RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Michael Jackson「Off The Wall」
jackson_offthewall.jpg

“King Of Pop”こと世界最高のエンターテイナーMichael Jacksonの通算五作目『Off The Wall』を御紹介。まずこのダンスシューズの写ったジャケットが最高に熱いですよねぇ(溜息)、これぞ皆の印象にあるMichael Jacksonだと思います(視覚効果)。でも多分これは後発のSpecial Edition用のジャケットかも、まぁそこは御愛想です。まず最初に言っておくと、僕個人としてはモンスターアルバム『Thriller』よりもこの『Off The Wall』の方が好きかなぁって気がしてます。このアルバムもMichael Jacksonの才能がぎゅ~っと濃縮されていて、なおかつ黒い一枚となっております(宝物)。
それでは今なお燦然と輝く芸術作品とも呼べる一枚を御紹介……最初に断っておきますが、全曲のProduceをQuincy Jonesが担当しています(周知)。まずはMichael Jackson(以降はMJと省略表記)の“ふぉーーーぅ♪”の合図で始まる軽快ダンスチューン「Don't Stop 'til You Get Enough」で幕開け、この曲でMJは完璧なまでの全ファルセット駆使の歌唱法を披露。考えれば裏声で歌っていたのはEarth, Wind & Fireもそうでしたが、それでもやはりMJの印象を強めた感のある一曲。スムージーな電子音にMJの伸びやかな歌声がリラックスしていて心地良い「Rock With You」、女の子を口説く甘いダンスチューンでMJの中性的な高音ボイスが素晴らしい、朝に聴いても夜に聴いてもフィットするスウィートソング。MJが息使いを巧く作用させて疾走感を加速させる事に成功している「Workin' Day and Night」、このガチャガチャ感とMJの鋭く小刻みなファルセットが僕の胸の鼓動を高鳴らせ早くするんです(最高)。この曲は本作中でも僕はかなり好きな一曲で、MJの隠れ名曲だと思います。これぞ王道なダンスディスコチューン「Get on the Floor」も聴いているうちに自然と体が動き出す、MJの力強い歌声にもハッとさせられます。Rod Tempertonが書き下ろした「Off The Wall」も完全なディスコチューン、この曲はフックに入る前の煌びやかな電子音への転調が素晴らしく、MJのわざと細かくカッとしたファルセットフックも耳に残る。The BeatlesのPaul McCartneyがソングライティングしたキュートで爽やかな「Girlfriend」が、これだけディスコチックな一枚の中では際立って異色な一曲になっていますが、MJが心底楽しんで歌っているのを聴いていると思わず微笑んでしまいます。宇宙空間を遊泳している様なフワフワした感じがあまりに心地良くも美しい「I Can't Help It」も好きだなぁ(惚)、ソングライティングはあのStevie Wonderが担当。メロディーは優しくて純粋な感じだけれど、どこか官能的にも感じる美しさが漂っていて、MJのスマートで紳士な一面が光るナイスミッドでグッド。Carole Bayer SagerとDavid Fosterが書き下ろした「It's The Falling In Love」、キラリと輝きながらもどこか切ないメロディも素敵だし、繰り返されるフックとMJの“くらい♪くらい♪くらい♪”が甘酸っぱくも切なくて、思わず胸をキュンと締め付けられます。最後を飾るRod Tempertonが作詞の「Burn This Disco Out」は、もうとにかくノリノリ御機嫌でステップ踏んで踊るしかないダンスチューン。とどれもが素晴らしい曲なかりなんですが、僕が好きなのは珠玉の泣けるバラード「She's Out Of My Life」、この曲の邦題は「あの娘が消えた」です。Tom Bahlerが書いた別れた恋人を想い失望する詞もすごく感情移入できる内容で、ドラマチックで、あるで映画のラストシーンを観ているような感覚になる。そしてこの曲では本当にMJのヴォーカリストとしての魅力が最大限発揮されていて、曲の最後の方ではもうMJが泣きそうな声で消え入るような声で歌っているのがすごく切ない(涙)。失恋を経験した事のある人なら誰が聴いても、きっと涙を流さずにはいられない珠玉の失恋バラードがこの曲です(美曲)。

最高にカッコイイ、全ての音楽要素を吸収し昇華したPop音楽を追及し完成させたのが『Thriller』以降なら、この『Off The Wall』は彼のBlack Musicへの愛情と才能が爆発した最後の一枚なのかもしれません(憶測)。とにかく最高のディスコチューンが満載の一枚に感服してしまいます、Michael Jackson×Quincy Jonesの相性の良さも抜群で、後世に語り継がれる珠玉の楽曲の数々を是非聴いて頂きたい。Michael Jacksonが遠い世界に旅立った今こそ、もう一度聴き惚れたい最高のR&Bアルバムです(遺産)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment