RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Eminem「Encore」
EminemEncores.jpg

Hip Hop界を代表する問題児にして危険人物、Eminemの通算五作目となる『Encore』を御紹介。僕の大好きな'Nsyncをかなり馬鹿にしてコケにしていたEminem、僕は本当に好きになれませんでした(苦汁)。しかし一度聴いたら耳にこびリ付くあの狂的なラップ、ぶっ飛んだキャラクター、やはりHip Hopに触れている僕としても耳にしない日がない訳です(負)。ただ救いなのがEminemがJay-Zは尊敬している点、これでJay-Zにまで楯突いたら絶対に許しません(笑)。もはや説明不要の怪物MC、売れ過ぎですよね(天邪鬼)。
それでは内容を一応さらっと紹介……まずはDr.Dre製作の「Evil Deeds」で幕開け、やはりEminemの狂的なラップは健在でDr.Dreの不穏なビートとよくお似合い。「Never Enough」はDr.DreとMike Elinzondoによる共同制作、ここではNate Doggと50 Centが援護射撃参加。シンプルな電子音のループだからこそNate Doggの下手ウマなデジタル歌声が雰囲気盛り上げていて、50 Centのあのボケた感じのラップも相変わらずのギャングっぽさで迫力あります。Spectrasonic「Vocal Planet」をサンプリングした「Yellow Brick Road」はEminem製作、殴って叩きつけるような打撃ビートに絡むViolinっぽい弦音、Eminemの切れ味鋭いラップとどれをとってもEminemらしいドロドロ曲。Eminem製作の「Like Toy Soldiers」ではMartika「Toy Soldiers」をサンプリング、鼓笛隊っぽいビートが静かでそれが逆に恐ろしいシンプルな一曲。この曲ではEminemの身辺に起こっているBeefについて言及、EminemなりのBeef警鐘曲でこれがなかなか深い、Eminemのリリシストとしての才能を痛感する一曲。Dr.DreとMark Batson共同制作の「Mosh」ではブッシュ政権を批判、こういうアメリカ一国の抱える問題に切りつける姿が、Eminemが若者の絶大な支持を得ている理由のひとつでしょうね。ゲロを吐く音から始まるなんとも胸クソの悪い「Puke」、はっきりイカレていますよねぇ、酩酊気味のトラックもEminemの悪態吐くラップも彼流儀。硬質なビートでジャキジャキと邁進する「My 1st Single」はEminemの息つく間もないアンストッパブルなラップが疾走する一曲で、、彼の唯一無二のスタイルに痺れずにはいられない(独特)。そしてEminemの狂った感性が爆発したヒットシングル「Just Lose It」はDr.DreとMike Elinzondoによる共同制作、これはもうPVがとにかく激しかった(失笑)。元々僕はこういうスタイル自体をそんなに笑えていないので、そういう意味ではEminemの魅力を解していないのかもしれません(野暮)。でも彼のその世界観は確かに凄い、一言ただ凄い、ここまでぶっちぎられるともう諦めもつきます。しかしやはりラップ技術は目を見張るものがあります、ふざけながらも的確に刺して来る辺りが凄い。「Spend Some Time」ではObie Trice、Stat Quo、50 CentとShady仲間の面々がマイクリレー、製作はEminemが担当。銃声がバンバンと鳴りビートとなっているギャングチックな「One Shot 2 Shot」はEminem製作、Eminemが所属するD-12の面々が参加した濃厚な一曲になっています。最後を飾る「Encore」では50 CentとDr.Dreがなんと参戦、この組み合わせだけで興奮を禁じえない一曲で、幕切れには最適。しかし本作で最も僕が注目したのがEminem製作の「Mockingbird」、ハッキリ言いましてこの一曲狙いで本作を購入したほど。愛娘Hailieへの愛情が滲み出たEminemの人間っぽさが顕れた悲しい旋律も印象的な内省曲で、詞の“もしお前が望むならパパがモノマネ鳥を買ってあげる♪もしそのモノマネ鳥が鳴かなかったら、その鳥さんの首をへし折ってやる♪"なんていうEminemらしい愛情表現がちょっとくすぐったくもあったり(涙)。この曲で少しEminemが僕は好きになりました、狂人だとは思うけれども、父親なんだなと。

ずっと聴き続ける一枚ではありません、僕はEminemの魅力を充分に理解できないまま終わりそうです。それでも彼の才能はとても認めています、彼の創るトラックはやはり彼にしか創れない神経質さを抱えていると思います(賛辞)。ただずっと聴いていると頭が少しヤラレそう、胃にもちょっと負担かかります(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment