RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ryan Leslie「Ryan Leslie」
ryanleslie_2_thumbnail.jpg

Cassie仕事で一躍有名になったハーバード大学卒のインテリ、Ryan Lslieの記念すべきデビューアルバム『Ryan Leslie』を御紹介。Ne-Yoから始まった裏方の表舞台への華麗なる転身、Ryan Leslieも晴れてスポットライトを浴びる事となりました(祝福)。モノクロのジャケットが凛としていて物凄くカッコイイ、もっと早くに欲しかったんですが国内盤がなかなか出ず、結局はそのアナウンスも無いので仕方なく輸入盤を購入しました。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……当然ではありますが、本作では全曲をRyan Leslie自身が手掛けておりますので、完全にRyan Leslieの感覚一本勝負で御座います。まずは「Diamond Girl」で華麗に幕開け、これが電子鍵盤の上を指先が滑るようなトリッキーなメロディがなんとも病みつきな一曲で、Ryan Leslieの涼しく軽やかな歌も上手で素敵。「Addiction」ではCassieとFabolousが客演参加、客演曲がこの一曲だけというのも勝負していて潔くて高得点。ティロティロと上下する電子音に揺らめくRyan Leslieの歌声、Cassieの透き通るようなプラスチックボイス、Fabolousの鼻声でキメるスマートなラップと、どれもが綺麗に融合したガラス細工曲。特に巧いのが途中でRyan Leslieが拝借したMichael Jackson「I Can't Help It」のメロディ、もうアレ聴いてもっと興奮しました、あの曲の持つ透明感がピタリと曲に合致していて素敵でした。Ryan Leslieの軽いラップで始まる「You're Fly」、爽やかな風が吹き抜ける明るくメロディアスなギター曲で、聴いているだけでフワッと舞い上がりそうな軽快曲。Ryan Leslieは普通に歌も上手い、フックでのハイな歌声も聴いてて心地良い。「Quicksand」ではThe NeptunesがN.E.R.D.でやりそうなロックスパイスを聴かせたソリッド電子曲を用意、これも鋭さと固さがちょうど良くてまた明るい、Ryan Leslieらしいトラックメイクでベタ惚れで御座います(魔法)。Ryan Leslieの繊細なファルセットがしっとりと響き渡るキュートな「Valentine」も巧い、Ryan Leslieらしいカラフルなシンセ音のループで思わず胸がキュンとなる華やかさ。かと思えばぶっといドラムビートにギュイギュイと擦れる電子音とがまったりと絡む摩訶不思議な「Just Right」も、一味違った世界観を提示していてなかなか斬新なファンキーさを生み出していてグッド。低い声での“へいっ♪へいっ♪”の掛け声に電子鍵盤の無機質な音がループする「How It Was Supposed To Be」も、程よくHip Hopな尖り方が良い塩梅で、伸びのあるファルセットも気持ち良い一曲。ピアノ旋律が基調で途中にシンセサイザー光線が飛んでくる「I-R-I-N-A」、宇宙交信みたいな電子音の連なりにドカドカとビートが鳴るThe Neptunesっぽいメロウチューン「Shouldn't Have To Wait」と、本当に電子音をクリアにカラフルに使うのが巧いなぁと感心させられるRyan Leslieの芸術的世界観。しかし「Wanna Be Good」なんかは電子音はかなり少なめで、どちらかといえば古き良きソウルマナーを踏襲した艶っぽいミッドチューンで、Ryan Leslieのクリアで繊細な歌声を存分に堪能できる(それはつまりそれだけRyan Leslieが聴かせられるイイ声している)、彼なりのアレンジがすこぶる気持ち良いソウル曲。最後を飾るのは静かなピアノ鍵盤に指スナップが鳴るブルージーな「Gibberish」、ここでは繊細でしなやかなファルセットにオートチューンフィルターをかけた眩暈フックがなんともドリーミーで心地良い。優しく甘美なメロディもまったりと深みがあって、Ryan Leslieのパステルカラーが映えるナイススローで癖になっちゃいます。

ハッキリ言って素晴らしい仕上がりに驚き、予想を遥かに上回る芸術作品で御座いました。とにかく電子音の使い方が巧くて、これはRyan Leslieにしか出せない色合いで貴重な才能だと痛感しました。そしてなによりその優しく深みのある歌声がイイ、これも高得点へと繋がった大きな鍵です。R&BとPopのちょうど中間を、得意のシンセ音の色彩で綺麗に塗り上げた鮮やかな一枚、これは絶対に聴かなくては損です(激薦)。ちなみに僕はこの国内盤が出たら、きっと買い直すことと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment