RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyga「No Introduction」
tyga.jpg

LA出身の19歳、新世代MCのTygaのデビューアルバム『No Introduction』を御紹介。TygaというMC名は彼の母親が、Tiger Woods好きで彼を“Little Tiger”と呼んでいたのが由来だそう。そんなTygaはあのFall Out BoyやGym Class Heroes、そしてあのLil Wayneまでが太鼓判を押している新人で、もうこれだけで充分期待しちゃいますよね。
それでは内容の方を簡単に御紹介しましょう……まずは幕開けを飾るHip HopとRockが巧く融合した「Diamond Life」、製作はS*A*M & Sluggoのコンビ。何かしらサンプリングを使ってそうなんですが皆無、客演にPatty Crashが参加、こういう雰囲気はどこかMos Defを彷彿とさせる気がします。S*A*M & Sluggoが続いても製作のシングル曲「Coconut Juice」、サウスっぽいゆるいノリと東海岸っぽい殺伐としたトラックも面白いし、Tygaの高くゆるくRaggaeチックなフロウ回しも耳に残る、途中の“えいえいえいえい♪”の脱力掛け声も良い(笑)。ここではGym Class HeroesよりTravis MacCoyが客演参加、これはまぁ正統派なHip Hop曲かなと。「Supersize Me」はFall Out BoyのPatrick Stumpが製作を担当、ドカドカと鳴るビートにビュイーンとシンセ音が絡むトリップ曲。そのPatrick Stumpが製作&客演している「Don't Regret It Now」なんかはかなり異色、Patrick Stumpの清々しい歌声が挿入される事で爽快感がグーンと増しているし、Tygaのライトで軟弱なフロウ(良い意味で)がすごく活きています。Stress製作で本作で唯一真っ黒な曲「Pillow Talkin'」、明るくも可愛いピアノ伴奏に合わせてメロディアスな奏でられるTygaのラップは聴いてて心地良い。がしかしここで良い仕事してるのはAdditional Vocalsを務める男性シンガーWil Guiceですね、渋くてすごく良い歌声してます(注目)。再びS*A*M & Sluggo共同制作の「AIM」、フックなんかはもうちょっとしたRock曲で“えいむえいむえいむ♪”は一緒に口ずさんでしまう。「First Timers」はこれまた異色、Pop畑よりEvan Big Evilを製作に迎えています。Slick Rick「Teenage Love」を下敷きにした爪弾くギターが爽快なトラックに、完全に高らか歌っているんですが聴いてて気持ち良いからOKです。再びStressが製作をした「Summertime」ではWill Smithと同じくあのフレーズを借用、ゆったりまろやかな夜会系のトラックにTygaのスムージーなラップが涼しいです。Evan Big Evil製作の「Press 7」なんかもRockっぽい、客演参加しているAlex Deleonの歌声が尚更そう感じさせます。そういう意味ではRock畑にいるPatrick Stumpが製作の「Woww」が、近未来シンセ駆使のクラブ向けトラックで、彼の引き出しの多さを感じさせますよね。Tygaの細いラップがピッタリ嵌ってて聴き易い、トラックの割りに鋭さはないんですが。「2 AM」はStress製作の疾走煌びやかチューン、キラキラ輝きながら駆け抜けるTygaのゆるやかラップが素敵なこの曲は、夜中に車を走らせながら聴きたいですね(惚)。最後を飾る「Est.(80's Baby)」はPatrick Stumpが製作、これも良い具合に電子チックな光線Rockで高品質、これにもPatrick Stumpが歌声を重ねたらもっと最強なものになってたかも(惜)。国内盤にはこれらに加えてもう三曲が収録されていて、そのうちの一曲が要注目。それはLil Wayneが参加したClayton Haraba製作の「I Am」、はっきり言ってLil Wayne登場ですぐに喰われてしまってますが(当然)。あとはダークなトラックと多重に重ねられたボーカルワークが耳にこびり付くEminemっぽい「Horrrifyn Man」、単調なピアノループとバス音がなんともHip Hopの基本な聴かせる「Magical Flow」を収録。

うん、完全に次世代型MCといった感じ、これからこういうMCが増える気がします。頭の固い僕としては、ゴリゴリにソウルフルサンプリングを使用した真っ黒Hip Hopが好きなので、ちょっと物足らない印象を受けました。悪くないし聴き易いんですが、こういうトラックを手段のひとつとして使ってもらった方が、僕は嬉しいかもしれません。Gym Class Heroesが好きだというそこの貴方、貴方ならきっとTygaに嵌るかと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment