RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Love & Life」
mjb-love-lifecov.jpg

“Queen Of Hip Hop/Soul”の称号を欲しいままにしている、正真正銘の女王Mary J. Bligeの通算六作目となる『Love & Life』を御紹介。前作『No More Drama』が大絶賛されたMary J. Blige(以降はMJBと省略表記)、その二年後に本作をドロップ、流石は女王といった貫禄で御座います(天晴)。僕も物凄く好きなMJB、僕の母親も彼女が大好きで御座います(余談)。いつもMJBのジャケットを見て思うのは、彼女は綺麗なのかどうかよく分からないという事です、きっと綺麗なんですよね。
それでは期待大の内容を御紹介しましょう……まず本作の大きなトピックは、殆ど絶縁関係にあったSean "P.Diddy" Combsが再び製作に大きく関与した事(驚)。これは往年のファンには本当に嬉しい事で、これでもう向かう所敵無し状態に完璧に成っています(最高)。まず目を見張るのが幕開けを飾る「Love & Life Intro」、ここではP.DiddyとMJBの電話での会話“心の準備はどうだ?”“私はいつだって心の準備は出来てるわ!”から始まり、そのままKing Of N.Y.ことJay-Zが貫禄あるラップを披露(威風堂々)。女王MJBとP.Diddyの最強タッグの復活の狼煙を上げるJay-Zの滑る様なラップが凄まじくカッコイイ、ここではMJBは一切歌わずJay-Z一人のラップで終わります(最高)。そのまま流れ込む「Don't Go」はSean "P.Diddy" CombsとDeric "D-Dot" Angelettie製作、サンプリングにLou Donaldson「The Long Goodbye」を使用した流麗で悲哀に満ちたレコードチックなトラックで、こういうソウルフル曲は大歓迎。続いてはKanye WestやJust Blazeも真っ青の45回転早回しがキュートな魅力を放つ「When We」、製作はSean "P.Diddy" Combs×Abdy C.×Mechalie Jamisonで、サンプリングにMarvin Gaye「I Want You」を使用した甘い一曲。ここではただ甘いだけでなくMJBの唸る様な熱っぽい歌声が高らかに炸裂する、漲るパワフルさも感じられて素敵です。「Not Today」はあのDr.Dreが製作を担当し、客演にはクールでカッコイイ女性MCのEveが参戦。Dr.Dreらしい音数の少ないちょっぴりダークなビートは存在感たっぷり、途中で登場するEveも相変わらずの格好良さで素敵ですよ(惚)。Sean "P.Diddy" Combs×The Natural製作の「Ooh!」は、Bohannon「Singing This Song For My Mother」を下敷きにしたホーンの鳴りが絶妙なグルーヴ生み出す一曲。Jackson 5「I'll Bet You」をサンプリングした「Let Me Be The 1」はSean "P.Diddy" Combs×Malik Cosby×Cecil Sanchezが製作。しかもここではあの50 Centが援護射撃、あの余裕たっぷりのボケた質感のフロウが耳をくすぐるなんとも渋い一曲。そして必殺のキラーボムとなったのがあのA Tribe Called Questの名曲「Hot Sex」のビートを極上ループさせた「Love @ 1st Sight」(失神寸前)、製作はSean "P.Diddy" Combsとその右腕Mario "Yellow Man" Winansが担当だから納得(最高)。あの渋くも硬いビートが鳴った途端に脳天に衝撃が走りましたよね(鳥肌)、こういうネタセンスってのがBad Boyの面々はずば抜けています(感覚)。しかもここで援護射撃をかますのがあのMethod Manだから凄い(卒倒)、この曲はMethod Man以外では成立していない、Method Manのあのスモーキーなラップも痺れる格好良さでグッド。これぞ“Queen Of Hip Hop/Soul”たる貫禄、MJBの素晴らしさが爆発した新たなクラシック曲です(絶賛)。Atlantic Star「When Love Calls」を下敷きにした爽やかメロウソウル曲「Willing & Waiting」なんかもすっごく好き、MJBの清々しくもクリアな歌声が胸に染み渡るR&Bの醍醐味曲、製作はSean "P.Diddy" Combs×Abdy C.×Mechalie Jamison。続いてはSean "P.Diddy" Combs×Sean "Face" Foote×Majid "Chi" Hasan製作の「Friends」はBarry White「Mellow Mood(Part I)」をサンプリング、悲しみが一面を包み漂う仄暗い旋律のこの曲は、確かにMJB節なのでこういう痛みを伴った曲も必要。「Press On」はSean "P.Diddy" CombsとなんとあのKay Geeが共同で製作を担当、これも渋い旨味がギュッと濃縮されたMJBにしかその魅力を存分に出し切れないアダルトな一曲。「Feel Like Makin' Love」はSean "P.Diddy" Combs×Stevie JのThe Hitmenによる製作曲、ネタ無しでもこれだけ綺麗でしんみりと輪を描きながら体中に届くミッド曲を提供できるんだから本物です(感心)。で僕が「Love @ 1st Sight」の次に好きなのがSean "P.Diddy" Combs×Mario "Yellow Man" Winansで製作された恋人の浮気を歌った別離曲「It's A Wrap」、爪弾くギターの切ない旋律と鼓動にも似たビートを軸にしたシンプルなトラック、そこに絡むMJBのエネルギーのこもった感情揺さぶる熱い歌声がもうたまらなく最高。このSean "P.Diddy" Combs×Mario "Yellow Man" Winansが製作したのがもう一曲「Special Part Of Me」、これがまた月明かりに照らされるような柔らかく艶っぽい濃厚スローで、これもMJBの美しい歌声を堪能できる美曲。爪弾くギターが心の琴線に優しく触れるアコースティック曲、「Ultimate Relationship(A.M.)」もとっても綺麗で聴いててウットリしてしまいます。国内盤にはこれらに加えて、更にボーナストラックを二曲も追加しておりまして。「Happy Endings」はHerb Middeletonが製作を担当、ゴスペルライクなメロディが神々しい「If I Don't Love You This Way」はMJB製作で、全ての楽器をChucky Thompsonが担当しています。

全20曲とかなりのボリュームですが全く途中で飽きる事もなく、きっちり聴かせてくれる女王Mary J. Bligeの拍手喝采で御座います(絶賛)。P.Diddyもかなり気張って製作していて(ここまで全編的に関わるのは最近では珍しい、このリユニオンがそれだけ大きな意味を持っているのですね)、極上ソウルフルなトラックばかりで良かったです。というかもう「Love @ 1st Sight」の一曲の為だけに購入してもお釣りが返ってくる程、この一枚には大きな意義と価値があります(重宝)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment