RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Alicia Keys「As I Am」
aka10.jpg


Alicia Keysの通算三作目となる『As I Am』を御紹介。順調に、そしていつも充実した作品を皆に届けてくれる才色兼備の女性、それが彼女Alicia Keysで御座います。今回の最新作もリリース前からかなり評判が良かったんですが……まず触れるべきは、Alicia Keysの整ったお顔が真ん中にドカンと載ったこのジャケットの素晴らしさでしょう(阿呆)、本当にAlicia Keysって美しいですよねぇ、思わず見惚れてしまいます……これだけでもうこの作品は百点満点で御座います。嘘です、勿論中身あってのアルバムです、内容が悪かったらジャケット良くても意味ないです。
では肝心の内容はというと……当然のように素晴らしいんですよ(鳥肌)。まずはいつものAlicia Keysらしい幕開け曲「Go Ahead」、製作はAlicia KeysとMark Batsonの共同制作(ソングライティングにはMarsha Ambrosiusが参加)。ほんのりとクラシックHip Hop的な要素も含んでいる(気がする)このトラックは、今までのAlicia Keys作品にも収録されていそうな雰囲気の一曲。強き女性を讃えた「Superwoman」はAlicia Keysと盟友Kerry "Krucial" Brothersが共同で製作を担当。ブルージーで温かな音がなんとも心地良く、古き良きソウルマナーを踏襲したAliciaならではの作り。そして先行シングルとして多くの聴衆の心をグっと掴んだ「No One」が登場、製作はAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothers(Co製作をDirty Harry)が担当。ひたすらにひたむきに“のぉ~~~~わぁん♪のぉ~~~~わぁん♪”と歌うAliciaの伸びやかで力強い歌声にも心打たれるし、“誰にも邪魔させない、あなたへのこの想いは”というどこまでも一直線な(ある意味ひねりのない)歌詞がまた……うっうっ、泣けるんですよ(涙)。この曲は間違いなく新たなAlicia Keysの名曲の一つに仲間入りしました、僕はこの曲を聴いて“今度の新作はきっとまた凄い”と確信しました。キラキラとした音から始まる「Like You'll Never See Me Again」はAlicia Keys製作曲(Co製作をKerry "Krucial" Brothers)、これがまたすごく素敵な歌詞で大好きな一曲なんです。“抱き締める時はこれが最後だと思って、キスするときはもう会えないと思って、ふれる時はこれが最後だと思って、約束して、私を愛するって、愛して二度と会えないみたいに”……なんて純愛なんだ、切ない切な過ぎる(涙)、脆く儚く優しく歌い上げるAlicia Keysの表現力も圧巻、素敵過ぎる美曲です(賛辞)。続いては最近のBlack Music界で流行りの白人シンガーとのコラボ、John Mayerを招いての「Lesson Learned」。Grammy常連だから名前ぐらいは知っているJohn Mayer、ここではAlicia Keysと共に製作を担当し、歌でも参加しています。静かにしんみりと流れるR&Bっぽ過ぎないバラードは美しく、この共演は完全なる吉と出ていて嬉しい限り。ドラムの音でちょっぴりファンキーに力強さも感じる「Wreckless Love」は、Alicia KeysとJack Splash製作、途中のAlicia Keysのか弱いファルセットも好き。「The Thing About Love」はChristina Aguilera作品で手腕を揮ったLinda Perryとの共同制作、Linda Perryらしさの香る一曲。十代の淡い恋愛を歌った「Teenage Love Affair」ではThe Temprees「(Girl)I Love You」をサンプリング、これがまた可愛くて素敵、「You Don't Know My Name」を思い出さずにはいられない。何系を表現すればいいか全く分からないけれど、全然違った雰囲気を醸し出す「Where Do We Go From Here」はAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothersが担当、とにかく荒涼としたトラックながらもファンキーでエレクトロな不思議なトラック。「Tell You Something(Nana's Reprise)」はどこかカントリーな雰囲気、爪弾くギターにのせて歌うただただ一途な愛を歌う美曲、製作はAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothers、この曲も好き、愛の歌は綺麗で滑らかで好き。最後を締め括る「Sure Looks Good To Me」は人生賛歌、“生きて、人生を愛して、愛を与えて”と歌うAlicia Keysに共感をおぼえるのは僕だけではないハズ。これに加えて国内盤にはボーナスCDが付いていまして、このCDは「No One」のPVが観れるんです。がしかしこれだけではなく三曲収録されているんですが、「Waiting For Your Love」はAlicia KeysとSwizz Beatzによる共同制作(ソングライティングにSean Garrett参加)だから驚き、バキバキと攻めるアッパーなトラック(Swizz流儀)ながらもAlicia節も消えてない実験的な一曲。

今年の冬にしんみりと聴きたい一枚に認定、このアルバムで今年のクリスマスは乗り越えようかと思っています(笑)。Alicia Keysは一体どこまで進化するんでしょうか、本当に期待を裏切らずに、さらに予想を超えて、より高品質な音楽を届ける彼女はまさに天才。本当に綺麗だし歌声も素晴らしいし、そのソウルは輝き満ち溢れてて、Alicia Keysの圧倒的な存在感を魅せつけられた最高の一枚、もはやヴィンテージ物です(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment