RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Braxton「Toni Braxton」
Toni Braxton-tonicov

その低音ヴォイスがたまらなく魅力的なToni Braxtonの記念すべきデビューアルバム『Toni Braxton』を御紹介。容姿も歌声もカッコイイですよねぇ、僕は彼女が結構好きです。今の長い髪もセクシーで素敵ですが、このショートカットヘアも似合ってて可愛いですね(若)。L.A. ReidとBabyface主宰のLaEace Inc.からのデビューという事で、それはもう期待してよろしいです。
それでは内容を御紹介しましょうかね……まずはL.A. ReidとBabyface、それにDaryl Simmonsが製作した「Another Sad Love Song」、懐かしい香りのするR&Bでまさに90年代、大人の雰囲気たっぷりにToni Braxtonが歌い上げます。続く曲も三人で製作のソフトバラード「Breathe Again」、キラキラした輝きを散りばめた幸せ溢れる一曲は綺麗過ぎて溜息が漏れるばかり、“もう二度と抱き締めてもらえないのなら、もう二度と息をすることはないでしょう♪”なんていうちょっぴり怖い(?)詞の内容もどこか共感できてしまう(笑)失恋バラード。BabyfaceとL.A. ReidのLaFaceタッグが製作の「Seven Whole Days」は、優しい吐息混じりのブレスを上手く多用した切ない一曲。「Love Affair」はTim & Ted(TedとはTeddy Bishopの事)が共同制作、正しく恋愛事件な内容の詞にも御注目。「Candlelight」はL.A. Reid×Babyface×Daryl Simmons製作曲、タイトルも手伝ってかどこかクリスマスっぽいあったかさが心地良い愛の灯火曲にホンワカします。「Spending My Time With You」はBo & McArthur製作の元気曲、軽快に跳ねる明るいR&Bトラックが懐かしくて、聴いててちょっと恥ずかしくなるぐらい(笑)。「Love Shoulda Brought You Home」はL.A. Reid×Babyface×Daryl Simmons製作曲、“愛があればあなたは昨晩帰ってきたはずよ♪”と男を責める待つ女性側の曲で、Toni Braxtonの真っ直ぐと伸びる力強い歌声に勇気付けられる女性も多いはずの一曲。Vassal Benford製作の「I Belong To You」も90年代当時ならではの懐かしいR&B曲で、当時聴いてなかった僕でも昔を思い出してしまう曲。冒頭の溜息混じりのハーモニーからして骨抜きにされる美しさの「Haw Many Ways」はVincent Herbert製作曲、その美しさに昇天すること間違いなしの曲。「You Mean The World To Me」はL.A. Reid×Babyface×Daryl Simmons製作曲、ここまで来るとそろそろ途中でBabyfaceの柔和な歌声がコーラスとして挟まっても良かったんじゃないかと思ってしまう(強欲)。最後を飾るErnesto Phillips製作の「Best Friend」は、愛の終わりを告げるピアノ主軸のほぼToni Braxtonの歌声な一曲で、儚くも切ないToni Braxtonの歌声に思わず涙が零れそうになる秀逸バラード(胸打)。

この頃はまだそれほどToni Braxtonの低音ヴォイスが際立っていません(あと官能的な感じも際立っていません)が、とにかくLaFaceグループによる美曲の嵐となっています。Toni Braxton好きにも、90年代R&Bに触れたい方にも、Babyface好きの貴方にもお薦めしたい一枚、歌の上手い女性とはこういう人を言うのです(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment