RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Deeper Than Rap」
rickrossdeeperthanrap.jpg

Miamiを代表し、今やYoung Jeezyと共にDef Jamの看板MCとなりつつあるRick Rossの通算三作目となる『Deeper Than Rap』を御紹介。ギャングスタならぬ元看守だったという経歴が明らかになった髭男ことRick Ross、人気に陰りが見えるのではと心配しましたが……要らぬ心配だった様ですね(笑)。あまりサウス物は苦手だった僕も最近はだいぶ慣れてきて、特にこのRick Rossは好きなMCの一人となっています。
それでは内容を簡単に御紹介しましょう……まずは心臓の鼓動から幕を開ける「Mafia Music」はThe Inkredibles、ピューッと風吹き抜ける荒涼トラックにゆったりと韻を踏むRick Rossの貫禄。前作でJay-Zを招いて披露された「Maybach Music」(これも本当に最高の出来だった)の続編「Maybach Music 2」、製作はJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが担当で、客演にT-PainにKanye WestにLil Wayneと豪華すぎる布陣を用意。Dexter Wansel「Time Is The Teacher」を下敷きにした美しく煌びやかな夜会系のメロディに、T-Painのメカチックに重ねられたハイな歌声が華を添えてて更にグッとメロディアスになってます。Kanye Westもシンプルにラップし、Lil Wayneもこういうメロディ物に適した程よくヘロヘロを抑えたラップをかまします、Rick Rossも全く負けておらず、しかし今回の勝者は完全にT-Painかと。続いてもJ.U.S.T.I.C.E. LeagueがAngela Bofill「Gotta Make It Up To You」を下敷きに「Magnificent」を製作、流麗なディープトラックにドカドカ鳴るキック、そこに太くも滑らかな喉を鳴らすRick Rossの軽やかなラップが凄まじく良い。そしてこの曲ではJohnLegendが客演参加していて、またJohn Legendのあの曇ったボーカルが幾重にも電子加工されていて……う~んグッドです(惚)。Magazeenなる人物参加の「Yacht Club」も映画チックなトラックで、まるでサントラを聴いている様に場面が流れる一曲。再びThe Inkredibles製作の「Usual Suspects」ではNasが参加、これまた哀愁漂うシリアスで繊細なトラック運びで、こういう静寂流れるトラックにはNasの真面目ラップが凄く似合うから、とっても格好良い仕上がりです。しかもこの曲でもうひとつ素晴らしいのはK.C.なる男性シンガーによる歌声、エフェクト加工された甘い歌声がいっそう曲の魅力を倍増させています(断言)。「All I Really Want」ではThe-Dreamが参加、制作は珍しくC. "Tricky" Stewart単独で担当。キラキラ輝く電子音の連続と共に駆け抜けるRick Rossの巨躯、本当にRick Rossは見かけ以上に身軽です。The-Dreamの前に出過ぎずにきちんと個性を発揮している姿も素晴らしい、歌声がミルフィーユ状態のフックのスピード感&リフレインも素晴らしい。「Rich Off Cocaine」はJ.U.S.T.I.C.E. LeagueがWillie Hutch「Color Her Sunshine」をサンプリング、煌びやかに美しく夢見心地な流麗トラックはもう文句無しの出来上がり、しかも歌声を添えるのはAvery Stormで、彼のあの甘酸っぱく鼻にかかった歌声がなんとも輝いてて素敵。「Lay Back」はThe Runners製作でRobin Thicke参加、Robin Thickeのあの細く官能的なファルセットを堪能できなかったのが少し残念。Bigg D製作の「Murda Mami」ではあのFoxy Brownが参戦、Rick Ross以上の貫禄で唾吐くFoxy Brownがもう途轍もなくカッコイイ(痺)、これはもうFoxy Brownに喰われてしまっても仕方ないです(健闘)。The Inkredibles製作の「Gunplay」ではGunplayなる男性MCと掛け合い、うんなかなかでしたよ。The Runnersが再び製作を担当した「Bossy Lady」ではレーベルメイトのNe-Yoが参加、これまた甘酸っぱくキラキラ輝く電子音をまぶしたダイアモンドトラックで、Ne-Yoの歌声は勿論お似合いなんですが、Rick Rossもすんなりさらりと紳士的に乗りこなすから驚き。「Face」はDrumma Boy製作で同郷のTrinaが参加、相性ピッタリですね。「Valley Of Death」はDJ ToompとKevin "Khao" Catesが製作、Barry White「I'm So Blue And You Are」を下敷きにしたドラマチックな45回転っぽいトラックは極上モノ、こういうソウルフル物に僕は本当に弱いんです(好物)。最後を締め括るのはThe Runners製作で、危険な香り漂う暗黒街トラック「In Cold Blood」、これなら50 Centとも充分に対峙できる迫力でRick Rossならではの重量感を感じます(緊迫)。

う~~~ん良かった(唸)、Rick Rossは作品を重ねるごとに腕を確実に上げています。これだけのキャラクターと声を持ってすれば、ゴリゴリの重量級メガトラックで押しても良さそうなところを、敢えて真っ黒でソウルフルで流麗なトラックに巨躯を委ねるあたり、本当に巧者だという印象を受けます。そして前作『Trilla』でもそうでしたが、本作でもそういう煌びやかなソウルフル曲を提供したJ.U.S.T.I.C.E. Leagueの腕前たるや、天晴れで御座います(完敗)。こういうソウルフルなHip Hopが大好きです、Rick Ross×J.U.S.T.I.C.E. Leagueに今後も期待しています、御馳走様でした。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment