RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Slim「Love's Crazy」
slim_cover1-loves-crazy.jpg

Bad Boyから誕生したボーカルグループ112の元メンバー、Slimのソロデビューアルバム『Love's Crazy』を御紹介。112は男性ボーカルグループの中でも代表格、なんですが最近起こった金銭問題でMichael KeithとSlimが112を脱退(この二人でなく残るメンバーが問題を起こした模様)、これは結構ショックでした(泣)。しかしこうやってソロでの作品が聴けるのは嬉しい、ずっと探していた一枚で御座います。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずはサウスなバウンスがなんとも重たくも痛快な「She Got That」で迫力ある幕開け、製作はTracey "Midnight Black" Sewellが担当。ドカンドカンと踏みつけるビートに絡むSlimのあの柔らかく撫でるような歌声が良い、それこそBad Boy所属のYung Jocがやりそうなトラック。「Good Lovin'」はRyan Leslieが製作を担当、客演にはそのRyan LeslieとFabolousが参加。キラリと輝きを放つカラフルな電子チューンに、Slimの甘く高い歌声、Ryan Leslieの直線的な歌声、Fabolousのいつもよりライトに仕上げたラップがカッコイイ一曲。ヒューマンビートボックスを使ったグチャグチャなトラックがカッコ良過ぎる「So Fly」はOddznendz製作、Slimの良い意味で薄味のひらひらしたファルセット歌声が舞い上がるフックが気持ち良い、Yung Jocの低声で引きずる様なラップも僕は客演であれば結構好きです。再びTracey "Midnight Black" Sewell製作でエレキギターがつんざめくイントロがなんとも印象的な「So Gone」、ここでは元Bad Boy繋がりでかあのFaith Evansとデュエット。どこか哀愁の漂うドラマチックなトラックに、Slimの柔らかく優しい歌声はすんなりフィット、Faith Evansの擦れるような感情揺さぶる歌声も情緒溢れていてすごく素敵、双方ともにすごく歌が上手い(当然)。爪弾くギター弦の音が優しくて切ない流麗な「Sweet Baby」は、Derek "Doa" Allenによる製作曲。この曲ではSlimのファルセットにハンドクラップ、時折揺らめくオートチューン使いも耳にじんわり残る艶やかな一曲で素敵。今度は完全にオートチューンを駆使した「Heels On」はTracey "Midnight Black" Sewell製作、客演にYung BergとDeezoが参加。ここはYung BergとDeezoなんか使わずに、もっと粋なMCを起用して欲しかった、セクシーな浸透系のトラックはSlimにお似合いなだけに惜しい(辛口)。90年代のR&Bを彷彿とさせるようなネットリと悩ましいトラックがじっとりと首筋に絡む「Bedtime Stories」はDerek "Doa" Allen製作、Slimの囁くようなファルセットが響くなんとも官能的なトラックで、これぞSlim流儀だと感じる往年のR&B愛好家は納得の仕上がり(悩殺)。「U Got Me(Addicted)」はTracey "Midnight Black" Sewell製作、The-Dream辺りが好みそうなドコドカとパーカッションが後ろで鳴る夢見心地に溺れてゆく様な深遠ディープ曲。この曲もちょっと不思議な感触が癖になる一曲で、繰り返すフックも憎い演出のトリッキーな現行R&B曲でグッド。続いてもTracey "Midnight Black" Sewell製作の「Don't Say It」、パイプオルガンっぽい音が鳴るバロックR&B曲でこれもSlimの柔和な歌声が重なるなんとも透き通った一曲で染み入ります。Rockyard製作の「Leave U Alone」も最近流行のどっどっどっどっと鳴るビートに乗っかる流線形エレクトロ曲で、Slimはここでもオートチューンをガンガン使っています(操)。影のあるメロディから徐々にスーッと速度を上げ光るトラックが曲者、Slimのデジタルボイスもかなりキマッてて憎らしい(惚)。爪弾くアコギに歌声を乗せる「More(Interlude)」はInterludeには惜しい、製作はJeremy "Passion" Manongodが担当。Kuyaなる人物が製作した「Apologize」は爽やかな青空系の一曲で、Slimの伸びやかな歌声にただただ癒されて下さい。最後を飾る「Love's Crazy」はTracey "Midnight Black" Sewell製作で、これまた細かいビートが病み付きの疾走感抜群の光線曲で、Slimの歌声が次々と体中を突き抜けるのを感じて踊れば最高な一曲。しかもこの曲、クレジットこそないもののあのOutkastのBig Boiが援護射撃しています(失神寸前)、このBig Boiがまたクールに加速していて痺れるカッコ良さ、最高の援護射撃で盛り上げてくれています(助演男優賞)。

これだ!という様な突出した派手な一曲こそありませんが、どの曲も高水準で噛めば噛むほど味が出るといった具合、これは正にベテランSlimならではの腕前(一流)。Slimのあの(良い意味で)軟弱なソフトボイスは唯一無二、どんなトラックでも無理なくすんなり順応していました。流行しているトラック技術を駆使しながらもSlimの存在感はきちんと発揮されていて、違和感なく聴けました。ただもう一、二曲は昔ながらの純正バラードも欲しかったかも、ピアノ弾き語りみたいな繊細な曲が聴きたかった(我侭)。それでも聴き逃すには絶対に勿体無い一枚、112ファンも112を知らない方も、購入して損はありませんよ(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment