RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

Teena Marie「La Donna」
TeenaMarieLaDona2004.jpg

Blue Eyed Soul界では大御所のTeena MarieのCash Money Records移籍第一弾アルバム『La Donna』を御紹介。Teena Marieといえばヒット曲「Ooh La La」が有名で、The Fugeesが「Fu-Gee-La」で下敷きにしていましたねぇ。僕も「Ooh La La」しか知らなかったこのTeena Marie、本作はあのBabyことThe Birdman主宰のCash Money Recordsからの配給という事で、ふんわり購入しました。
それでは簡単に内容を御紹介しましょう……本作ではTeena Marieが全曲の制作に関与、昔から彼女のソングライティング能力が高いのも人気の理由の様です。まずは注目曲から御紹介、つまりBlack Music系統のアーティストが参加している曲から。まずはなんといってもあのGerald Levertとの濃厚デュエット曲「A Rose By Any Other Mine」ですね、これがまたまったりスイーツな仕上がりで聴いてて気持ちがスッキリ晴れやかになります。Teena Marieの突き抜けるような高音と、Gerald Levertの全てを包み込んでしまう熱い歌声の絡み合いが最高に痺れるバラード(失神寸前)。この曲目当てで購入しましたが、その価値はありました。キラキラ光りながらもどこかアジアチックなメロディが妖しい「Off The Chain」ではBabyことThe Birdmanが参加、別にBaby嫌いではないですが、せっかくなら曲者なLil WayneかJuvenileに客演させたらよかったのに(惜)。「The Mackin' Game」ではこれまたベテランのMC Lyteが参加、どこかインド民謡っぽいトラックにMC Lyteの太いラップがガツンと乗っかります。あとはInterludeっぽい短い「Revelations 3:8 Introduction」ではCommonが参加、せっかくなら一曲がっつりfeat.すればよかったのにぃ(残念)。他にはDeDe O'Nealなる白人女性シンガーとのデュエット、これもまたどちらも素晴らしい歌ヂカラを持っていて素敵なハーモニーで天晴れ。子供達の歌声にキュイキュイ鳴るHip Hop仕様なトラックがカッコイイ「I Got You」はRick Jamesが客演参加、彼は彼女のデビューを後押しした人物でもあるらしいです。Alia Roseが参加した「High Yellow Girl」も、どこかオーガニックな仕上がりがBlackな感じでドロっとしたアダルトな格好良さを演出。Teena Marie単独曲もすこぶる良い曲ばかりで、女版Anthony Hamiltonとも言えそうなほど真っ黒で渋い「I'm Still In Love」も、ちょっぴりシンセサイザー使ったThe Neptunesっぽいエッヂ曲「Honey Call」も、トークボックスを駆使した蜃気楼曲「Makavelli Never Lied」も、ホーン鳴る怪しいJazzy風味の「Hit Me Where I Live」も、最後を飾る壮大なしっとりバラード「I'm On Fire」も、どれもがR&B/Soulな空気を多分に含んだ素晴らしい楽曲に仕上がっています(賞賛)。

ここまで真っ黒な曲ばかりだとは思わず、かなり驚きました。下手にポップな楽曲が皆無、Teena Marieのちょっぴり青臭いボーカルも鼻につかない程度で、聴いててすんなり入ることが出来ました。なんといってもGerald Levertとの「A Rose By Any Other Mine」が素晴らしい、Gerald Levertに負けない存在感できちんと対峙していたTeena Marieが凄い、そんでもってやっぱりGerald Levertの歌声が素敵過ぎて泣けます(涙)。
スポンサーサイト



以前紹介した「The Goonies 'R' Good Enough/Cyndi Lauper」と同じく、こちらも映画『グーニーズ』のサウンドトラックに収録されている曲。 Teena Marie(ティーナ・マリー)は、カリフォルニア州サンタモニカ出身のファンク・ソウルミュージシャンで、愛称は「Lady T」

Comments

Leave a Comment