RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lionel Richie「Just Go」
lionel-justgo.jpg

R&B/Soul界の大御所Lionel Richieの通算十一作目となる『Just Go』を御紹介。前作『Coming Home』がすこぶる素晴らしい仕上がりで、誰もがLionel Richieの帰還を大喜びした感がありましたよね、僕も大好きな一枚でした(絶賛)。そんな前作からおよそ三年ぶりに新作が到着、お金無いんですがこれはすぐに購入を決めました。このシンプルなジャケットも素敵、CD盤コレクターとしてはこれも嬉しい事ですね。
それではないようについて少し触れたいなと思います……まずは幕開けを飾る「Forever」からして僕はすぐとヤラレました(卒倒)、製作は前作でもその相性の良さを魅せつけたStarGateが担当。StarGate御得意の甘酸っぱい清涼なメロディに、Lionel Richieの渋くも澄んだ歌声がスーッと広がってゆく美しい失恋バラード(涙)。こういう良い意味で白いメロディにLionel Richieはすんなり乗っかりますね、“えばぁー♪えばぁー♪”を繰り返し歌うフックラインは耳に残るし、その部分の“別れた後も、あなたはいつまでも僕の心に居続ける、いつまでも、いつまでも、いつまでも♪”なんて詞も泣けてくる(涙)。StarGateは他にもハンドクラップを散りばめた彼ららしい甘酸っぱいメロディ物「Through My Eyes」も製作、これがまた突然自分の元を去った彼女を嘆く失恋ソングで、胸にグサッと突き刺さりますよ。「I'm In Love」はStarGate製作×Ne-Yoソングライティングのもはや鉄板ソング、美しいピアノ旋律にブレスを多用したLionel Richieの歌声が胸詰まる美しさで素晴らしいの一言に尽きます(昇天)。恋する素晴らしさを歌ったこの曲、聴いているだけで幸せでいっぱいな気持ちになります、流石はNe-Yoな節回しですんなり心に染み入りますよ(溺愛)。StarGateはピアノ弾き語りに近い「Think Of You」も製作、これがピアノ伴奏にキラキラした音を降りまぶした煌びやかトラックで“ずっと君を想ってる♪”と繰り返し歌う詞も真っ直ぐで素敵です(痺)。最後にStarGateは爪弾くギターのカラリとしたサウンドが心地良い「Pastime」を製作、この曲ではJohnta Austinがソングライティングを担当しているのも魅力。とここまでがStaGate製作曲という事で、本作では最多の五曲を提供しています。「Just Go」はAliaune "Akon" Thiamが製作を担当した南の島ソング、夕陽が沈む海を眺めながら聴いたらきっと素敵、フックでちょっぴり登場するAkonも良い味出してます。Akonは続く「Nothing Left To Give」も製作、これまた南国打楽器のリズムに思わず体が動き出すAkonにしか出せない味付けの一曲。「Forever And A Day」はC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの製作曲、ふわふわと電子音が漂う浮遊系トラックに“でい♪でい♪でい♪”を繰り返す歌い回しが耳に残る(特許)。でもLionel Richieが歌うと、その繰り返しも一言一言が感情的で素敵。「I'm Not Okay」もC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの製作曲、これまた繰り返すフックに切ないメロディがあっという間に聴き手の心を浸水させる一曲。「Good Morning」はC. "Tricky" StewartとJBとCorron、それからCo製作でThe-Dreamが参加。やっぱりメロディセンスがずば抜けて良くて、何か他とは一線を画している感じがします、程よくポップエッセンスを入れている辺りも良いのかな。C. "Tricky" StewartとSean K.とThe-Dreamが製作した「Into You Deep」も、音数少なく凛としたメロディと、Lionel Richieの透明感のある歌声が心にだんだんと沁みてくる癒し系の曲調で、C. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの腕の良さを感じさせられる一曲。彼らは最後に「Somewhere In London」も製作していて、ここではシンセサイザーをビュンビュンさせてダンスチューンギリギリなトラックを提供、でも巧く美メロも残していて憎い(笑)。Trijnt Oosterhuisなる女性シンガーとのデュエット「Face In The Crowd」はJohn EwbankとNando Ewegの共同制作曲、これは昔ながらのLionel Richie節な白くポップで美しい壮大なトラックで文句無し。しかしやはり特筆すべきは最後を締め括る「Eternity」ですね、製作をあのDavid Fosterが担当しているのですから。とにかく美しいです、Lionel Richieの歌声に思う存分浸れる一曲で御座います。

いやはや本作も本当に素晴らしい仕上がりでした、御馳走様です(天晴)。今のR&Bも素晴らしいんです、そんな今を時めくProducer陣が集いながらもどこか違うソウルを感じる、それがLionel Richieの偉大なる貫禄だろうと思います(感動)。これは絶対に聴かなきゃ損ですよ、2009年の重要な一枚、併せて前作『Coming Home』も聴いてみて下さい(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment