RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2Pac「All Eyes On Me」
2pac-aeom.jpg

Notorious B.I.G.と並び、今なおHip Hop界の巨頭として絶大な人気を誇る2Pacの通算四作目となる『All Eyes On Me』を御紹介。本作はなんと900万枚ものセールスを記録、この数字だけでも2Pacが物凄いカリスマである事が証明されています。ちなみにジャケットにて2Pacがしているハンドサインは“W”を象っていて“Westside”をレペゼンしているのです、知ってるか(笑)。2Pacは本当に男前ですよね、生きていたら絶対に俳優としても大成功していたでしょうねぇ(惜涙)。
それでは歴史的大作の一部をほんのちょっぴり紹介……本作は大容量の二枚組となっておりまして、僕はよく知らない2Pac率いるOutlawzやらなんやらが参加している曲も多いので、好きな曲だけ紹介します。まずは“Book 1”となっているDisc 1から触れますと。まずは誰もが耳にした事のあるダークで不穏なビートが武骨でカッコイイ「Ambitionz Az A Ridah」で幕開け、製作は当時Dat Nigga Daz名義であったDaz Dillingerが担当。シンプルなビートループに2Pacの太く切れた唾吐く威勢のいいラップがガンガン衝突かる一曲で、2Pacの圧倒的な粋に痺れ上がります。Cameo「Candy」をサンプリングしたメロディアスな西海岸曲「All About U」では、現Snoop DoggであるSnoop Doggy DoggとNate Doggが参加、制作はJohnny "J"が担当。こういう爽やかなR&Bトラックでは2Pacの武骨なラップも優しくソフトに聴こえるから不思議、しかしこの曲はNate Doggの下手ウマな歌フックがかなりナイスなエッセンスとなっています(魅力)。Dat Nigga Daz製作で再びNate Doggがその喉を振るわす「Skandalouz」もクールで綺麗なR&Bトラックで、やはりNate Doggの歌声がしんみりと響くフックが最高(痺)、2Pacの歯切れのいいラップも本当にカッコイイとしか言い様がない。引き続きDat Nigga Dazが製作の「Got My Mind Made Up」では、そのDat Nigga Dazに加えてKrupt、Redman、Method Manが参戦。Daz DillingerとKruptは分かりますが、東海岸よりRedmanとMethod Manまで引っ張り出されているのが興奮モノ。最後に登場する二人はやはり曲者でカッコ良くて、僕的には2Pacに勝るとも劣らない破壊力でしたよ。「How Do You Want It」はJohny "J"製作で、なんとあのK-CiとJoJoが参加しています(興奮)。Quincy Jones「Body Heat」使いのセクシーでメロディアスなソウルトラックに、二人の熱抑えめの灼熱ボイスが乗っかるナイスな一曲(嬉)。Dat Nigga Daz製作の「2 Of Amrikaz Most Wanted」もカッコイイなぁ、客演のSnoop Doggy Dogも相変わらずのユルさで存在感抜群。繊細さ溢れるメロディラインに浮遊感のある電子音が漂い続ける「No More Pain」、製作はあのDeVanteという事で驚き、なんならここでもK-CiとJoJoを使って欲しかった。Prince & The Revolution「Darling Nicki」をサンプリングした、ホーン散りスクラッチが炸裂するファンキーな「Heartz Of Men」はDavid Blake製作。これは元ネタが凄く活きていて面白さがギュッと濃縮されています、2Pacの淡々と突き進むラップもこれまたド渋な格好良さ(粋)。R&B好きにはもう失神しそうなほどたまらないThe O'Jays「Brandy(You're A Fine Girl)」使いの昇天曲「Life Goes On」、製作はJohny "J"が担当。ここでの天国にいるかのように輝き美しいトラックも素晴らしいし、優しく包み込むような深みのある2Pacも素敵過ぎ、2Pacが魅せるこういう面が大好きです(涙流)。カリスマならではのその曲名と、トークボックス使ったフックも印象的な「Only God Can Judge Me」はDoug Rasheed製作。Mike MosleyとRick Rock(!)製作の「Tradin War Stories」も、James Brown「It's A Man's Man's Man's World」を使った影のあるソウルトラックでカッコイイんです(渋)。本作の注目曲であるDr.Dre製作の「California Love(Remix)」はDr.Dre、それからZappよりあのRoger Troutmanが客演参加(!)。Roger Troutmanのトークボックスをフルに駆使したゆらめく歌フックがかなり中毒性高くて酔います、改めてDr.Dreの凄さを思い知ります(畏敬)。柔和な歌声がなんとも魅力的なDanny Boy客演の「I Ain't Mad At Cha」は、Dat Nigga Daz製作でサンプリングにDeBarge「A Dream」を使った悲しみの雨降る様なドラマチックな一曲にグッと来る。引き続きDanny Boyが青臭い歌声で悩ましくも情熱的に攻める「What'z Ya Phone Number」はJohny "J"が製作、The Time「777-9311」を下敷きにした小気味よいデジタル音の連続からの突進曲で、この勢いは誰に止められないです(邁進)。
そしてもう一方が“Book 2”なるDisc 2で、こちらはかなり知らないMCの客演が多いんです(汗)。Dr.Dre製作の完全に西海岸な音の鳴りが懐かしくもある「Can't C Me」、Johnny "J"製作でHank Crawford「Wildflower」使いの(Kanye West「Dlive Slow」と同ネタ)「Shorty Wanna Be A Thug」、Bobby "Bobcat" Ervin製作で女性シンガーの情熱的な歌声がほとばしるガンガンな「Holla At Me」などの2Pac単独曲がカッコイイ、思う存分2Pacを堪能できます。これら以外ではDJ Poohが製作を担当したOutlawzとImmortalz客演の「When We Ride」、Dramacydal、Jewell、Storm客演でZapp & Roger「Computer Love」拝借のトークボックス曲「Thug Passion」、Richie Rich客演でBootsy Collins「I'd Rather Be With You」使いの流麗R&Bトラックがカッコイイ「Ratha Be Ya Nigga」、Michel'le、Mutah、Storm客演でGuy「Piece Of My Love」を使った甘美で悩ましい「Run Tha Streetz」、QD3(Quincy Jonesの息子)製作で打ち込み駆使したメロディアスなサウンドがキラキラと綺麗な「Heaven Ain't Hard To Find」なんかが素敵です。

素晴らしい(絶賛)、これ述べる以外に賛辞はないです。これを聴かずしてHip Hopは語れません、絶対に一度は聴いておくべきだと思います。時に強く烈しく、時に優しく深い2Pacの太い声が僕は大好きです(惚)。Notorious B.I.G.「Life After Death」と一緒に、お家のCD棚に並べて拝みましょう。ちなみに僕は2Pacも好きですが、どちらかと言えばBiggie派です(余談)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment