RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil' Kim「The Nakid Truth」
nakedtruth_rev.jpg

女性MCの代表格である“Queen Bitch”ことLil' Kimの通算四作目『The Nakid Truth』を御紹介。本作はあのSOURCE誌で女性としては初となるマイク5本を獲得した事でも話題になりましたよね、流石はベテランLil' Kimで御座います(色々と黒い噂は御座いますが)。そのBitchぶりは天晴れとしか言い様がなく、僕としては格好良いの域に達しています。
そんなLil' Kimの本作はどうなっているかと言いますと……まずはRed Spyda製作のNotorious B.I.G.「Mo Money, Mo Problems」ラインを拝借の「Spell Check」で幕開け、ジャキジャキと刻んで進むシンセトラックに、Lil' Kimの男顔負けの肝の据わったラップがガンガン来る攻撃的な一曲。「Lighters Up」はScott Storchが製作を担当、最近流行のちょっぴりレゲトンな一曲でLil' Kimもそれに合わせた音程の取り方のフロウを披露。絶え間なく鳴り続けるパーカッションビートにゲームチックな電子音が飛ぶThe Neptunesっぽい「Shut Up Bitch」、製作はMichael "Mr. Williams" WilliamsとRoger "Mista Raja" Greeneの二人。「Whoa」は人気ProducerであるJonathan "J.R." Rotem製作、ドカドカ鳴らすトラックが派手で迫力あってカッコイイし、Lil' Kimによる歌うようなフックも印象的。不穏な空気が漂うDenaun Porter製作の「Slippin」はそのトラックもどこかドラマチックでイカしてますし、Lil' Kimの冷静で勝気ななラップにも痺れますが、それよりソウルフルな歌声を聴かせているDenaun Porterに耳奪われてしまいます(上手)。「All Good」は本作で最もお気に入りの一曲、Jeekyman製作でNotorious B.I.G.の名曲「Juicy」をサンプリング(興奮)。メロディラインではなくBiggieの“It's All Good♪”の声ネタを引っ張り出しリピートさせトラックを構築、Biggie好きなら発狂せずにいられないアッパー曲。「I Know You See Me」はT.I.作品で御馴染みのKevin "Khao" Catesが製作を担当、The Dramatics「Whatcha See Is Whatcha Get」を下敷きにしたホーン鳴る煌めくソウルフル曲で、みずみずしい歌フックを聴かせるTinyなる女性シンガーも良い味出しています。Michael "Mr. Williams" WilliamsとRoger "Mista Raja" Greene製作でThe Gameを客演に招いた「Quiet」、おどろおどろしいトラックで聴かせるLil' KimのラップスタイルがどこかEminemっぽく感じるのは僕だけですか。The Gameは相変わらずの恐さで、フックのみでも充分に味出てます。Millie Jackson「Phuck U Symphony」をサンプリングしたRaggae曲「Durty」、製作はTerrance "Hot Runner" Lovelaceが担当。再びTerrance "Hot Runner" Lovelace製作の男気溢れる暑苦しいトラックの「We Don't Give A Fuck」は、Bun BとTwistaが援護射撃。Lil' Kimの早口ラップ、Bun Bの低音での重量級ラップ、Twistaの竜巻ラップと聴き所満載の一曲。Brooklyn出身の男性MC、Mainoをfeat.した「Gimme That」はJeekyman製作。このMainoがなかなかスムーズなラップを聴かしていてカッコイイ、Lil' Kimも男と対峙しても全然引けを取らないから素敵。「Kitty Box」はJa Rule作品で御馴染みの7 Aureliusが製作を担当、インドっぽいメロディに交錯するシンセサイザーが病み付きの秀逸曲。"Fredwreck" Nassar製作の「Kronik」はSnoop Doggが客演、Snoop Doggのユルユルなラップが相変わらずの煙たさでカッコイイんですが、本作の随所で甘く渋い歌声を聴かせているのがあのJack Knightというのが素敵です(驚)。「Get Yours」はKevin "Kaho" Cates製作、客演にT.I.とSha-Dashが参加、ビヨンビヨンと跳ね回すド派手な貫禄トラックに、T.I.のあのサグなフックが響く鋭さ光る一曲。最後を飾る「Last Day」はJonathan "J.R." Rotem製作、ピアノ旋律が鳴り響くシリアスなトラックで全部で10分もある長い一曲。

う~ん、マイク5本獲得という事でかなり期待したけれど、これは標準な仕上がりでした。やはり昔からのファンとしてはBad Boyサウンド皆無というのがかなり寂しい、そういう意味では『Hard Core』とか『Notorious K.I.M.』なんかの方がマイク5本に近かった気がします(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment