RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lady Gaga「The Fame」
ladygaga-frame.jpg

Popミュージック界に突如として出現した新星、Lady Gagaの記念すべきデビューアルバム『The Fame』を御紹介。その金髪(銀髪)ロングなストレートヘア、奇抜な衣装、歌詞、ダンスとどれをも自身で手掛ける新世代のポップアイコンが彼女Lady Gaga、ここ日本でも最近よく取り沙汰されていますよね。Akon主宰のレーベルKonLive所属の美女、それがLady Gagaです。
それでは内容について簡単に触れますと……まず何よりもゲスト陣はほとんど皆無、こういう大型新人の場合は色んな人が製作&ゲストで彩る事が多いのですが、Lady Gagaは独力で勝負に挑んでいます、潔いですね(天晴)。まずは幕開けを飾る「Just Dance」、タイトル通りのダンスチューンでギラギラ輝くクラブバンガー。近未来的なこのトラックはRedOne製作、Lady Gagaのけして下手でもない無機質にちょっぴり感情絡めた歌声(ところどころChristina Aguileraを感じる)もクールに決まってる。客演参加のColby O'Donisの流行のエフェクトかけた歌声も雰囲気を盛り上げているし、遠くの方から聞こえるAkonの“おーおっおっおー♪”も良い味出していますよね。RedOne製作曲から触れてゆくと他には、ビュイビュイ鋭い電子音がTimbaland趣味っぽい「LoveGame」、ここでの抑揚の無い呪文のようなプラスチック歌フックが癖になりやすい。本作からのシングルとなった「Poker Face」なんかもTimbalandっぽいダークでポップな電子曲で、冒頭の“まままま♪”なる声もTimbalandっぽいけれど、RedOneなんですよね。これまた歪んだ電子ビートにLady Gagaの拳の効いた歌声が唸りを上げる「Money Honey」、ちょっぴりロックテイストを取り入れた80年代ポップっぽい「Boys Boys Boys」、歌声にエフェクトを掛けてゆらめくLady Gagaに物語性の高い詞にピアノ旋律がドラマチックな「Paper Gangsta」とここまでがRedOne製作曲。続いてはLady Gagaの名付け親Rob Fusariの製作曲を御紹介、ちなみにLady GagaはQueenの名曲「Radio Gaga」が由来だそう。サビに入っての夢見心地なメロディ展開が美しくも癖になる「Paparazzi」、硬質でシンプルなドラムビートにガンガン乗っかる「Beautiful, Dirty, Rich」、本作中では異色のフォーキーさが香る恋人との別れをしっとり歌った叙情的な「Brown Eyes」、国内盤のボーナストラック三曲もRob Fusari製作で、完全なダンスディスコチューンに思わず乗らされる「Disco Heaven」、真摯に力強く伸びやかにLady Gagaが歌い上げるフォークロック「Again Again」、スネアの響きに懐かしい電子音が時々絡む「Retro Dance Freak」とどれもLady Gagaの個性を生かす出来栄え。他にはロボット声から始まるPerfumeっぽい(笑)「I Like It Rough」、明るくハワイアンブルーなシンセ音に思わず気持ちが晴れやかになるキュートポップ「Eh, Eh(Nothing Else I Can Say)」、Lady Gagaのボコーダー声が炸裂して、加えて器用に立ち回る人気MCのFlo Ridaがライトなラップをかます「Starstruck」などが、Martin Kierszendaumによる製作曲で御座います。

Soul/R&B好きな僕としてはそこまでお気に入りって訳でもないですが、それでもポップミュージックとしてなかなか素敵なんだろうなというのは聴いていて感じました。思いの外Lady Gagaが歌下手じゃなかったのもナイスで御座いました、こうやってCDで聴くよりパフォーマンスも一緒に楽しむべきアーティストなんでしょうね。確固としたLady Gagaの世界観というのは誇示できていた気がします、流行真っ只中ながらも彼女の色になってました。ポップ音楽って意味ではSantgold(現Santigold)の方がぶっ飛んでいたかなと思います、Madonnaとか好きな方は楽しめるんではないかな。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment