RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「The Beyonce Experience Live」
beyonce-exdvd-covs.jpg


BeyonceのライブDVD『The Beyonce Experience Live』の御紹介。毎回思うんですが、Beyonceは本当に商売上手ですよね、やり口が巧妙です。まぁそんな毎回後出しで出てくる豪華盤やら何やらを購入する方もそういないのかもしれませんが、僕は完全に購入していますんで(阿呆)。いや、Beyonce好きですからね、ファンとしてはもう仕方ないんですよねぇ(悔)。とは言っても本作は絶対に購入して損は無いです、Beyonceが何故これほどの人気を誇っているのるのかを、否が応にも再認識する事でしょう。
それでは気になる内容についてですが……まず本作で功を奏しているのが“女性だけ”で組まれたバンドです、日本の番組で歌う時も連れて来ていたんで気にはなっていたんですが、この女性のバンドが皆個性があって、色んな意味で美しくて、彼女達だけでも充分に楽しませてくれます。演目でちょっと触れてゆくと、まずは「Crazy In Love(Crazy Mix)」で幕開け、胸のパックリ見えた銀のドレスのBeyonceに僕は大興奮、あのむっちりしたBeyonceバディがたまらんです(鼻血)。最初のロボットダンスは“おいBeyonce壊れたの”って心配になりましたが、途中でのGnarls Barkley「Crazy」引用はめちゃカッコ良かったし、丸々した女性コーラス三人の腰振るダンスも可愛くて、最後の部分のダンサー率いたBeyonceのダンスも相変わらずテンション上がりました(鳥肌)。The Neptunesが製作した「Greenlight」はライブで観て余計に格好良く感じた、途中の拳を突き上げての“ごー♪ごー♪ごー♪ごおーおおーお♪”は圧巻、The Neptunes恐るべし。「Baby Boy(Reggae Medley)」はRaggae風味をふんだんに取り入れていた為に、そっちが苦手な僕はちょっとテンション下がったかな(我侭)。しかしそのまま流れ込む「Beautiful Liar」でまた一気に沸騰、腰をクネクネうねらせながらステージ上を練り歩くBeyonceに興奮、Shakiraが出てくれば最高だったですが、しかしShakira無しでも充分に魅せてくれます。「Naughty Girl」も相変わらずの妖しさ、バックバンドと一緒に踊るのも面白い。そして僕は大好きな美しいバラード「Me Myself And I」はいつも以上にスローで熱っぽく力強く、より王道ソウルで感動モノ、この曲は本当に大好きなんです(惚)。男女の激しく絡むダンスと濃厚キスと共にそのまま滑り込む「Dangerously In Love(He Loves Me Mix)」も好きなバラード、あの荘厳でどこか物悲しげな雰囲気をそのまま、とにかくBeyonceが激情を込めて歌い上げる壮大さ、途中で挟まる歌を知らないのが残念。Ne-Yoがソングライティングで参加した「Flaws And All」は優しく包み込む大きな愛情はそのままに、最後はカメラがBeyonceをぐるりと回り、Beyonceが涙をポロリと零す素敵な演出(失神)。この曲はこのライブをより好きになりましたね、曲の持つ魅力を存分に表現したBeyonceの策略勝ち。男性ダンサーがサウス曲に合わせてエロい腰つきで女性を沸かした後に滑り込む「Independent Woman Part 1」からはDestiny's Child時代の楽曲のオンパレード、Beyonceを筆頭に女性全員で足とお尻をガクガクさせる(それさえも格好良く感じる)「Bootylicious」、Wyclef Jeanの声が聴こえるだけで発狂しそうになる「No, No, No Part 2」、縦横無尽に激走するのが魅力の曲をとことんスローにする「Bug A Boo(H-town Screwed Down Mix)」、Beyonceの冒頭の変なマイクの持ち方が疑問な「Bills, Bills, Bills」とやりたい放題。「Cater 2 U」では悩ましく滑らかにBeyonceが色気爆発で歌い踊る骨抜き曲、歌詞になぞらえた可愛い振り付けも個人的には超お気に入り。会場全体が“私の名前を言って”と絶叫する「Say My Name」、会場の床が抜けんばかりに全員が地を踏んで飛び跳ねる「Jumpin’ Jumpin’」と抜かり無し。そのうえ「Soldier(Soldier Boy Crank Mix)」ではタイトル通りにSoulja Boy「Crank That(Soulja Boy)」を引用するという遊び心、BeyonceもノリノリでSupermanダンスを披露しています(笑)。そしてDC後期の代表曲とも言える「Survivor(Destiny's Child Reunion)」では“一人じゃつまらない”と.Kelly RowlandとMichelle Williamsを召還、もう会場はパニック起きそうなほどの熱狂でテレビで観ている僕も大興奮。欲を言えばDCメドレーは三人でもっとやって欲しかった、それは我侭ですかね。アフロ女性の危険なギターソロが吼え捲くる「Ring The Alarm」 でボルテージは再び最高潮、この曲の持つ破壊力に再び圧倒されっ放しになる一瞬。PVを交えたイントロで一気に会場の期待も高まる「Upgrade U」では遂に恋人Jay-Zが登場、会場が割れんばかりに絶叫し地響き鳴らして揺れる様子は圧巻(固唾)。Jay-Zの余裕たっぷりな王者ラップは鳥肌が立ちっ放しのカッコ良さだし、二人のクールな掛け合いも素敵。誰もが「Deja Vu」でJay-Z登場を予想していただろうに、そこを覆す技ありなBeyonce。そしてその流れを器用に流し込む「Bonnie And Clyde(Prince Mix)」、Jay-Zそのままでも良かったのに声ネタだけ使う、憎いですわぁ(溜息)。エロエロにお尻を突き出して魅せるBeyonceに発狂しながら入る「Check On It」、可愛くもバンギンに跳ね回すビートはSwizz Beatzならでは。もう本当に短いんですが絶対に必要なシーン、踊りも面白くて盛り上がります。そしてPVで魅せる面白いダンスが話題となった「Deja Vu 」は、PVそのままに踊るのも面白格好良いしステージングも爆発的でエンターテイナーBeyonceを充分楽しめます。蜂のサイボーグとなって現れる「Get Me Bodied」はもはや反則技、ステージ上で全員が跳ねて絡んで踊り回す最高の一曲。蜂をあしらった衣装のBeyonceも可愛いし、なによりもたわわな胸が揺れるダンスに見惚れて鼻血出そうになります(阿呆)。そして映画『Dreamgirls』よりDeenaキャラで登場、そのまま「Listen」という上手い策略にガッチリ嵌る僕、少しキーが低めですがそれでも迫力は充分で申し分無し。そして最後は超特大ヒットとなった「Irreplaceable」を会場全員で大合唱(昇天)、指を左にやる振り付けも簡単で全員がやって相乗効果で印象深い。アコースティックギター一本での演奏もライブならでは、会場に居る男性もこの時だけはさぞかし居心地悪かったでしょうね(苦笑)。

Beyonceは巧者です、自身の上手い魅せ方(演出方法)をよく熟知していますし、自身の楽曲の強みを完全に把握し、その魅力を最大限にまで引き出しています。兎にも角にもBeyonceの圧巻のパフォーマンスに酔い痴れて下さい。そして男性は胸元に釘付けになって下さい、あんなナイスバディの彼女だったらたまらんです(妄想)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment