RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Dr.Dolittle 2」
drdolittle2.jpg

Eddie Murphy主演の人気映画の続編のサントラ盤『Dr.Dolittle 2』を御紹介。僕も前作は観たんですがこの続編は観ていません(汗)、僕はEddie Murphyは結構好きなんで観ても良いんですがねぇ。こういう黒人俳優が出演している映画のサントラはかなり秀逸な出来栄え&豪華なゲスト陣が魅力、一枚持っているとかなり聴き回しが効くからお薦めですね。
それでは簡単に内容に触れておきますと……まずはWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisが共同制作したThe Product G&B(Wyclef Jeanも参加)の「Click Click」、常夏っぽいギターリフ曲に“どぅーあーどぅーあーどぅわっわー♪”の掛け声が痛快、こういう軽快なリズムで突っ走れられると弱い僕。「Do U Wanna Roll(Dolittle Theme)」ではNext所属のR.L.とSnoop Dogg、それからLil' Kimが参加、Battlecat製作の完全ウェッサイなお調子者トラックにトークボックス使いがファニー過ぎる。R.L.のまったり歌声もSnoop Doggのゆるゆるラップも、Lil' Kimの唾吐く男顔負けラップも良いですね。Steve Estiverne製作の「Tameeka」ではMarioとFabolousがタッグを結成、爪弾くギターに絡むMairoの歌声がまだ青い、Fabolousの鼻声な二枚目ラップはこの時から健在で超カッコイイです(痺)。「Absolutely Not」は美人で歌の上手いDeborah Coxが登場、ちょっぴりスパニッシュで刺激的なアッパーがすこぶる良い、また新作出さないかなぁ~Deborah Cox(待望)。爽やかなギターサウンドに心が晴れやかになる「We Fit Together」は、白人黒人混成の男性五人組O-Townが登場、うん爽やかさ満杯ですごく好感持てます。「Two Step」はAlicia Keysとの共演経験もあるJimmy Cozierが登場、Soulshock & Karlinコンビ製作の疾走感抜群のラテン風味のこの曲は既出曲なんですが、やっぱり素晴らしいですね、超お気に入りです。そのAlicia Keysが登場するのが「Rear View Mirror」、製作は勿論Alicia KeysにKrucial Keysの面々(Fred Jerkinsも関与)。まだ若々しいAlicia Keysの歌声が可愛い、でもきちんと情感こもったドラマチックソングになってます。そしてたまらないのがあのLuther Vandrossの「If I Was The One」、製作はDamon ThomasとHervey Mason, Jr.から成るThe Underdogsです(歓喜)。The Underdogsらしい正当派なバラードにLuther Vandrossの柔らかシルキーな天使の歌声が乗り、汚い心がみるみる綺麗に洗われてゆきます(浄化作用)。「Makin' Me Feel」もAngie Stoneの既出曲、製作はあのRaphael Saadiqが担当。Raphael Saadiqらしい温かな生音にちょっぴり宇宙的な電子音が散らばったナイスミッド、Angie Stoneの深みのあるソウルフルな歌声も優しくて好き。「Life Is Good」は本作中では異色曲でLFOなるロックバンドが主演、しかし客演にあのM.O.P.が適度に暴れてくれているので充分格好良いんですよ。「Lookin' For Love」では前出のR.L.がNextで参加、共演は映画にも出ているLil' Zane。Walter "Little Walt" Millsap III製作のフレッシュでエッヂの効いたR&Bが最高、Nextのハーモニーも充分堪能できます。最後を飾るのはMedeirosなる男性シンガーコンビ(?)の「If I Knew」、製作はGen RubinとGiulianoなる人物達。歌い手も作り手も双方僕は知らないのですが、しかし素晴らしい一曲なんです(涙)。ギター弾き語りの温かアコースティックソングでBabyfaceの心地良さ、二人の掛け合いも美しくて文句無し(絶賛)。しかし僕個人としての注目曲はやはり、あのBusta Rhymesの同名曲の続編「What It Is(Part II)」、ここではBusta Rhymes率いるFlipmode Squadが勢揃い(勿論オリジナル同様、Kelisフックも健在)。The Neptunes製作のトラックもSlick Rick「Children's Story」を使っていじってあるのが良い、Flipmode Squadも皆がカッコ良くてキマッてるので好きです(特にSpliff Starが好き)。

既出曲多いんですが、それでもこれ一枚で充分楽しめると思います。これだけの一流アーティスト達の楽曲を一度に楽しめるってのは贅沢ですよねぇ、特にLuther Vandross×The Underdogsは僕的に痺れるタッグでした。興味のある方はどうぞ、聴いてみて下さいね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment