RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christina Milian「Christina Milian」
album-Christina-Milian-Christina-Milian.jpg

僕個人としては結構好きな女性シンガーであるChristina Milianのデビューアルバム『Christina Milian』を御紹介。まだあどけないジャケットがなんとも可愛いChristina Milian、当時まだ20歳なんですかわ若い。顔も可愛いしプロポーションも良くてセクシー、男としては喜んでしまいます(下心)。最近ではThe-Dreamとの交際(結婚したのかな?)でも話題の彼女、私生活は順調みたいだから早く起死回生の作品を届けて欲しいですね。
それでは懐かしい本作の内容を御紹介……まず述べておくべきは、本作ではChristina Milianが全曲でソングライトをこなしています、才能あるんですねぇ(感心)。まず最初の「Get Away」はJa Ruleが客演参加、という事で制作は勿論Irv Gottiが担当。Christina Milianのキュートで透明感のある歌声に絡む、Ja Ruleの濁声で歌うフックがたまらない一曲で相性抜群、つまりはAshantiの二番煎じな感じはするんですがね(苦笑)。でもChristina Milianが可愛い、だから許せます、Ja Ruleも僕は好きですし。そして彼女の人気を不動のものにしたのが「AM To PM」、製作はBloodshyとAvantのタッグが担当。ビコビコビーンと跳ねる電子音にChristina Milianの弾けた歌声、“朝から晩までハジけよう♪”と歌う若い娘ならではの詞も直球で面白いし、この曲は本当にノリ抜群で聴いてて楽しいから好き。同じくBloodshyとAvant製作の「When You Look At Me」も絶えず跳ねたトラックが耳にガツンと入り込むキャッチーさで、Christina Milianのキュートでハリのある歌声の魅力を充分惹き出しています。「Spending Time」は再びIrv Gotti製作曲、ファルセット使って妖艶に舞うChristina Milianの歌声が軽やかなミディアムスロー。「It Hurts When...」はFocus...製作でソングライティングにMontell Jordanが参加の切ない失恋バラード(涙)、Christina Milianが歌が上手くて感情のこもった溜息混じりの歌声にギュッと胸を締め付けられる、“あなたを忘れなきゃならないなんて苦しい、傷ついた心だけが残るなんて、あなただけまた恋におちて……♪”、詞も素敵(涙)。Bloodshy製作の「You Make Me Laugh」は一時期のShe'kspereみたいな小刻みに変動するビートで、これもなかなか中毒性高い。初っ端からJermaine Dupriの鼻声が炸裂する「A Girl Like Me」はJermaine Dupri製作(Co製作でBryan-Michael Cox)、JDならではなちょっと間の抜けたポカスカビートが面白い。「Twitch」はFocus...とMontell Jordanが共同制作、ピコピコしたシンセにコンピュータチックな宇宙加工が癖になるTLCっぽいクール曲。Evan RogersとCarl Sturken共同製作の「Until I Get Over You」はとっても清らかで淀みのない珠玉の失恋曲、アコースティックギターとピアノとオーケストラで聴かせる壮大な演奏美トラック、一遍の詩を読んでいるかのように綺麗な詞、Christina Milianの甘く切ない歌声、どれを取っても心に染み入る彼女の才能を感じる一曲(感動)。「Satisfaction Guaranteed」は2ステップ曲で知られるMark Hill製作、ノリ良くてこれも好きです。「Got To Have You」はBloodshyとAvant製作、これも電子音のうねりがカッコイイ疾走感を生み出すクールな一曲。最後を締め括るのは再びEvan RogersとCarl Sturken共同製作の「Thank You」、爪弾く温かなギター弦と優美な生音に心がゆったりと洗われる感謝に溢れた純白曲。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲が二曲、これも良いんです。まずはあのStarGateが製作を担当の「Let Go」、今ほどのポップさはないもののやはりサッパリと爽やかなトラックはミント系でスッキリ。「You Snooze, You Loose」はBloodshy製作、ドンチャドンチャとベヨーンと鳴る電子音が独特なダンサブルなアッパーでこれもグッド。

僕は結構Christina Milianが好きです、頑張って欲しいです。この一枚も彼女のキュートな歌声と歌詞と、鋭いR&Bトラックが詰まったなかなかの力作となっています、今聴いても普通にガンガンノッて聴けるカッコイイ一枚ですよ。特に女の子にはウケる事必至な一枚です、持ってない方はこれ聴いて、他のChristina Milian作品も聴いてみて下さい(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment