RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Michael Jackson「HIStory:Past, Present and Future, Book I」
album-Michael-Jackson-HIStory.jpg

“20~21世紀最高のアーティスト”として皆から愛されたMichael Jacksonの『HIStory』を御紹介。このアルバム『HIStory』はベスト盤であるDisc 1と、新曲15曲を収録したDisc 2の二枚組アルバムとなっているんです(豪華)。これまでに発表されたMichael Jacksonのメガヒット曲を網羅したベスト盤と一緒に、新曲も楽しめる、一粒で二度美味しいなこのアルバムはかなりお薦めです。このジャケットに写っている銅像、これ以上の物が今後建てられるかもしれませんね(冥福)。
それでは内容について触れますと……まずはDisc 1から御紹介、なのですがもうベスト盤なのでざっくりと曲目だけを御紹介したいと思います。Michael Jackson(以降はMJと表記)の神業ダンス“ムーンウォーク”が炸裂するのも記憶にしっかりと残っている「Billie Jean」、MJのハイトーンヴォイスが陽気に跳ねる気分上々な「The Way You Make Me Feel」、ガンガンRockなエレキギターサウンドにMJのサンシャインヴォイスが眩しい人種差別を吹き飛ばす「Black Or White」、スムーズなディスコダンスチューンに心躍る甘ぁ~い「Rock With You」、涙が溢れて止まらないエモーショナルな失恋曲「She's Out Of My Life」、これぞポップミュージックな作りとMJの爆発的なボーカルで一瞬にして打ちのめされる「Bad」、神秘的で優しいメロディに癒されるSiedah Garrettとのデュエット曲「I Just Can't Stop Loving You」、そのSiedah GarrettとGlen Ballardが共同で書き下ろした一人の男の成長への希望を歌い上げたメッセージソング「Man In The Mirror」、知らない人は絶対に誰もいないスリラーホラーなラヴソング「Thriller」、激しいビートに合わせてMJの歌声が体を突き抜けて激しい衝動を感じる「Beat It」、Paul McCartneyと一人の女性を取り合う物語が優しいメロディと好対照な「The Girl Is Mine」、Teddy RileyらしいNJSなトラックがクールな格好良さの「Remember The Time」、パーカッションが鳴り響くビートともに舞い上がるMJのファルセットヴォーカルに気持ちよくなる「Don't Stop 'Til Get Enough」、今聴いてもそのデジタルチックな作りが巧妙でMJの器用さを感じる「Wanna Be Startin' Somethin'」、MJ自身が作詞作曲を手掛けた人類愛がテーマの純白スロウ「Heal The World」、どれもが一度は耳にした事のある名曲ばかりで、これだけの名曲を生み出したMichael Jackson(そしてやはり多くの楽曲を提供したQuincy Jones)は凄いと思う(驚異)。
そして続くのがDisc 2でして、こちらは完全に全てが新曲という事でかなり重要。幕開けを飾る「Scream」からして要注目曲、なんと妹であるJanet Jacksonと初共演、そして製作を手掛けたのはこれまたMJとは初顔合わせとなるJimmy Jam & Terry Lewisが担当(驚愕)。Janet Jackson×Jam & Lewisの黄金方程式にMJが乗っかり、これがもう最ッ高にクールなデジタルダンスチューンで、MJの叫び声に近い歌声とJanet Jacksonの柔らかな艶っぽい歌声が、対比を成しながらも見事な融合を遂げています(兄妹)。世間やマスコミに向けられた“プレッシャーをかけないでくれ♪”と歌う詞も印象的で、MJとJanetというポップアイコンならではの切実なメッセージ。MJ自身が製作した打ちつけるビートのみで進んでゆく「They Don't Care About Us」、MJの怒りに満ちた烈火のような歌声が凄まじい迫力で、硬質なビートがそれを更に強固にしています。再びMJ製作の「Stranger In Moscow」は、MJが得意とする社会的メッセージソング。「This Time Around」はDallas Austinが製作したエッヂの効いた電子曲、この曲でもMJはどこか痛烈で攻撃的なボーカルを披露していて、MJの心情を全て吐き出し吐露するソングライティング技術に圧倒させられます。しかもこの曲ではNotorious B.I.G.のラップがfeat.されていてそれもまた大きな魅力、MJはその後の『Invincible』でもBiggieのラップをfeat.しているので、よほどお気に入りだったのでしょうね(推測)。MJとDavid Fosterが共同で製作した「Earth Song」は、世界規模での平和を願った一曲で、どこか悲しみに暮れたメロディが胸を打つ一曲。「Money」もMJ自身が製作を担当、硬派なHip Hop調のビートでは低く囁く声で、転調して滑らかなメロディでは優しい歌声を聴かせる技巧派な一曲。「Come Together」はThe Beatlesのカバー、MJが歌うとまた違った味わいでカッコイイ。映画『Free Willy 2』のテーマ曲「Childhood」はMJとDavid Fosterの共同制作、繊細なクリアなMJの歌声が響き渡る純白スロウで、MJのシンガーとしての底力を感じる一曲。ジャカジャカなビートにMJの激しいラップにも近い歌声が炸裂する「Tabloid Junkie」は、MJとJam & Lewisとの共同制作。その後に続く鮮烈なビート上で暴れる「2 Bad」と静と動が共存する不思議なメッセージソング「History」も、MJとJam & Lewisとの共同制作曲。最後を締め括る「Smile」はDavid Foster製作曲、星空のように淡くも眩しいぐらいに輝く優美なトラックがDavid Fosterならではで聴いていてウットリしてしまいます。しかし本作で最も要注意なのがこの曲、あのR.Kellyが製作した「You Are Not Alone」、R.Kellyが書いた詞はいつものエロさを完全封印し、恋人を失った孤独を優しく歌い上げる情緒溢れる失恋バラードを完成(涙)。恋人を失った孤独が、どこか孤高の天才としてどこか影のあったMichael Jacksonとリンクして、すごく物寂しい気持ちになってしまいますよねぇ。本当に綺麗なバラードで、この二人の相性はすごく良いなと感動してしまいます。

注目曲はJanet Jacksonとの「Scream」と、R.Kelly製作の「You Are Not Alone」で決まり。この二曲目当てで購入するのも有りですし、その上きちんとヒット曲を網羅したベスト盤まで付いているんだから、Michael Jacksonを堪能できる二枚組となっている筈です。こうやって聴いていると、ダンスだけでなく、本当に歌の巧い人だったんだなぁと痛感します、ありがとう“King Of Pop”。
スポンサーサイト



Comments

僕は、Smileが好きです。
Takuoさん、コメント有り難う御座います!
「Smile」は故Michaelも大好きだった一曲ですよね、多くの人がカバーしているチャップリン作曲の名曲、でも僕もMJの歌う「Smile」が、今となっては一番色濃く残っている気がします。
良かったらまた是非、遊びにきてくださいね★

Leave a Comment