RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「In My Lifetime, Vol. 1」
jayz-vol1.jpg

N.Y.はBrooklyn出身の帝王MC、Jay-Zの通算二作目となる『In My Lifetime, Vol. 1』を御紹介。Jay-Zも今となってはもう“King Of N.Y.”どころか“King Of Hip Hop”、むかう所敵無しの最強鉄人で御座います。ただ最近のJay-Zは知っていても昔のJay-Zは知らないなんていう若者も多いのではないでしょうか、それはあまりに勿体無い、この頃のJay-Zも脂が乗りきっていてカッコイイんですから(惚)。Jay-Zの顔が思い切り載ったジャケットはちょっと頂けない感じですが(苦笑)、内容はやはり今と変わらず豪華で時代の最先端をゆくものになっています。
それでは素晴らしい内容について触れますと……まずは幕開けとなる「A Million And One Questions/Rhyme No More」、製作は玄人DJ Premierが担当という事で興奮せずにはいられない。この曲はタイトル通り「A Million And One Questions」と「Rhyme No More」の短い二曲から成るメドレーで、一粒で二度美味しいとはこの事。Primoらしい真っ黒で懐かしいネタ使いがなんとも渋い、スクラッチ斬り込む素晴らしい幕開けです。「The City Is Mine」はあのTeddy Rileyが製作を担当(SaxophoneであのThe Neptunesの片割れ、Chad Hugoが参加)、ゲストにはBlackstreetが参加しいているミッドナイト曲。The Jones Girls「You Gonna Make Me Love Somebody Else」とGlenn Frey「You Belong To The City」をサンプリングした太いベースラインがなんともカッコイイ一曲で、Blackstreetのちょっぴりトークボックス使った眩いコーラスが美しくて幻想的。「I Know What Girls Like」ではSean "Puffy" CombsとRon "Ame-Ra" Lawrenceが共同制作、そのPuff DaddyとLil' Kimが援護射撃で加勢。Boogie Boys「A Fly Girl」をサンプリングした硬質で鋼鉄なビートがタイトでクール、そこに絡むLil' Kimの威勢の良さがもう痺れる格好良さ、Puff DaddyもLil' Kimを見習うべき(苦言)。Bad BoyサウンドとJay-Zの相性も悪くない、というよりJay-Zはどんな曲にも柔軟に対応して違和感ないのが才能、自分の魅せ方を心得ています。「Imaginary Player」はDaven "Prestige" Vanderpool製作で、Rene & Angela「Imaginary Playmates」を下敷きにしたドラマチックなメロディソウル物。こういうR&BチックなHip Hopが好きな僕にはたまらない、これで誰か女性シンガー迎えてフック歌わせたら最高だったな。初期Jay-Zと良い仕事していたSki製作の「Streets Is Watching」はLabi Siffre「I Got The」、少しく隙間のあるスリリングなトラックがなんともストリートの危険な香りを醸し出していて殺伐としたカッコ良さ。「Friend Or Foe '98」は再びDJ Premierが製作を担当、Main Ingredient「Car Of Love」をループさせた硬質ドラムビートと電子音の単調な鳴りがPrimo流儀な王道Hip Hop曲。キラキラと煌めく流麗なメロディが甘美な完全Bad Boyサウンドな「Lucky Me」、製作はSteven "Stevie J" JordaとなんとあのDITCのBuckwildによる共同制作(驚)。これは人によっては拒否反応起こすかもですが、僕はこういう臭いほどに歌モノなHip Hopも好きなので大歓迎、Jay-Zのスマートなラップもスムーズでキマッてますよ。続く「(Always Be My)Sunshine」もキャッチーで気持ち良いほどに大ネタ使いな一曲、製作は再びDaven "Prestige" Vanderpoolが担当。Alexander O'Neal「Sunshine」を拝借した常夏で陽気な眩しいメロディに、Babyfaceのあの柔らかくて爽やかな歌声がスーッと広がるカラフル曲。しかも援護射撃にFoxy Brownも参加、僕はこの曲は夏に必ず聴きたくなる必須アンセムで御座います(重宝)。Jeff Lorber Fusion「Night Love」をサンプリングした妖艶なアダルト曲「Who You Wit II」も、Jay-Zのオシャレさが光る夜会曲でグッド。「Face Off」はPoke & Tone製作でManu Dibango「Soul Makossa」を下敷きに使用、客演にSauce Moneyを起用。疾走感溢れる小刻みビートが癖になる大ネタ曲で、軽快な一曲。Anthony Dent製作でToo Short客演の「Real Niggaz」も、気だるい感じのトラックが淀んでいてカッコイイ。「Rap Game/Crack Game」はJay-Zを見出した師匠的存在であるBig Jazが製作を担当、これはOhio Players「Fopp」を使った跳ねたHip Hopビートがかなり直球でJay-Zのラップ能力の真髄を体感できる古典的な一曲。しかも曲中ではあのNas「Represent」とOutKast「Ain't No Thing」から声ネタ使用、NasとOutKast(ここではAndre 3000)のフックも堪能できるHip Hop愛好家には嬉しい一曲。不穏なビートにシリアスなJay-Zのラップが淡々と綴られる「Where I'm From」は、Deric "D-Dot" AngelettieとRon "Amen-Ra" Lawrenceが共同制作(スクラッチでDj Premierが参加)。The Temptations「Me & My Bitch」を下敷きにしたこのドロッとした感触のビートが毒々しい、途中で繰り出すJay-Zの“Who's Best MC's Biggie, Jay-Z and Nas?(最高のMCはBiggie、それにJay-ZとNas?)”なるラインも痺れ上がります(鳥肌)。The O'Jays「What Am I Waiting For」下敷きの涙に濡れるドラマチックな「You Must Love Me」はNashiem Myrick製作、途中の悲しく切ない情感溢れる歌声はあのKelly Price、哀愁漂う渋い一曲です。なお国内盤にはこれらに加えて、英国で人気のD-InfluenceがRemixした泣きの名曲のリメイク「Wishing On A Star(D-Influence Remix)」と、Trackmastersが手掛けたドカンドカンと地響き鳴らす骨太ビートが男カッコイイ「Wishing On A Star(Trackmasters Remix)」を収録。これが双方共に聴き逃すには勿体無い仕上がり、是非国内盤を購入して下さい。

流石はJay-Zといった仕上がり、完全に当時のトレンドを自分の物にしています(王様)。世間的にはセルアウトした作品だという評価が多数みたいですが、Bad Boyサウンドが好きな僕としては(また当時のHip Hopをよく知らない僕としては逆に新鮮で)キャッチーさがまた良いという感じでした。とにかく渋いです、これはこの頃のJay-Zでないと出せない空気感、しかも今聴いても色褪せないし、BabyfaceやBlackstreetといった異色コラボなんかも見逃せません(損)。Bad Boy曲が好きな方も楽しめますし、Jay-Zに興味ある方にも是非聴いて欲しいです(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment