RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mariah Carey「The Emancipation of Mimi」
mariah-mimicov.jpg

その圧倒的な歌唱力で“歌姫”の称号を欲しいままにしているMariah Careyの通算十作目となる『The Emancipation Of Mimi』を御紹介。この作品をして不死鳥の如く完全復活を遂げたMariah Carey(以降はMCと省略表記)、彼女はこれを断然否定している様ですが、しかし本作が1997年『Butterfly』からおよそ八年ぶりのBillboard 200 No.1獲得なんだから、そう言われても仕方ない。でも常に第一線を走っているMC、良い仕事している事は間違いありません。
それではもう皆様が持っているであろう本作を御紹介……まずは先行シングルとなった「It's like That」、製作はJermaine Dupriが担当(Co製作をManuel Seal、ソングライティングにJohnta Austin)のHip Hop曲。ピーヒャラ鳴る電子音と途中で転調する綺麗なメロディ、MCとJDの“ざっちょー♪ざっちょー♪”の繰り返しが耳に残る一曲で、Fatman Scoopの相変わらず暑苦しい掛け声も男祭りで良いです(笑)。続いては本作の最重要曲にして特大ヒットとなったJermaine Dupri製作(Co製作をManuel Seal、ソングライティングにJohnta Austin)の「We Belong Together」ですね(絶対)、これ聴いた時は本当に鳥肌が立ちました。Bobby Womack「If You Think You're Lonely Now」を下敷きにしたピアノ旋律は儚く美しくて繊細で、聴いているだけで心に沁み入り涙が出そうになる純粋バラード。MCの少し擦れた高音が切なく響き渡る失恋曲、“あなたが去った時、自分の一部を失ったの♪”と切々と歌うMCに共感しながら胸締め付けられます(涙涙涙)。続く「Shake It Off」もJermaine Dupri製作で、Co製作ではBryan-Michael Coxも参加。MCの囁くような吐息混じりの歌声がセクシーな一曲。「Mine Again」はなんとあのJames Poyserが製作を担当、James PoyserのKeyboard旋律から始まる生音の温もりが心地いいスロー曲で思わずウットリ(惚)。MCの天高く突き抜ける様な高音が気持ち良過ぎるフックで、彼女の代わらぬ歌唱力を痛感する煌めくソウル曲で最高の出来栄え。「Say Somethin'」はThe Neptunes製作、客演にはThe Neptunesとの相性が抜群なSnoop Doggが参加。The Neptunesらしいまろやかでオシャレなシンセ使いが綺麗で、Snoop Doggの力抜けたゆるゆるラップも揺らめく様で夢見心地です。「Stay The Night」は売れっ子Kanye Westが製作を担当、Ramsey Lewis「Betcha By Golly Now」をサンプリングした懐かしさ漂うレコードチック曲(懐古主義)。こういうソウルリメイク術はKanye Westの得意技、この曲も溜息漏れそうな美しさでMCの歌声も際立っていて素敵。「Get Your Number」はJermaine Dupri製作(Co製作をLRocが担当、Additional VocalにTrey Lorenz参加)で、Jermaine Dupriも客演で参加。跳ねた感じのビートが颯爽と駆け抜ける一曲で、Jermaine Dupriの抜けたフックも面白いATLっぽい一曲。「One And Only」はThe Legendary Traxster製作のギター弦の音が哀愁あるトラック、客演参加のTwistaはいつもの如く旋風ラップで魅せてくれていてグッドなんですが、これに合わせてMCも駆足歌唱しているのがすごく面白くて好き。「Circles」はMCとJames "Big Jim" Wrightが共同で製作、MCはやっぱり曲作りも凄く上手くてこの曲もぽわわんな感じが心地良くてイイ。「Your Girl」はScram JonesとMCの共同制作曲、Adeaze「A Life With You」を45回転早回ししたトラックもキュートで好きだし、MCの甲高い高音ボイスが胸中を一気に貫くフックがなんとも気持ち良い。「To The Floor」は再びThe Neptunes製作、これまたThe Neptunesとは相性抜群のNellyが援護射撃で参加。パーカッションの鼓動がタイトでそこにクールが電子音な降り注ぐトラックも最高ですし、Nellyのあの歌うようなライトなラップ(もはや歌?)がガッチリとお似合いの一曲でカッコ良い。「Joy Ride」はYoung Genius製作、気持ちがだんだんと昂ぶる艶やかな一曲で聴いてて溶けてしまいそうなスロー曲。最後を飾るのはどこかノスタルジックな香りのするソウル曲「Fly Like A Bird」はMCとJames "Big Jim" Wright製作、こういうソウル調の曲もMCは難なくすんなり歌い上げるから素敵ですね。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲が二曲も収録されていまして、これが聴き逃す事のできない曲なんです。まずはMahogany製作でNew Birth「I'd Do It Again」をサンプリングしたデジタル早回しな「Sprung」、グチャグチャな感じがちょっと面白い一曲。「Secret Love」はSwizz Beatzが製作を担当、電子鍵盤を叩く音にドカンドカンとキックされるビート、Swizz Beatzの煽る声が重なるポップな一曲でこれも面白い。

これだけの製作陣を配したのだからクオリティが高いのは当然ですが、それでもやはりMariah Careyの底力には圧倒されました(完敗)。というよりこれだけの製作陣が集結するのも、それだけMariah Careyに才能があって惚れられているから。Mariah Careyは早くからBlack Musicアーティストと色々な楽曲を作っていたから、こういう黒い路線からも熱い支持がある訳です。どの曲も素敵です、勿論「We Belong Together」の一曲のみ狙いで購入しても損は無いです、完全ノックアウトされてください(失神)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment