RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「American Gangster」
JayZ_American_Gangster_Cover.jpg

記念すべき通算十作目となるJay-Zの新作『American Gangster』の御紹介。本当に首を長くして待っていたJay-Zの最新作、毎作を僕の誕生日付近にリリースしてくれるので、これはきっとJay-Zから僕への誕生日プレゼントだろうと思います。もうこのジャケットからして完璧、気合入ってますし、Jay-Zのギラギラしたオーラが滲み出ているではありませんか(畏敬)。もうこの一枚は傑作に違いない、そんな匂いがプンプン、聴く前から手応えアリアリで御座います。
とまぁ前置きはこのぐらいに……まずはJay-Zは登場せずに、Idris Elvaによるギャングスタの定義を語り上げる「Intro」で幕開け。もうここで僕は鳥肌立ちっぱなしでした、遂に始まるんだって感じの荘厳さ、製作はChris Flameなる人物が担当。そこから静かに滑り込む静寂の「Pray」は、Sean "Puffy" CombsことDiddyとLV & Sean Cが担当、Diddyとのタッグはかなり御無沙汰、このタッグが本作の大半を締めるんだから驚きました。Hank Marvin「New Earth」下敷きの張り詰めた空気が流れる不穏なトラック、その上で語られるJay-Zの細かな記憶、そして途中で挟む女性の声はBeyonceで御座います。ピリピリした緊張感が張り詰めるシリアスなトラック、Jay-Zの感情抑えたラップがクール。続く「American Dreamin'」もDiddyとLV & Sean C(Co製作にはMario "Yellow Man" Winans)による製作曲、ここではMarvin Gaye「Soon I'll Been Loving You Again」をサンプリング。これがまた絶妙な味付けでメロウで泣きなソウルフル曲、最高に渋いです。Bigg Dが製作を担当した“はぁぁろぉぉぉぉぉぶるっっっっり~~~ん!”の叫び声が一筋縄でいかない「Hello Brooklyn 2.0」はぶっ飛んでます(狂気)、単調なドカドカチチチチで進み続けるトラック自体もブチ切れてますが、そこにLil Wayneが絡んでいるんで一層濃い仕上がりになっています。Lil Wayneのねっちょりした粘着質なへナ歌フックも最高だし、Brooklynを恋人のように扱ったHovaの詩もキマってますね(痺)。しかし、Lil WayneとJay-ZってBeef関係にあったんではなかったんでしょうか(Lil WayneがJay-ZをDissしていた気が)、でもニュースによるとLil Wayneが“Jay-ZはKingだから引き受けた”ってコメントしてたらしいから、Beef解消かな。タイトル通りにフックの無い、ゆっくりとジリジリ迫り来るようなラップが渋い「No Hook」はDiddyとLV & Sean C製作。Barry White「Love Serenade」をサンプリングに使用、影のあるトラックは地味で、だからこそJay-Zの堂々のラップを堪能できます。シングルカットされたRoc-A-Fella賛歌「Roc Boys(And The Winner Is)...」もDiddyとLV & Sean Cによる製作曲、ここではThe Menahan Street Band「Make The Road By Walking」を下敷きに。ホーンが鳴り響くJay-Zらしいバンド物トラックも士気が上がって格好良いし、Addtional VocalにBeyonce、Cassie、Kanye Westも参加しています(DrumsはMario Winans)。力強く鳴るホーンに硬質なドラムスが絡み、Jay-Zの跳ね回すラップが威風堂々の渋派手曲。Rudy Love & The Love Family「Does Your Mama Know」を下敷きにしたパーカッションにソウルフルなメロディがスタイリッシュに煌めく「Sweet」、製作はDiddyとSean C & LVが担当(Additional VocalsにCassieが参加)。この曲もクールな疾走感があってそこに痺れる、ここでは“Sweet”をJay-Zが独特の発音で言っているのも興味深い。キラキラなシンセが交錯し一気に空気を変える「I Know」は盟友The Neptunesが製作を担当。毎回言いますが僕の大好きなThe Neptunesのメロウ曲でこれもお気に入り、しかもフックでPharrellが歌ってるんで尚更です(好物)。詩の内容も女性を歌ったもので素敵、Jay-Zの詩も読んでると楽しいんすよ。輝くシンセが流麗なメロディとなりJay-Zのラップも華やぐ、黄金色のシャンパン曲にウットリ。「Party Life」はDiddyとSean CとLVが共同制作、Little Beaver「Get Into The Party Life」を下敷きにしたまったりレイドバックしたソウル曲に、Jay-Zのゆっくり歩くようなラップが新しいスタイルのスロー曲。「Ignorant Shit」は、Jay-Z作品にはもはや欠かせない盟友Just Blazeが製作を担当。The Isley Brothers「Between The Sheets」をサンプリングしたしとりとしなやかな夜の風吹く煌びやかさ、援護射撃にBeanie Sigelを迎えていますがこれがまた絶妙な登場と退場で粋な使い方。これまた流麗で美しいTom Brock「The Love We Share Is The Greatest Of Them All」をべったりと下敷きにした「Say Hello」は、最近やたらと仕事の多いDJ Toompが製作を担当。こういうメロウトラックもさらっと作るんだからDJ Toompって引き出しが多い、レコードを回してるかの様な滑らかで懐かしいソウルフル曲で味わい深い。「Success」はあのNo I.D.が製作(Co製はJermaine Dupri)を担当した(Larry Ellis & The Black Hammer「Funky Thing Pt.1」サンプリング)ギラギラと光る熱いトラック、かつての宿敵で今や盟友のNasを援護射撃、ガチャガチャと滑る電子ピアノ鍵盤のうねったメロディ上をクールに駆け抜ける二人、もはや圧巻という言葉意外には思いつきません(失神寸前)。この二人は相性良いと思います、このトラックの出来も素晴らしい、流石は玄人No I.D.。「Fallin'」はひっくり返ってJermaine Dupri製作(Co製作をNo I.D.)が担当、このJay-ZとJermaine Dupriのタッグもかなり御無沙汰で、昔からのファンの僕もかなり興奮します。ここでのJermaine Dupriはいつもの空気を完全に消し、このアルバムの雰囲気をばっちり飲み込んだThe Dramatics「Feel For You」を下敷きにした美しくソウルフルな一曲をプレゼント(最高)。罪の深みに堕ちてゆく様をラップするJay-Zも影があって格好良いんですが、ここで流れる歌声、クレジット見るとBilalになてるから驚きです(鳥肌)。どこか退廃的でドロっとした真っ黒曲に、途中で入るBilalの哀愁たっぷりの歌声、Jay-Zのラップもスマートでカッコイイです。そしてここでやっと先行カットされたシングル「Blue Magic」の登場、製作は御存知The Neptunesが担当しています。The Neptunes十八番の音数を抜いてゆく手法で生まれた硬質なドラムと奇天烈なシンセの絡みのみというこのシンプルさ、僕はThe Neptunesのこういうアプローチも好きなんでグッときました(壺)。途中で挟まるPharrellのハイな歌声も素敵なエッセンス、彼の声が入ってきっとNep曲は完成すると思う。Jay-Zもこのスカスカ曲に器用に合わせた、のっそりとだらけた低めのフロウで構えます。そして最後を飾る「American Gangster」はJust Blazeによる製作曲、Curtis Mayfield「Shrot Eyes」をサンプリングした最近のJust Blazeに多い躍動感溢れる激走トラックは痺れあがる事請け合い、ここでのJay-Zの暴れ回る様は圧倒的に格好良い、これがJay-ZのKingとしての貫禄です(溜息)。

最高、渋い、このアルバムの持つ素晴らしさはやはりJay-Zこの人でないと、きっと実現し得なかったと断言できます。Jay-Zが映画『American Gangster』を観て一気にビジョンが浮かび、すぐにレコーディングに取り掛かったそうですが、このアルバムを聴いているコッチまでそのヴィジョンを共有でき、没頭する事が出来るんだから凄まじい。これこそサウンドトラックには持って来いだろうと強く思うのですが、そこはまぁ色々と困難があったのでしょう(残念)。前作『Kingdom Come』の鬱憤を晴らすかのように原点に立ち戻った本作、正直『Blueprint』越えは出来なかったですが、古き良きJay-Zを堪能できる貴重な一枚ではないかと思います(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment