合いがなんとも絶妙で一気にテンション上がります。そしてそのまま流れ込むThe Neptunes製作の「Show Me Your Soul」、P.DiddyにPharrell WilliamsにLoon、それにLenny Kravitzまでが絡む豪華曲。The Neptunesらしい電子音にパーカッションが絡むスピード感が抜群の常夏曲で、途中で吼えるLenny Kravitzが恐ろしくカッコイイ一曲に痺れる。そして続いてもThe Neptunes製作で“King Of N.Y.”ことJay-Zが撃ち放つ「La-La-La」で更にテンションがMAX、Jay-Z×The Neptunesのヒット曲「Excuse Me Miss」の続編(Remix?)で、The Neptunesらしい奇天烈でシンプルな病み付きビートに、これまたJay-Zらしい少し間を外す様なフロウが冴え渡った麻薬曲に失神します(一撃必殺)。本当にJay-Z×The Neptunesは相性が抜群で、この組み合わせでは想像以上の化学反応が起きます。そして特大ヒットとなった(そしてこれが低迷していたP.Diddy率いるBad Boy Recordsが息を吹き返す契機となった)のが「Shake Ya Tailfeather」、Bad Boy総裁のP.DiddyとNellyとMurphy Leeが合体した一曲。NellyとJayson "Koko" Bridgesが製作したこの調子の良いアゲアゲ曲がもう最高に熱い(途中で鳴るパトカーサイレン音も面白くて最高)、もはやNellyの魅力に150%乗っかった一曲で、この曲で皆が雄叫びを上げながら腰を振ってしまうのは必至の命題で御座います(魔法曲)。「Girl I'm A Bad Boy」はFat JoeにP.Diddyが合体、製作はCool & Dreが担当。Fat Joeの唾吐き畳み掛けるラップは相変わらずの男臭さで良い、しかしそれより良いのがCool & Dreの片割れであるDreの歌フック(興奮)。ジャキジャキなトラックもさることながら、清々しくも爽やかに響き渡るDreの歌声が素敵です(注目)。Sean "P.Diddy" CombsとRyan Leslie、Younglordが製作を担当した「Keep Giving Your Love To Me」は歌姫Beyonceが堂々の登場、エッヂの効いたどこかスパイシーなクール曲に、Beyonceの挑発するような歌声がなんとも綺麗で悩ましい一曲。やはりBad Boyサウンドはカッコイイ、彼らのセンスの良さを痛感させられる(そしてBeyonceの格好良さも)一曲。Red Spyda製作(Co製作をDJ Whoo Kid)の「Realest N*ggas」では、没後もなお人気の伝説人Notorious B.I.G.と現代の人気物ギャング50 Centが夢の共演。ドカドカとキックしながら突進する殺伐としたトラックもカッコ良くて、Biggieのふてぶてしく骨太な唾吐き噛み付くラップは凄まじい存在感、それに全く引けを取らない50 Centの挑発するようなボケたラップが途轍もない相性の良さを示すギャングスタな一曲。Roc-A-Fellaの暴れん坊Freewayが文字通り暴れ回る「Flipside」はJust Blaze製作、痛いほどに弾けて衝突する荒々しい爆弾曲で、そこになりふり構わずラップをぶっ放すFreewayの破壊力は痛快で最高、客演のPeedi Crackも良い味出しているので注目。「Gangsta Sh*t」はThe Hitmen所属のStevie J.が製作を担当し、西の大御所Snoop DoggとBad Boyの実力派Loonが激突。Snoop Doggは相変わらずのあのゆるくもタイトなラップでキッチリ聴かせて魅力たっぷりなんですが、それに負けていないのがLoon、まったりと優しいフロウがなんとも独特でSnoop Doggと対峙しても全く喰われていないから凄い。P.Diddyの有能な右腕として名高いMario Winansと女狐Foxy Brownが合体した「」Pretty Girl Bullsh*tもカッコ良過ぎ、製作は勿論Mario "Yelowman" Winansが担当。Mario Winansのミルキーな歌声に男顔負けの迫力で啖呵を切るFoxy Brownが天晴れ(貫禄)。そして僕が個人的に最も注目&重要だと思うのが、あのJustin Timberlakeが歌う「Love Don't Love Me」、製作はSean "P.Diddy" Combs×Mario "Yelowman" Winansが共同で担当。隙間を空けたビートがなんともセクシーで艶っぽい悩殺曲で、ここではJustin TimberlakeがMichael Jackson流儀の地声とファルセットの多重録音でクールに攻めます(一撃必殺)。これがもうアイドルだった過去は一切削除させる圧倒的なR&B魅力を発揮していて、これだけの布陣の中にいて全く違和感無し、彼も黒いソウルを持っています。Bad Boy一押しのMC、Loonがまったりフロウを的確に撃ち込む「Relax Your Mind」はYounglord製作、単純な電子音の鳴りにビートを叩くシンプルながらも耳に残る一曲。「Didn't Mean」ではなんとあのMary J. Bligeが登場、Sean "P.Diddy" Combs×The Natural製作のこの曲はA Tribe Called Quest「Find A Way」をサンプリング。つまりこれがあの名曲「Love @ 1st Sight」への伏線だったのですね、しかもネタ元もATCQで繋がっていますしね。「Why」は番組企画で誕生した男女&MCシンガー混合のグループDa Bandが登場、うんまぁこれからに期待。「Wanna Be G's」は凶暴タッグM.O.P.とSheritha Lynchが登場、M.O.P.の熱く激しい破壊力抜群のラップがカッコイイっす。

とにかくこれだけの面子の豪華な共演を楽しめるのはサントラ盤ならではですし、老舗Bad Boy Recordsのコネクションの賜物だと思います(流石)。どの曲もシングルカットすれば一気にヒットする事間違いなしなポテンシャルの高さで、一枚にこの濃縮度は半端じゃないです(満腹)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment