RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Alicia Keys「Songs In A Minor [Remix Plus]」
alicia-siam.jpg

まさに才色兼備の素晴らしき女性シンガーAlicia Keysの記念すべきデビューアルバム『Songs In A Minor』を御紹介。御存知、本作は全世界で絶賛され、当時のGrammyでも多くの賞を獲得した怪物盤となりました。僕はまず彼女の顔が好きになりました、その慈しみ深い美しくも知的な歌声も勿論すぐに好きになりました。ここで御紹介するのはその『Songs In A Minor』の後発盤で、新たにボーナストラックを収録した『Songs In A Minor [Remix Plus]』で御座います。
それでは内容をちょこっとずつ御紹介しましょうね……まず最初に書いておきますが、全曲の詞をAlicia Keysが書き下ろしていますから(才能)。まずはAlicia KeysとJermaine Dupriが共同で製作した「Girlfriend」で幕開け、この曲の面白い所はあの Ol' Dirty Bastard「Brooklyn Zoo」をサンプリングしている点です(魅力)。硬質で殺伐としたビートとODBの声を継ぎ接ぎした合いの手、そこに絡むピアノ旋律とAlicia Keysの色っぽい歌声がなんとも不思議な感覚を放っています。最後の方でちょっとJermaine Dupriが出現するのも良い、全部でなくていいからちょっとはあの鼻声が聴きたい。「How Come You Don't Call Me」はAlicia KeysとKerry "Krucial" Brothers製作のピアノ曲、Alicia Keysの擦れた歌声が渋いオーソドックスなソウルトラック(懐)。最初のAlicia Keysのアカペラの出だしからもう打ちのめされる「Fallin'」、製作はAlicia Keysが担当。これもどこか影のあるピアノ旋律の儚くも美しいブルージーな一曲で、これぞAlicia Keys節と世界に衝撃を与えた味わい深い一曲。“こんなにも誰かを愛したことなどなかった♪”と切々と、時に熱っぽく、時に激しく歌い上げるAlicia Keysの感情揺さぶる歌声に鳥肌が立ちます(震)。Alicia Keys×Kerry "Krucial" Brothers製作の「Troubles」も素敵、ゆっくりと静かにどこか深い底へ沈んでゆくような感覚を覚える、深海のような暗さと一点の光を感じる一曲(溺愛)。Alicia Keys×Kerry "Krucial" Brothers製作の「Rock Wit U」ではStringとFluteにあのIsaac Hayesが参加、道理でどこか昔の黒人映画(たとえば『Shaft』みたいな)の様な古臭くもソウルフルでカッコイイビートな訳ですね。「A Woman's Worth」はAlicia Keys製作、じっとりと悩ましいメロディから、途中で煌びやかなメロディにするりと転調する辺りが憎い演出。「Jane Doe」ではAlicia Keysがあの元XscapeのKandiと共同制作、ヒューマンビートボックスで構築されたビートに、Alicia Keysの鍵盤音が絡んだ、弾け過ぎずに弾けた最近っぽいR&B曲。「Goodbye」は本作中で僕は最も好きな曲かもしれません、だってあのBrian McKnightが製作しているんですから。Brian McKnight紡ぎ出すあまりにも切ないメロディは、ただ流れているだけで胸奥に深々と沁み込んでいって涙が溢れそうになる(胸締)。この曲ではAlicia Keysもピアノを弾かず、全ての楽器をBrian McKnightが演奏してまして、それでも違和感ないのはAlicia KeysとBrian McKnightのフィーリングがとても合っているんでしょうね(もともとBrian McKnightがピアノ曲は得意ですしね)。Alicia Keysが書いた“どうしていえるというの、さよならだなんて♪心にもないのに、さよならだなんて♪”と切々と歌う詞も切ない、失恋曲となっています。Alicia Keys製作の「Mr.Man」ではレーベルメイトのJimmy Cozierと共演、この曲がまたどこか南国風味の効いたメロディにViolin(Miri Ben-Ariが演奏)が絡む不思議なトラックで、Alicia Keysの引き出しの多さを痛感します。「Never Felt This Way(Interlude)」はBrian McKnightのカバー、Interlude扱いにするにはあまりに勿体無いドラマチックな仕上がり。爪弾くアコースティックギターの音色にうっとりする「Butterflyz」はAlicia Keys製作、愛を蝶になぞらえた深みのある情緒溢れる一曲で、ただただ聴き惚れるばかりです(堕)。「Why Do I Feel So Sad」はAlicia Keys×Kerry "Krucial" Brothers製作で、ソングライティングにあのWarryn Campbellが参加しています。これも爪弾くギター弦の音が寂しさを誘うブルージーな一曲で、Alicia Keys節満開で泣けてくる。まるでオルゴールを聴いているかのような「Caged Bird」、囁くような話して聴かせるようなAlicia Keysの歌声に耳を傾けて下さい。最後を飾るのはAlicia Keys製作のゴスペルライクな「Lovin You」、燦々と光が降り注ぐ希望に満ち溢れた愛の歌に心が弾みます(輝)。とここまでが本編であとはボーナストラック、これがなかなか聴き逃せない曲がありまして。まず「Rear View Mirror」はRodney "Darkchild" JerkinsとFred Jerkins IIIが製作に参加、哀愁漂うトラックにRodney Jerkinsらしい跳ねた音が勢いをつける現行R&B仕様な一曲。「Fallin'(Extended Remix)」ではあのBusta RhymesとRampageが参加、Busta Rhymesの元気一杯の掛け声が始終聴こえる一味違う一曲、勿論Busta Rhymesはラップもかましてくれていますよ(破壊力)。

とにかく味わい深い、彼女のあの線の細い体のどこから(またあの端正で綺麗な顔立ちのどこから)これだけ力強く熱っぽい歌声が生み出されるのか不思議です。これからのR&B界になくてはならない存在となったAlicia Keys、Mary J. Bligeとはまた違った女王の誕生の予感。皆が皆でBeyonceみたいでは面白くない、Alicia Keysみたいな才女もいてまた面白いです。これからがもっと楽しみな美人Alicia Keys、とても素晴らしい歌声の持ち主です(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment