RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2007年アルバムTop10
……とまぁこんな感じでしょうか、そんな沢山はアルバム購入していませんし、2007年の最後の方に購入したアルバム達(Mary J. BligeやらThe-Dreamやら)はそんな聴き込んではいない為、ランキングからは敢えて外しました。こういう一年の最後に出たアルバムは、来年度のランキングに入るように、来年からは考慮したいと思います。



第十位 Marques Houston 『Veteran』
mhv10s.jpg


まずは第十位のMarques Houston『Veteran』、これはもうあの涙涙の失恋曲「Circle」での、あの切な過ぎるファルセット歌唱法での胸撃ち抜きからのランクイン。僕はMarques Houstonの歌声って好きなんですよ、この曲以外もどれも安心して聴けて良かった、でもBryan-Michael Coxの奏でるピアノ旋律とあの踊りが素敵でした。


第九位 R.Kelly  『Double Up』
rkd10s.jpg


次に第九位のR.Kelly 『Double Up』、この一枚は流石は大ベテランR.Kellyだけあっての豪華客演陣が凄かった、そしてそれなのにけして存在感で負けなかったR.Kellyに完敗でした(天晴)。T.I.とT-Painを新たに引き入れて自身のヒット曲にしてしまった「I'm A Flirt(Remix)」も面白かったし(笑)、他の客演も良かった。でもやっぱり一番はUsherとの共演「Same Girl」、曲のプロットも面白くてヤラレました。


第八位 T-Pain 『Epiphany』
tpe10s.jpg


次に第八位にはT-Pain『Epiphany』、これは自分でも意外でした(驚)、なぜならこのアルバムは購入当初はまったく好きではなかったから。でも気付けば車の中で聴いていたり、iPodスピーカーから流れる彼の歌声にピタと止まったり、いつの間にやら好きになっていました。もうちょっと歌中心の曲ばかりになっていたならば、もっと上位に喰い込んでいたと思います、今年もT-Painの勢いは止められないんでしょうか、Akonと共に一味違う曲を提供し続けて欲しいですね。


第七位 Rihanna 『Good Girl Gone Bad』
rgg10s.jpg


次に第七位のRihanna『Good Girl Gone Bad』、これもハッキリ言って自分では驚き、Rihannaって基本的にはそんな好きなシンガーではなかったので。しかしそこはやはりThe-DreamとC. "Tricky" Stewartの今を時めく黄金コンビが書いた「Umbrella」が凄まじかった、Jay-Z援護射撃ってのも文句無しの強さだったし、Rihannaの癖ある“えら~えら~え~え~♪”も嵌ってた。あとはTimblandとJustin Timberlakeが手掛けた「Rehab」も大好き、この曲はもうJustin Timeberlakeがそのまま歌っても良かったとは思うけれど。


第六位 Talib Kweli 『Eardrum』
tke10s.jpg


次に第六位のTalib Kweli『Eardrum』、このアルバムは本当に良質でボリュームも満点で文句無しでしたよね。Talib Kweliのあの甲高いラップもかなりツボですし、Hi-Tekにwill.i.amにJust BlazeにKanye WestにMadlibにPete Rockと、製作陣が通な人選でグッド、そのうえゲスト陣もUGKにRaheem DevaughnにKanye WestにLyfe JenningsにMusiq SoulchildにNorah JonesにKRS-Oneと面白かったですよね。でも一番好きだったのはJustin Timberlakeが製作&ゲストで参加した「The Nature」かな、これは格好良かったですよね。


第五位 J.Holiday 『Back Of My Lac』
jhb10s.jpg


次に第五位のJ.Holiday『Back Of My Lac』、これはもう彼の歌声にウットリで御座いました。最初「Bed」を聴いた時はそんなピンと来なかったけれど、いつのまにか“べー♪べー♪べー♪べ~~え~♪”って口ずさんでいる僕がいました(笑)。しかしこの「Bed」一曲だけだったかと言うとけしてそうではなく、全ての楽曲でJ.Holiday節が滲み出ていて素晴らしい出来上がり、Rodney Jerkinsが製作した「Be With Me」も今聴き返すとすっげぇカッコイイんですよねぇ、これからも是非頑張って頂きたいシンガーの誕生でした。


第四位 Kanye West 『Graduation』
kwg10s.jpg


次に第四位のKanye West『Graduation』、なんだかんだでやはり好きな一枚となりました。今回のKanye Westアルバムも彼自身のラップは聴いてて途中で飽きるんですが(失礼)、それをガッチリとカバー出来る良質な楽曲群がここまで順位を押し上げました。Kanye West自身だけでなく、DJ Toompを招いての楽曲製作も功を奏していました(流石)。T-PainやLil WayneやDJ PremierやChris Martinといったゲスト陣もどれもカチっと嵌め込まれていて素敵でしたし、なにより「Storonger」といった新たな世界を広げたその底力も圧巻で御座いましたよ。ただやはり、ラップの面では物足りなくて、あのまま同じ音構成で他のMC(Jay-ZとかTalib KweliとかTwistaとか)がやっていたら、もっと順位は上がっていたかも。


第三位 Alicia Keys 『As I Am』
aka10.jpg


いよいよ第三位はAlicia Keys『As I Am』、もうここからは実は僅差でもう順位付けるのも難しかったんですけどねぇ。とにかく今回のAlicia Keysはやってくれました、もう彼女は完全に別格となった感があります(涙)。もう全曲が完璧にソウルフルで熱くて優しくて……心温まる曲の数々で今年の冬は本当に助けられました。「No One」でのあの真っ直ぐ過ぎて胸を打たれる歌詞、「Like You'll Never See Me Agai」でのあの切なくも儚くも優しいあの歌声、John Mayerを迎えてのブルージーな「Lesson Learned」なんかもすごく素晴らしかったですよね。今までのAlicia Keys作品の中でも間違いなく最も好きな一枚だと断言できる、“音楽”の素晴らしさを教えてくれた一枚でした(賞賛)。


第二位 Jay-Z 『American Gangster』
jzag10.jpg


第二位に堂々のランクインは我らがJay-Z『American Gangster』、これはJay-Zファンでない方にとっても納得の順位ではないかと思います。まずあの硬質でざらついたトラック群は他のどのラップ作品と比べても、群を抜いて格好良かったと思いますし、あの空気感はJay-Zでなければ出せなかったと思います。ああいう一枚に仕上げる為にサウンドプロダクションも殆どを仕切ったSean "Diddy" Combsは冴えていたし、他にも飛び道具的なLil WayneやBilalなんかもバッチリで御座いました。The Neptunesが得意のスカスカサウンドで挑んだ「Blue Magic」も面白かったし、Nas参加の「Success」もバッチリ、最後を飾るJust Blaze製作の「American Gangster」も疾走感が快感、Jermaine Dupriもいつもと違った曲で良かった。黒い魂がギッシリ詰まったサンプリングネタたっぷりのこの一枚は僕好み、昔のソウルアルバムが途轍もなく欲しくなりました(欲望)。Jay-Zが久々に本気を出した一枚、最近のHip Hopに飽きた方には是非聴いて頂きたいですね。


第一位 Bobby Valentino 『Special Occation』
bvs10.jpg


そして遂に第一位、これは結構すんなり決まった気がします、それぐらいこのアルバムは高評価だったと思います、Bobby Valentino『Special Occasion』。まずはあの先行シングル「Anonymous」でガツンとやられましたよね、Timbalandに完敗でしたね、あのキラキラ感は予想外でした(射抜)。その他の曲もどれも素晴らしくて、Babyfaceのカバー「Soon As I Get Home」もツボでしたし、前作から引き続き多くの曲を提供していたTim & Bobコンビも素晴らしい腕ですし、その他のProducer陣も皆イ~イ仕事してるんですよねぇ(溜息)。ただ、そんな中でも最も好きで繰り返し聴いていたのが、Rodney "Darkchild" Jerkinsが製作した「Turn The Page」、この切なさったらない、Bobby Valentinoの高く甘酸っぱい歌声がまたたまらなく感情を揺さぶるんです(涙)。歌詞もすごく素敵で、この歌詞に助けられた事もありましたよ。とにかくBobby Valentinoというシンガーが、これからのR&B界には絶対不可欠なんだという事を、きっちり証明してくれた価値ある一枚だと思います。他のどの歌モノ作品よりも数段素晴らしい仕上がりだっと豪語できます(推薦)。



……という結果になったんですが、どうでしょうか、皆様の好きな一枚は納得できる位置にいましたでしょうか(笑)。やはり迷いに迷ったアルバムも沢山あるんですよねぇ、50 Cent『Curtis』とかT.I.の『T.I. vs T.I.P.』とか、Joeの『Ain't Nothin' Like Me』、あとはKeyshia Coleの『Just Like You』とかね。特にKeyshia Coleなんかは相当迷ったんです、凄く良いアルバムだったんすがリリース時期がかなり最後の方だったんで、聴いた回数で負けたんですよねぇ。でもそうやって考えたら2007年末に出たAlicia KeysとJay-Zの両作品が、Top 3にランクインしているのは凄いですよね。
今年もまた素敵な一枚がたくさん僕を喜ばせてくれるんでしょうね、今からすごく楽しみです。今年はレコードにも手を出そうかと思っているんです。でもね、それじゃ幾らお金があっても足りないなぁって……去年一年はそれで結局購入しなかったんですが……今ものすごく欲しいんですよねぇ、でも今は家電の買い過ぎで本当に貧乏、考えないとなぁ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment