RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ciara「Fantasy Ride」
ciara-fantasy-ride-album-cover.jpg

“Princess Of Crunk & B”こと可愛くセクシーなCiaraの通算三作目となる『Fantasy Ride』を御紹介。顔も可愛くて歌も上手くて、しかも踊りがとってもお上手という事でデビュー時から期待度大だったCiara、ようやく本作もリリースされました。まずはジャケット、輸入盤のジャケットはあまり好きじゃなかったので、国内盤が変更されてて良かった(安堵)。ちなみに中のアートワークはCiaraがアメコミチックに描かれていたりコスプレしていたりで、これはアメコミ好きな僕にはたまらない仕上がりでした。Ciaraのナイスバディも綺麗に線が出ていて、良かったですよ(惚)。
それでは肝心の内容について触れますとですねぇ……まずはDon VitoとC. "Tricy" Stewartが共同制作の「Ciara To The Stage」でゆっくりと静かに幕開け、これがなんとも不思議なふんわりトラックで、そこに乗せられるCiaraの揺らめく歌声が妖艶で素敵で体中に徐々に浸透します。続いては本作の超目玉曲「Love Sex Magic」、The Y's製作(このThe Y'sとはJustin Timberlake、James FauntleroyとRob Knox(これはThe Underdogsの別名)から成るProduceチーム)であのJustin Timberlakeが客演で参加しています。完璧なまでのエッヂ効いた電子ダンスチューンで、このサイケでハイパーなトラック自体がもうカッコ良過ぎるんです(惚)。そのうえクールな歌声のCiaraとJustin Timberlakeの相性が抜群に良い、といってもJustin Timberlakeはファルセット駆使した歌声をバックで鳴らす程度の出現で、その具合がまたこの曲のファンタスティック度を高めているので素晴らしい(絶賛)。Ciaraもこういうダンスチューンには完璧に嵌ってて、水を得た魚状態。二人の歌声のセクシーで悩ましい絡みが、ものすごく魅力的。続いては僕の好きなLudacrisが援護射撃をかます「High Price」、製作はC. "Tricy" Stewart×Terius "The-Dream" Nashのタッグが担当。これが底辺を這うレロレロビートに、Ciaraのふざけた(?)様な甲高い歌声が流れる作りで、ちょっと取っ付き難い(苦笑)。そんな奇怪でドロドロなドラッグビートだから、Ludacrisには合っているみたいで、彼が登場した途端に曲が引き締まるから不思議。続く「Turntables」はDanja製作、暴力事件でいけ好かなくなったChris Brownが参加。ビュイビュイ鳴らすシンセビートはDanjaらしいクラブチューンで良いのですが、今の僕はChris Brownに拒絶反応を起こしてしまうんで勿体無い。「Like A Surgeon」はC. "Tricy" Stewart×Terius "The-Dream" Nash製作、ドロッとした沈んでゆく感覚のトラックは美しくも官能的で、正に彼らならではのトラックメイキング。Ciaraの艶っぽい歌声が深々と響き渡って、意外と好きな一曲かも。Polow Da DonとElvis Williams共同制作の「Never Ever」では、客演仕事でも多忙なYoung Jeezyが参加。さらさらと小川の様に流れる煌めくメロディも綺麗だし、Ciaraの優しい歌声が耳に優しい優美曲。Young Jeezyはいつもの如くなんですが、冒頭でのノイジーに加工された感じが結構面白かった。The-Dreamをfeat.した「Lover's Thing」はLOS Da Mystroが製作を担当、キラキラ輝きながらゆったり広がるトラックも素晴らしいし、Ciaraの“べいびー♪べいびー♪”にThe-Dreamの“えー♪えー♪”が絡まるリフレインフックも印象的なナイスミッド(好)。Missy Elliottが参加したガチャガチャ暴れる電子音に脳内が揺れる「Work It」は、Danjaが製作という事で納得。Ciaraのクールな歌声もこういう激走するビートにはお似合いだし、Missy Elliottは言うまでもなく得意のフィールド(当然)。Rodney "Darkchild" JerkinsとOsinach Nwaneriによる共同製作の「Pucker Up」もまず上がり下がりするビュイーンな電子音に脳天ヤラレる、そのうえCiaraのカッコイイ鋭く尖ったフック“Kiss My Swagg♪”に脳内を侵食されます。「G Is For Girl(A-Z)」は再びThe Y'sが製作を担当、絶え間なく鳴り響くドカドカ太鼓音とインドっぽいメロディが病み付きで、後ろの方で微かにJustin Timberlakeの歌声も聴こえています(最高)。「Keep Dancin' On Me」は再びC. "Tricy" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが製作、どこか遠くの方から静かに聴こえてくる様な、だんだんと体にスーッと浸透してゆくようなトラックは摩訶不思議で、でもどこか癖もあって聴いてすぐに彼らの音だと分かる個性的な一曲。「Tell Me What Your Name Is」はDr.LukeとBenny Blancoの共同製作、これも静けさの中に煌びやかさと眩しさがあるシンセ曲でグッド。「I Don't Remember」はPolow Da Don製作(ソングライティングをShaffer SmithことNe-Yoが担当)、次第に速度を増してゆくビートが、詞の内容である“彼がいなくなった”不安から高まる胸の鼓動とリンクしていて凄く魅力的、可憐で綺麗な一曲。とここまでが本作の内容で、国内盤にはこれらに加えてボーナストラック三曲が収録されていまして。シンセサイザーの鳴りからしてThe Neptunesっぽいと感じた「Echo」はDanja製作(ソングライティングにThe ClutchのPatrick Michael "J. Que" Smithが参加)、ズカズカ突き進む感じが痛快な一曲でグッド。そして注目「Go Girl」はT-Painが製作&客演で参加、Ciaraの歌声もちょっぴりエフェクト加工されていて鼻につかない程度、T-Painのラップ援護射撃も面白くて味わい深い一曲に仕上がっています。

最初聴いた時は正直“う~ん微妙かな”と思いました、購入決めるまで時間かかったし周りの評判もあまりよろしくない(?)感じですし。ただ何度も聴いているうちに結構僕は嵌ってきています、実験的な曲も多くてこれはこれでCiaraのチャレンジ精神が出ているかなぁと。Ciaraの歌声がどちらかというと“静かでクールでクリア”な印象なので、こういう深々と響く電子チューンとの相性も良かったかなと。それにきちんとダンス曲も満載で、意外と巧い一枚になっていると思うんですが、皆様はいかがお感じでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment