RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Maino「If Tomorrow Comes...」
maino-if-tomorrow-comes.jpg

N.Y.はBrooklyn出身の若手MC、Mainoのデビューアルバム『If Tomorrow Comes...』を御紹介。Hip Hopファンの間では早くから話題になっていたMaino、客演なんかもこなしながら今回のデビューに漕ぎ着けましたね。最近はサウスからばかり勢いのあるMCが登場するばかりで、なかなか東海岸からは出てないのが現状、N.Y.好きの僕としてはスルーする訳にはいかず購入しました。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずはあのSwizz Beatzが製作&客演参加した「Million Bucks」で勢いよく幕開け、ガッチガチの鋼鉄トラックでなくちょっぴりソウルフルな音の鳴りで攻めるSwizz Beatzらしい特攻曲。Mainoの声質はどことなくYoung Jeezyに似ていて(Young Jeezy程に悪っぽくはないけど)、そこでどうにもYoung Jeezyと比較してしまいます。Swizz Beatzのフックもなかなか、もっとアゲても良かっただろうけど(惜)。「Back To Life」はG.Q. Beatsが製作を担当し、Push! MontanaなるMCが援護射撃で参加。トラック自体は悪くはないけれどどうもありきたり、Mainoに関しても彼よりも後々登場するPush! Montanaの方がかなり濃くて耳に残ってしまう(骨太)。ついこないだまで流行ったJunior Reidのような歌フックをBradd Youngが担当したAkon風味の「Remember My Name」はPrettyboyとBradd Youngによる共同制作、これも本当にありきたりでオリジナリティみたいなのは少し欠けてます(難癖)。「Gangsta」はBlasst Off製作でJohnny "Guitar" Watson「Gangster Of Love」をサンプリング、ここでは超ベテランのB.G.参加で男臭く盛り上げています。「All The Above」は僕的には楽しみだった一曲で、T-Painが客演で製作があのJust Blazeという意表を突く組み合わせ。T-Painはいつも通りで標準な仕上がりなんですが、問題はJust Blaze、トラックはT-Painでも作れそうな流麗シンセ曲でなんともJust Blazeらしくない(肩落)。Just Blaze得意の45回転早回しのソウルフル曲なんかを此処でぶち込めば、もっと面白い事になってハズ(残念)。そういう意味ではキッチリ仕事しているのはJ.U.S.T.I.C.E League製作の「Here Comes Trouble」、電子音が歪んで衝突かるどこか民族っぽいビートは病みつきになる一曲で、なんとも荒っぽくて豪気に満ち溢れたトラックで面白い。そしてMainoを一躍有名にしたのがMista Raja製作の「Hi Hater」、Jimmy Spicer「Money(Dollar Bill Y'all)」を下敷きにしたメロディに、ピコピコと間の抜けた電子音が鳴り響くそのリラックス加減&皆が一緒に口ずさめるフックが乗り易い。そのMista RajaとD.Smittyが共同で製作した「Let's Make A Movie」は、なかなか綺麗なメロディが素敵でR&Bに使えばもっと映えたかも、その証拠に微かに聴こえる女性シンガーEritza Lauesの歌声の方が嵌ってる。あとは僕の大好きなTrey Songzが参加した「Hood Love」なんかは注目曲、製作はTeraike "Chris Styles" CrawfordでTrey Songzの透き通った甘酸っぱい歌声が素晴らしい一曲。あとは電子音の空間を遊泳している様な感覚がクールでカッコイイ「Floating」は、CharlemagneとSteven Kang Cruz製作でTangerine Dream「Love On A Real Train」をモロに使用。最後を締め括るのはVersatile製作の「Celebrate」、これも先述の「Hi Hater」フックをそのまま使ったって感じで面白みに欠けます(辛口)。

僕は好きになれませんでした、声質でいってもYoung Jeezy程の悪どさが無くて物足らないし、メロディ物でも綺麗に乗れてない気がして、そういう意味ではRick Rossの方が巧い。やはり英語理解不能な日本人の僕としては、詞の内容よりも声質&フロウの響きみたいなのを重視する訳で、そういう意味ではMainoにはあまり魅力を感じなかったです(残念)。「Hi Hater」が好きだった方は購入して下さい、大体僕は「Hi Hater」もRemixしか好きにはなれなかった性質です(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment